« 伊藤元重東大教授の講演を聴いて | トップページ | フラメンコとおかまショー »

2006年4月23日 (日)

アメリカハナミズキ(紅花)とクレマチス(4月の花#2)

 4月17日の記事でアメリカハナミズキ(白花)とモミジの様子をお知らせしましたが、いよHimg0018_2いよ少し遅れてアメリカハナミズキ(紅花)も咲き出しました。白花と重ねて紅花を上から見ると、まるで白い海の上に紅い舟が浮かんでいるようです(1枚目の写真)。紅花をもう少し拡大した写真が2枚目です。結構綺麗な色をしています。米国では、アメリカハナミズキはドッグウッド(直訳すると「犬の木」)と呼ばれており、私が昔3年間余り住んでいたことがあるコネッHimg0016_1チカット州では州の木にもなっておりました。同州のフェアフィールドという街の郊外にはドッグウッドの広大な公園があり、毎年4月になると賑やかにドッグウッドフェスティバルというお祭りが開催されていました。ちょうど日本のお花見と同じようなものです。

Himg0019_1

 坪庭では、クレマチス(鉄線、品種:ドーン)も咲き出しました(3枚目の写真)。クレマチスは中国原産のつる性の低木で、昔から日本人には良く好まれた植物で狩野派の蒔絵には多く描かれています。4輪が指輪のように並んで咲いているのが4枚目の写真です。この花は淡いピンク色で、花弁が8枚、一番早咲きで、結構豪華に咲くようになりました。これから咲くクレマチスにはHimg0015赤紫色、紫色、青色(八重)などがあります。

 おまけに、門扉の外、道路の縁石と塀の隙間にど根性で根付き、昨年から春になると小さな可愛い花をびっしりと咲かせる、スウィート・アリッサム(紅花)をご紹介します(5番目の写真)。まさに、ど根性アリッサムですね。Himg0022_1

人気blogランキングへ

ハナミズキ Book ハナミズキ

著者:伊丹 清
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クレマチス Book クレマチス

著者:杉本 公造,早川 広
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 伊藤元重東大教授の講演を聴いて | トップページ | フラメンコとおかまショー »

園芸(~2006年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/1501356

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカハナミズキ(紅花)とクレマチス(4月の花#2):

« 伊藤元重東大教授の講演を聴いて | トップページ | フラメンコとおかまショー »