« 藤田嗣治展を観て | トップページ | 今年最初のゴルフ »

2006年5月19日 (金)

BMWからレクサスへ(325AからIS250バージョンLへ)

 19年間使った自動車といよいよお別れしなければならなくなりました。1997年に米国コネチカット州で購入した、西ドイツ製のBMW325Aです。まだ東西ドイツは統合されておりませんでした。1990年に帰国する時に、一緒に持って帰り車検登録をしましたので、日本での年齢は16歳です。当時も米国と日本の排ガス規制は異なっており、多分日本の方が厳しかったので、マフラーに触媒を追加した記憶があります。今でもエンジンやトランスミッションなどの主要部品は全く問題なく、あと20年間位使えそうです。しかし、どうでもいいような部品、でもやはり走行に問題がある部品が故障し始めて、そろそろ修理するのをあきらめた方がいいと判断しました。例えば、最近ワイパーが作動しなくなりました。雨の時に乗れません。それから多分コンソール裏の電子回路のボードの電池切れによるものと思いますが、オドメーターが動きません。このため何マイル走ったか分からなくなりました。米国仕様なのでマイル表示なのです。前にも一度このようなことがあり、オドメーターだけではなくスピードメーターもタコメーターも動かなくなりました。ボードをドイツから取り寄せて交換しました。米国では、エンジンとトランスミッションは10万マイル(16万km)走行まで耐えるように造られていると聞きました。我が家の車は走行距離が、特に帰国してから少ないので、結局どうでもいいような部品が故障するまで使い切ったという感じでしょうか。
 さて、次の車をどうするかという問題に直面しました。長女が今年4月からネッツトヨタの一社に運良く入社させていただきました。昨年からレクサスも売っている会社です。まあ娘に頼まれて一度はレクサスに試乗してくれとのことでしたので、試乗に参りました。現在販売中のBMWにもメルセデスにも私は試乗していないので、正しい判断をした自信はありません。しかし、試乗した結果、また車体・内装の造り方・仕上げ方を見て、価格だけの価値はあると判断しました。レクサスは値引きを一切行わないのだそうです。しかし、3年間の故障修理はすべて無料とのことです。また、洗車も随時無料でサービスしてくれるそうです。実は車の買換えについて、一つ問題がずっと付きまとっていました。妻が右ハンドルの車で運転できるかということでした。彼女は日本で運転免許を取っていたものの、普通に車の運転を始めたのは米国においてでした。米国では車を運転できなければ買物もできない、つまり生きてはいけないので、否応無しに運転せざるを得ない訳です。結果的に右側通行の世界で左ハンドルの車の運転に慣れ親しんだことになりました。米国の道路はどこでもやたら幅が広いし、路肩も充分にあるので、初心者でもとても運転しやすいのですが、帰国してどうかというのが16年前の課題でした。日本の道は狭く、東京でも未だに幅4mの道路が沢山あります。しかし、持って帰った車が左ハンドルなのが逆に幸いして、狭い道でも左側がよく見えるので目一杯左側に寄れる訳です。そうすると対向車が楽に通り抜けられる訳です。こんな風にして16年間無事故で運転して参りました。ところで、右ハンドルの車はどうか、実際に試乗させたところ何とかクリアできそうという感触を得て、購入の判断に至りました。
 いずれにしても、すぐに車が必要だということで、購入することにしたのは、シルバーマイカメタリックのレクサスIS250バージョンLの展示車。そして、4ドアセダン、V6-2.5ℓのエンジン、フロントエンジンリア駆動(FR)、6速オートマチック変速の仕様です。展示の際にムーンルーフとエアロパーツセット(スポイラー等の部品)がすでに付いていたのは、ご愛嬌でした。そうそう右ハンドルから見て、車の左前方の位置を見やすくしてくれるフェンダーランプなるものも取り付けることにしました。これは、いわゆる発光ポールです。その他、備付の機能、オプションなど沢山あるようですが、覚えきれませんし使いきれないかもしれません。追い追い乗りながら気が付いたことがあったら、またご紹介します。
 最後にレクサス店の印象を述べます。白で統一された室内は、これから自分にあったレクサスを注文して創り上げる雰囲気を醸し出しています。入口・受付、展示場、お客様応対席、会議室などもゆったりしたスペースが取られており、じっくり時間をかけて検討ができるようになっているようです。ネッツ店と比較すれば、その違いが一目瞭然です。

  • 五月雨に 別れと出会い レクサス店

人気blogランキングへ

レクサス トヨタの挑戦 Book レクサス トヨタの挑戦

著者:長谷川 洋三
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 藤田嗣治展を観て | トップページ | 今年最初のゴルフ »

経営・マーケティング」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

 kenさん
 コメントありがとうございました。
 まずは、レクサスの納車、真におめでとうございました。最近のデザインの傾向か、レクサスも車の横が外側に出っ張っていますので、横幅には充分お気を付けてレクサスカーライフをお楽しみ下さい。
 また、小生のブログにも時々いらして下さるとのこと、真にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Kirk | 2007年10月25日 (木) 午後 11時39分

Kirk様
先日は、親身にお教え頂き、ありがとうございました。
本日、わたくしも納車となりました。
フェンダーランプスイッチも、リアシェードスイッチの隣に、無事に付いておりました。

Kirk様のブログには、「レクサス」と「フェンダーランプ」による検索で巡り合ったのですが、
レクサス以外の記事も、理路整然とした文章と素敵なお写真に、ひき込まれます。
これを機会に、時々、貴ブログを訪問したいと存じます。

どうもありがとうございました。

投稿: ken | 2007年10月25日 (木) 午後 07時50分

 kenさん
 早速のご返事、ありがとうございました。ご参考になれば嬉しいです。
 もう一つ付け加えますと、トランクと給油口のオープナーの左側にもスペースがあります。リアサンシェードスイッチ等と同サイズのスイッチを1個装着できるようです。スイッチの数が増えてくるとここも利用できるのではないでしょうか。
 では、よろしくお願いいたします。

投稿: Kirk | 2007年10月 9日 (火) 午前 07時14分

Kirk様
早速のご教授を頂き、ありがとうございました。
詳細に分かり易くお教え頂き、お蔭様で大変良く理解出来ました。

私も、同じくver.Lの予定ですので、3個のスペースのうち、右端がリアサンシェードスイッチですね。
左端がフロントワイパーデアイサーのスイッチとのこと、私は寒冷地仕様で装着予定ですので、お教え頂き、ありがとうございました。
今年8月の小変更で、左端にコインホルダーが付くようになりましたので、フェンダーランプのスイッチ装着には、コインホルダーを外す必要がありそうです。
3個のスペースは、リアサンシェード、フロントワイパーデアイサー、フェンダーランプの各スイッチで埋まってしまいそうです。

スイッチ表面の「POLE」という表記や、スイッチ操作によるポールの動作の様子なども、是非知りたいと思っておりましたので大変ありがたいです。カタログには詳細な記載は、ありませんし困っておりました・・・。

初めての者にも親切にお教え頂き、ありがとうございました。
重ねて御礼申し上げます。

投稿: ken | 2007年10月 8日 (月) 午後 05時54分

 kenさん
 コメントありがとうございます。
 我が家のIS250を早速チェックしてみました。フェンダーランプのスイッチは、ハンドルの右下側にあります。トランクと給油口のオープナーの上側、そして右側のエアコン吹き出し口の下側に当たります。
 ちなみにその場所には、横に3個並んで大きめのプッシュ型の縦長スイッチを装着できるスペースがあります。通常一番右側にはリアサンシェードスイッチがあるようです。我が家の愛車では、真ん中にフェンダーランプのスイッチがあります。そして一番左側には、装備されている場合には、フロントワイパーデアイサーのスイッチがあるようです(我が家の愛車にはありません)。
 フェンダーランプのスイッチには、「POLE」と印刷されており、押し込むとON状態になります。ON状態では、エンジンが始動するとポールが上昇し、ポール先端の照明が点灯します。エンジンが止まると、ポールが下降し収納されます。エンジン回転中に、フェンダーランプのスイッチをOFFにすると、ポールが収納されます。
 以上、ご参考になれば幸いです。

投稿: Kirk | 2007年10月 8日 (月) 午後 12時06分

はじめまして、失礼致します。
私も現在IS購入検討中です。

実は、お教え頂けるとありがたいのですが、
フェンダーランプのスイッチは、どちらに付いていますでしょうか?・・。
メーカーの答え(ハンドルの左下)と、ディーラーの答え(給油口・トランクオープナーの上)が、違っていて困っています。

初めてで大変失礼を致しますが、もしよろしければご教授を頂ければ幸甚です。
どうかよろしくお願い申し上げます。

投稿: ken | 2007年10月 7日 (日) 午後 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/1932547

この記事へのトラックバック一覧です: BMWからレクサスへ(325AからIS250バージョンLへ):

» 芸能人タレントの愛車【有名人の愛車調査!】 [自動車]
あの有名人はいったいどんな自動車に乗っているのだろうか? 思わず気になる愛車の購入傾向を徹底調査いたしました!!(雑誌ベストカーより) [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 午前 12時23分

« 藤田嗣治展を観て | トップページ | 今年最初のゴルフ »