« 5月から6月の草花(アマリリス、ゼラニウム、タピアン、ロードヒポキシス等) | トップページ | 2006年「東京楡の会」総会 »

2006年6月10日 (土)

伊豆半島の滝 浄蓮の滝と河津七滝

 伊豆半島は天城峠のあたりが南北の分水嶺になっているらしく、北に向かっては狩野川Himg0094 の水系があり、沼津市で駿河湾に注いでいます。南に向かっては河津川の水系があり河津町で太平洋に注いでおります。浄蓮の滝は狩野川水系上流にあり、伊豆半島では最も美しい滝のようです(右側1枚目の写真)。滝の高さは25メートル、幅は7メートルだそうです。滝の少し下流には、見事な山葵田もあります。Himg0099
 河津川水系には、有名なループ橋のあたりに、河津七滝(河津では「ななだる」と読む)があります。文字どおり七つの滝が連なっているのですが、一番下流にあり最も大きい滝が大滝(おおだる)で、高さが30メートル、幅が7メートルあるそうです(右側2枚目の写真)。大滝下に湧く温泉が、河津大滝温泉です。
Himg0103 河津七滝で、大滝のすぐ上流にあるのが出合滝(であいだる)です。二つの滝が合流しているので、出合滝と呼んでいるようです。写真では、滝の下流(写真上方)右側からもう一つの滝が合流してきます。出合滝の高さは、二段落ちでそれぞれ4メートル、幅は2メートルだそうです(左側1枚目の写真)。なお、出合滝近辺の遊歩道では、大滝の落下口まで行くことができ、滝壺と大滝温泉の露天風呂を望むことができます。Himg0104
 出合滝の上流にあるのが、割とこじんまりとしたかに滝(かにだる)です(右側3枚目の写真)。上流から見ると、流域の岩の感じが蟹の甲羅に似ているので、この名が付いたらしいです。かに滝の高さは2メートル、幅は1メートル、長さが15メートルだそうです。
Himg0106  河津七滝の内、下流から4番目、ちょうど中間の滝が初景滝(しょけいだる)です。この滝の横には、「踊り子と私」の像があり、また滝祭りのメイン会場でもあるようです。初景滝の高さは10メートル、幅は7メートルとそんなに大きな滝ではないのですが、それ故にか何となく風情のある滝です(左側2枚目の写真)。Himg0112
 初景滝から約3分間階段を上ったところにあるのが、蛇滝(へびだる)です(右側4枚目の写真)。玄武岩の模様が蛇のうろこのように見えることから、蛇滝と名付けられたようです。蛇滝の高さは3メートル、幅は2メートルだそうです。
Himg0111  蛇滝からまた約3分間階段を登ると、えび滝(えびだる)があります(左側3枚目の写真)。この滝はつり橋の上から眺めることができ、滝の形が海老の尾ひれに似ていることから名付けられたようです。えび滝の高さは5メートル、幅は3メートルだそうです。Himg0110
 河津七滝の内、一番上流にあるのが釜滝(かまだる)です(右側5枚目の写真)。この滝は渓谷の深部にあって、下流から上るのも上流から下るのも、階段が急で大変です。玄武岩に囲まれている狭いところにあるので、全景を見渡すのがなかなか難しく、流れも急で落下する水音も烈しいことから、かなり豪快な感じを与えてくれます。釜滝の高さは22メートル、幅は2メートルだそうです。

  • 踊り子と 出会いの予感 伊豆の滝

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

秘湯ロマン オフィシャルDVD - 名湯・秘湯ベスト30 [関東甲信越・伊豆編] DVD 秘湯ロマン オフィシャルDVD - 名湯・秘湯ベスト30 [関東甲信越・伊豆編]

販売元:ビデオメーカー
発売日:2002/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 5月から6月の草花(アマリリス、ゼラニウム、タピアン、ロードヒポキシス等) | トップページ | 2006年「東京楡の会」総会 »

全都道府県訪問(~2006年)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大滝温泉天城荘さん
コメントありがとうございました。
前回訪れた時は、露天風呂付客室に泊まらせていただきましたので、温泉を堪能いたしました。
本件コメント内のリンクがうまく表示されていなかったので、HTMLベースでコメントを少し修正いたしました。
また、同様の内容で二つ目のコメントが届いておりましたが、これは削除させていただきました。
Kirk■

投稿: Kirk | 2010年10月 8日 (金) 午後 05時47分

ご利用ありがとうございます。
その後の大滝温泉天城荘をお便りしてます。
またのご来館を心よりお待ちしております。

ブログ『萬葉の温泉天国・天城荘』でもお福分け。
オフィシャルサイトはこちらです。

  伊豆 大滝温泉天城荘

投稿: ラピュタの妖精 | 2010年10月 8日 (金) 午後 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/3064789

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島の滝 浄蓮の滝と河津七滝:

« 5月から6月の草花(アマリリス、ゼラニウム、タピアン、ロードヒポキシス等) | トップページ | 2006年「東京楡の会」総会 »