« 佐藤優著「21世紀最大の発見『ユダの福音書』」を読んで | トップページ | 神田秀樹著「会社法入門」を読んで »

2006年6月18日 (日)

今年後半の投資環境

 昨日ホテルニューオータニで行なわれたダイワのプレミアムセミナーを聴いて参りました。世界経済と日本経済、テクニカル分析、そしてクオンツ分析の話を聴きましたが、結構複雑で内容を充分理解するのは難しそうでした。
 私がなるほどと思った点について、皆さんと情報共有したいと考えます。ただし、これらはあくまでも参考情報であります。投資は皆さんの自己責任でお願いします。

  1. 原油価格が急騰しているが、中国・インドによる労働コストの低下によりその影響は打ち消され、石油ショックは起きない。先進国だけの世界経済から、BRICsも含めたみんなの世界経済への移行過程であり、日本を中心とした超過利潤が余剰マネーを生み、インフレ(資源・素材の価格上昇)と資産インフレに向かう。したがって、次は一次産品と株式に投資すべき。
  2. 【テクニカル分析】日本株式は、外国人が利回りが低いと言って売った後は、日本人が債権・預金利回りと比較して買うから、今度は尺度が変わってPERが大きくなるまで(30までにもなるか)日本の株価は上昇する。
  3. 【テクニカル分析】日経平均は、3で割って1余る月(1、4、7、10月)が天井なので、それらの月の10日に売って、3で割って2余る月(2、5、8、11月)の15日に買う投資行動を繰り返すと高パフォーマンスになる。
  4. 【クオンツ分析】行動ファイナンスの理論によれば、7月は勝率、騰落率共に悪い。8月は復活するが、決算月の9月は悪く、年末に向けて回復する。
  • 投資利益 日の当たらぬ人にも 還元を

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵 Book 貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

著者:北村 慶
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 佐藤優著「21世紀最大の発見『ユダの福音書』」を読んで | トップページ | 神田秀樹著「会社法入門」を読んで »

投資」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/2283281

この記事へのトラックバック一覧です: 今年後半の投資環境:

« 佐藤優著「21世紀最大の発見『ユダの福音書』」を読んで | トップページ | 神田秀樹著「会社法入門」を読んで »