« 川畠成道のモーツァルト生誕250周年記念ツィクルスを聴いて(そして「いろは本店」での食事) | トップページ | 武内薫著「99.9%は仮説」を読んで »

2006年6月27日 (火)

前米国国務副長官のアーミテージ大使の講演を聴いて

 本日、前米国国務副長官のリチャード・アーミテージ(Richard Lee Armitage)大使の「新しい日米安全保障体制について」と題した講演を聴いて参りました。彼は、NPOセキュアなデジタル社会を推進する会が主催して、表参道にある国連大学ウ・タントホールで開催された「デジタル社会推進シンポジウム2006」のキーノート・スピーカーとして講演して下さったのです。
 彼は、中国と韓国(朝鮮半島)について我々の参考になりそうな話をされていましたので、以下に紹介します。

  • 中国の目下第一の課題は、経済発展がこの調子で進むかということだが、多分もっと緊急な課題は、まず環境問題。水がなく、大気汚染も烈しい。次に、沿岸部と内陸部の所得格差。沿岸部から内陸部へお金が回る仕組みを作り、かつ汚職をなくさなければ、現在の体制は持たないだろう。(この辺は私の認識と一緒です)
  • 中国にとって一番大事な国は米国だが、米国にとって一番大事な国は日本であり、ねじれがある。
  • 朝鮮半島については、1905年李王朝の時に米国と日本の間に秘密合意が成立し、「韓国に対する日本の領有権を認めるとともに、ハワイ諸島等に対する米国の領有権を認める」ことになった。下って(第二次世界大戦の結果、米国は朝鮮半島から日本を追い出し)1947年に米国が韓国の成立を支援した。ここにも別のねじれ現象がある。
  • 朝鮮半島は、いずれにしても属国的な立場から脱出するべきであり、この点に関しては日米は卓越した外交スキルと忍耐が必要。

 最後に、彼は、「東南アジア諸国は安全保障の面で日本に寄せる期待が大きい。マラッカ海峡は原油の5割、その他貨物の3割が通過しているので、とても重要な場所である。日本の海上自衛隊が米国海軍と並んで、東南アジア地域の安全保障に貢献する時代が来ることを期待する。安全保障同盟が一番大事であるが、同盟には水もやり、肥料もやる必要がある。政府間から始める積極的な対話が必要」と話して講演を締めくくりました。

  • 国民は 日米同盟 どう理解

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

日米同盟Q&A100―全貌をこの1冊で明らかにする Book 日米同盟Q&A100―全貌をこの1冊で明らかにする

販売元:亜紀書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 Book 日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索

著者:坂元 一哉
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 川畠成道のモーツァルト生誕250周年記念ツィクルスを聴いて(そして「いろは本店」での食事) | トップページ | 武内薫著「99.9%は仮説」を読んで »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/2401052

この記事へのトラックバック一覧です: 前米国国務副長官のアーミテージ大使の講演を聴いて:

« 川畠成道のモーツァルト生誕250周年記念ツィクルスを聴いて(そして「いろは本店」での食事) | トップページ | 武内薫著「99.9%は仮説」を読んで »