« 紫陽花に彩られた地球岬 | トップページ | 伊藤たかみ著「八月の路上に捨てる」を読んで »

2006年8月13日 (日)

風薫る英国風庭園「ゆにガーデン」

 北海道夕張郡由仁町にある風薫る英国風庭園「ゆにガーデン」を訪ねました。新千歳空Himg0148港 から車で40分(30km)、札幌から車で60分(40km)の割と往きやすいところにある、国内最大級の英国風庭園です。1枚目の写真は、いわゆる温室のインナーガーデンの2階テラスから撮った全景の一部(半分位)です。この日はとても天気が良かったので、結構綺麗に撮れています。
 園内には14のエリアに花咲くファンタジーの世界があり、季節によって見Himg0146ど ころの場所が異なります。8月は、フレグランスガーデンとブロードウォークとノットガーデンが見どころのようです。季節の遅い北海道では、やっとユリとクレマチス(鉄線)が満開になっており、フレグランスガーデンではちょうど見頃でした。2枚目の写真がピンクのユリで、3枚目の写真がレンガ塀に見事に絡み付いた青のクレマチスです。フレグランスガーデンに面Himg0147してコテージがあり、ここにはステンドグラスのあるチャペルもあるそうで、素敵なガーデン・ウェディングによく使われているようです
 次の見どころは、フレグランスガーデンから見晴台に続くブロードウォークです。芝生の両側160mにわたって続く、宿根草のボーダーガーデンです。ここには、アルストロメリア、デルフィニウム、アスチルべ等が咲き競っておりました。4枚目の写真は、フレグランスガーデンのレンガ塀の門からブロードウォークそして見晴台を望んだものです。また、入口のセンターハウスからすぐ近くのノットガーデンも、ラベンダーやブルーサルビアやアHimg0145ルストロメリア等夏のハーブで賑わっていました。最後に、センターハウス2階のレストラン「チャイブ」で北海道の食材を使った美味しいランチを食しました。
 新千歳空港でレンタカーを借りた場合で、返却する日になって少し時間がある場合、時間つぶしにはこの「ゆにガーデン」が絶好の場所の一つだと思います。特に、私のような園芸(ガーデニング)好きにはたまりません。皆さん是非お試し下さいませ。

  • 遅い夏 今満開の ゆにガーデン

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

花図鑑 Vol.3 ハーブ Software 花図鑑 Vol.3 ハーブ

販売元:シンフォレスト
発売日:1998/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 紫陽花に彩られた地球岬 | トップページ | 伊藤たかみ著「八月の路上に捨てる」を読んで »

全都道府県訪問(~2006年)」カテゴリの記事

園芸(~2006年)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

黒衣 藤のさん
好意的なコメントありがとうございます。すべての物事には、表と裏、日向と陰、見えるところと見えないところ、があります。私が書いているのは、すべて前者ですので、そう見えるのかもしれません。

投稿: Kirk | 2006年8月20日 (日) 午後 09時24分

良い所を見つけましたね。植物名にも詳しいですね。ガーデニングは英国では紳士の趣味と聞いたことがあります。日本全国を旅行して三重県の鮑、伊勢海老等、方々の美味しい物を食べ。レクサスで北軽井沢へゴルフ。あずみけいこや川畠成道等の音楽に浸り。豊かで潤いのある極上の生活ですね。

投稿: 黒衣 藤の | 2006年8月14日 (月) 午後 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/3049301

この記事へのトラックバック一覧です: 風薫る英国風庭園「ゆにガーデン」:

« 紫陽花に彩られた地球岬 | トップページ | 伊藤たかみ著「八月の路上に捨てる」を読んで »