« 中国を訪問して | トップページ | 全都道府県訪問#42 和歌山県#1 »

2006年8月27日 (日)

道東の一筆書き

 2年前に道東を一筆書きで反時計回り(左回り)に一周しました。同好の士の参考のため200408011108000に その旅程をお知らせします。時間的にも、距離的にも、大旅行でした。

  • 第1日目  とかち帯広空港到着⇒レンタカー借用⇒十勝川温泉(音更町)宿泊
  • 第2日目  釧路湿原観光⇒阿寒湖遊覧⇒川湯温泉(弟子屈町)宿泊
  • 第3日目  硫黄山、美幌峠、摩周湖観光⇒野付半島観光⇒知床峠、オシンコ シン200408021102000の滝観光⇒ウトロ温泉(斜里町)宿泊
  • 第4日目  知床半島観光クルーザ乗船、カムイワッカの滝等観光⇒知床五湖観光⇒小清水原生花園観光⇒網走・天都山、オホーツク流氷館観光⇒網走湖畔温泉(網走市)宿泊
  • 第5日目  網走監獄観光⇒石北峠観光(日本一高いところにある峠)⇒層雲峡・大函、銀河の 滝、流星の滝を観光⇒層雲峡温泉(上川町)宿泊
  • 第6日目  黒岳ロープウェイ乗車⇒美瑛パッチワー200408031606000クの丘観光⇒富良野市宿泊
  • 第7日目  ファーム富田(中富良野町)観光⇒映画「鉄道員(ぽっぽや)」ロケセット(南富良野町・幾寅駅)観光⇒真鍋庭園観光⇒レンタカー返却⇒とかち帯広空港から帰路へ

 写真の説明をします。1枚目は、霧のない摩周湖(最近は霧が晴れていることが多いらしい)、2枚目の写真は知床半島観光クルーザから観たカムイワッカの滝(硫黄山から流れ出している硫黄泉の滝)、3枚目は層雲峡200408041615000の銀河の滝、4枚目が中富良野町にある富田ファームの全景です。携帯の写真で申し訳ありませんが、 北海道らしさを少しでも感じ取っていただければ幸いです。

  • 道東の 自然に抱かれ 初々しく

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

知床・阿寒―網走・釧路湿原 (’07) Book 知床・阿寒―網走・釧路湿原 (’07)

販売元:昭文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

北海道に暮らす 道東編―資金ゼロからの北海道移住 Book 北海道に暮らす 道東編―資金ゼロからの北海道移住

著者:荒木 美紀子
販売元:長崎出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

IWOR―知床・生命の聖域 Book IWOR―知床・生命の聖域

著者:後藤 昌美
販売元:山と溪谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 中国を訪問して | トップページ | 全都道府県訪問#42 和歌山県#1 »

全都道府県訪問(~2006年)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/3450360

この記事へのトラックバック一覧です: 道東の一筆書き:

» 道東の旅〜摩周湖〜 [zetto style〜北海道探検記〜]
(つづき)摩周湖第1展望台からです。幸か不幸か霧は無く、ちょっと雲はあるけど晴れ。いやぁ、ホント神秘的でした。青が濃い。駐車料金410円以上の価値はあるでしょう。ほとんど同じ位置だけど雲の反射具合で湖面の見え方も違いました。第3展望台からです。こっちの...... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 午前 10時55分

» 北海道の東、知床にウトロ温泉、知床観光拠点 [北海道、札幌からの旅情報]
ウトロ温泉(ウトロおんせん)は、北海道網走支庁管内斜里郡斜里町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉があります。別名で、知床温泉とも言われています。ウトロ温泉は、北海道の道東知床半島の中間地点の北側にあります。ウトロは、北海道網走支庁斜里郡斜里町にある地名であります。漢字表記は宇登呂です。斜里市街からは、車で30分程度で着きます。ウトロ温泉や知床観光船乗り場があり、温泉街が広がっています。また、カムイワッカの滝や知床五湖へ行くための国道334号の入り口にあります。知床峠を...... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 午前 11時30分

« 中国を訪問して | トップページ | 全都道府県訪問#42 和歌山県#1 »