« オルセー美術館展を観て(上野公園のオオカンザクラ) | トップページ | 君子蘭と水仙(3月の花) »

2007年3月 4日 (日)

日下公人著「数年後に起きていること」を読んで

 日下公人(くさかきみんど)氏が著述した書籍数年後に起きていること:日本の『反撃力』が世界を変える」を読みました。自信喪失している日本人達にこんなに元気を与える本はないのではないでしょうか。ビジネス書としては昨年大人気の本だったそうですが、それも理解できると思いました。
 日本の文化は世界の最先端を行っていること、自分の趣味に生きる風流な人が増えていること、日本は外交力があること、国際会議はポケモンの理屈を使うようになること、などなど、にわかには信じ難いことが沢山書いてあります。でも、読んで行く内に、そうかなと思ってしまうから不思議です。
 この書は、未来を予言しているようにみえますが、実はともすれば自信喪失している多くの日本人達へのエールではないでしょうか。外交交渉も、日本の文化を背景に誰が考えても正しいことを主張すれば道は拓けるそうです。皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。ただし、自信喪失が自信過剰にならないようにしなければいけないし、自信過剰で外国を攻撃するなどというのはもっての外だと考えますが…。

  • 風流も 自信がなくば ただの閑人

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

数年後に起きていること―日本の「反撃力」が世界を変える Book 数年後に起きていること―日本の「反撃力」が世界を変える

著者:日下 公人
販売元:PHPソフトウェアグループ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« オルセー美術館展を観て(上野公園のオオカンザクラ) | トップページ | 君子蘭と水仙(3月の花) »

書評・評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/5544934

この記事へのトラックバック一覧です: 日下公人著「数年後に起きていること」を読んで:

« オルセー美術館展を観て(上野公園のオオカンザクラ) | トップページ | 君子蘭と水仙(3月の花) »