« 伊豆半島からの富士眺望(修善寺梅林、だるま山高原、大瀬崎) | トップページ | 多摩湖自転車道の桜2007(ソメイヨシノ) »

2007年3月31日 (土)

千鳥ヶ淵の桜2007(ソメイヨシノ)(そして翡翠宮での銀婚ディナー)

 慌ただしかった年度末が終わりを告げると思ったら、桜の花が満開になっていました。天気は曇りだというので少しは人出が少ないかと考え、千鳥ヶ淵へ出掛けました。九段下駅で地下鉄を降り地上へ、やはり混んでいました。まず
日本武道館のある北の丸公園に通じる田安門前まで行き、そこからソメイヨシノ(染井吉野)の桜花に被われた牛ヶ淵と千鳥ヶ淵を鑑賞しました。1枚目の写真は桜の花と牛ヶ淵の水面のコントラストが良く、2枚目の写真は桜の花、ハナダイコン(花大根)の花、そして菜の花の組合せがいい感じです。

Himg0374_1
Himg0377_1

 さて、西郷従道の銅像の横を通って、千鳥ヶ淵緑道へ入ろうと思ったら、靖国通の歩道に長い行列ができていました。列に並ぶのはあきらめて通行用に空けてある歩道を進み、インド大使館の角で左折し車道を歩き緑道の中間部へ向かいました。その辺で緑道に合流し、そこから千鳥ヶ淵戦没者墓苑の向かいまで、合計約260本もあるというソメイヨシノの桜花を観賞しました。
 何度かどこかで書いていますが、ここの特長は緑道が桜花のトンネルになっていることに加えて、千鳥ヶ淵の水面とその対岸の北の丸公園の土手の桜花も一緒に鑑賞できることです。歩みを進めていくと、近景の桜花のトンネル、遠景の土手の桜花、そして水面に映る桜の花が微妙にずれながら移動していきます。私はこの景色と雰囲気が最高だと思いますし、夜ならば桜の花がライトアップされていて幻想的な趣がさらに加わります。
 3枚目の写真は緑道がやや右に曲がるところから撮ったもので、近景は赤い椿と薄ピンクの桜花、そして遠景は千鳥ヶ淵の水面とその先で今度は左に曲がる緑道上の桜花です。4枚目の写真はボート乗場の上辺りから撮ったもので、遠景は北の丸公園の土手の桜花と千鳥ヶ淵の水面です。

Himg0381_1
Himg0385_1

 千鳥ヶ淵緑道の桜花を観賞した後、今回は初めて千鳥ヶ淵戦没者墓苑に足を踏み入れてみました。ここは割と人は少ないのですが、真摯にお参りしている方が結構いらっしゃいました。先の大戦(第二次世界大戦又は太平洋戦争)で海外で亡くなられた戦没者(軍人軍属と一般邦人)は240万人もおられ、この墓苑は引き取る遺族のいないこれらの遺骨を納めるため、昭和34年(1959年)3月国により建設された「無名戦没者の墓」とのことです。
 この墓苑には御製(天皇がつくった詩歌)の碑が二つ建っております。一つは、墓苑創建の年の秋、昭和天皇陛下から下賜された御製を秩父宮妃殿下が謹書され、昭和35年(1960年)3月28日に竣工したものです(5枚目の写真)。

くにのため いのちささげし ひとびとの
ことをおもえば むねせまりくる

Himg0394_1

 もう一つは、終戦60周年を迎えるにあたり、新春「歌会始の儀」で詠まれた今上陛下の御製を、常陸宮妃殿下が謹書され、平成17年(2005年)9月27日竣工したものです(6枚目の写真)。

いくさなきよを あゆみきて おもひいづ
かのかたきひを いきしひとびと

Himg0392_1

(注)余計な話ですが、お花見時の千鳥ヶ淵で洗面所を探すならば、戦没者墓苑が空いております。

 墓苑を後にし、旧フェヤーモントホテル址に建設されたマンションの前を過ぎ(7枚目の写真はその辺りから緑道の桜花を撮影したもので、すでに風に花びらが舞うようになっておりました)、靖国通に戻りました。少し市ヶ谷寄りに歩き、通りを横断して靖国神社に入りました。靖国神社の境内は大変なにぎわいで、参道の途中にある大村益次郎の銅像の前では音楽ライヴをやっておりました。また、参道の両脇には沢山の屋台が出店しており、そこで沢山の人々が屋台のお客になってお花見をしておりました。8枚目の写真は九段下近くの第一鳥居(大鳥居)と桜花とまだ裸のイチョウの木です。

Himg0400_1
Himg0405_1

 この日のお出掛けにはもう一つの目的がありました。銀婚のディナーです。地下鉄大江戸線で九段下から都庁前まで移動し、西新宿のセンチュリーハイヤットホテルの中華レストラン翡翠宮(ひすいきゅう)(私が首都圏でトップ10には入ると思う高級店)に向かいました。25年目にただ1度しかないディナーですから、豪勢に行きました。シャンパンで乾杯し、フカヒレ姿煮、伊勢海老、牛フィレ肉、フカヒレ入り酢辣湯、鮑の入った海鮮オコゲなどを食しました。途中から12年物の甕出し紹興酒も味わいました。そして最後に、レストランからの記念のデザート(マンゴプリン、杏仁豆腐など)をいただきました。すべてとても美味でした。ありがとうございました。

  • 桜咲き 銀婚記念 廻り来る
  • 靖国の 桜に思う 人の性(さが)

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

Book 千鳥ヶ淵の桜―高野真治写真集

著者:高野 真治
販売元:光村印刷
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦争を知らない人のための靖国問題 Book 戦争を知らない人のための靖国問題

著者:上坂 冬子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

靖国問題 Book 靖国問題

著者:高橋 哲哉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

靖国の戦後史 Book 靖国の戦後史

著者:田中 伸尚
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 伊豆半島からの富士眺望(修善寺梅林、だるま山高原、大瀬崎) | トップページ | 多摩湖自転車道の桜2007(ソメイヨシノ) »

グルメ」カテゴリの記事

園芸(2007年)」カテゴリの記事

社会・経済・政治(2007年)」カテゴリの記事

コメント

 この記事の最後に言及した、西新宿のホテルの中華レストランの名を伏せておりましたが、昨年ミシュランガイドの2つ星にランクされましたので明かします。ハイアットリージェンシー東京(当時は、センチュリーハイアット東京)の中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」です。

投稿: Kirk | 2008年4月 1日 (火) 午後 10時21分

 moonshinerさん
 お祝いのコメント、真にありがとうございました。ずいぶん昔の話ですが、桜の季節に挙式したのは幸運でした。
 moonshinerさんの写真は構図がとても素晴らしいと思います。今後も時々寄らせていただきますので、よろしくお願いします。
(注)moonshinerさんのブログにコメントしたものを、少し遅れましたが、念のためアップしました。

投稿: Kirk | 2007年4月13日 (金) 午後 01時42分

こんばんは。はじめまして。
TBありがとうございました。

銀婚、おめでとうございます。
桜の季節の銀婚ディナー素敵ですね。

靖国神社、北の丸公園、そして千鳥ヶ淵は、私が最も好きなお花見散歩コースです。
今はマンションになってしまいましたが、フェアモントホテルだった頃は、桜の季節に桜アイスがホテルの前で売られていて、それを食べながら桜を見ていました。
もうあの桜アイスを食べられないことが残念です。

投稿: moonshiner | 2007年4月 7日 (土) 午後 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/5946915

この記事へのトラックバック一覧です: 千鳥ヶ淵の桜2007(ソメイヨシノ)(そして翡翠宮での銀婚ディナー):

» 桜はまだかいな [緑の森を楽しく歩いた]
  二条城の桜です。ソメイヨシノはまだまだこれからです。 今日、一番きれいだった [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 午後 01時30分

« 伊豆半島からの富士眺望(修善寺梅林、だるま山高原、大瀬崎) | トップページ | 多摩湖自転車道の桜2007(ソメイヨシノ) »