« 川畠成道&マリボール歌劇場管弦楽団のコンサートを聴いて | トップページ | 2008年洞爺湖サミットの決定(ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ) »

2007年4月22日 (日)

4月中旬の花(クレマチス、アメリカハナミズキ等)

 最初は通りかかった女性のカメラマンに写真展があるから撮らせてくれと頼まれた、早咲きのクレマチスです。クレマチスの日本名はテッセン(鉄線)といい、日本人に好まれた花の一つで、昔から蒔絵の題材にもよくなりました。この品種はドーン(パールピンク)というもので、とても丈夫で我が家で10年以上も咲き続けてくれております。

Himg0480

 次は、アメリカハナミズキの赤花です。一緒に咲いていた白花の木が昨年枯れて、代わりを植えたので、今年は白花はお休みです。

Himg0485

 モッコウバラ(木香薔薇)も咲き始めました。黄色と白色の花の2種があります。満開までもう少しです。

Himg0488

Himg0489

 ユリやヒヤシンスの仲間のシラー(別名スキラ)です。外見はヒヤシンスに似ていますが、芳香は弱めです。球根を露地植えにしてありますが、頑健でどんどん増えます。

Himg0486

 以下はプランターや鉢に植えてあるものですが、まずはユリオプスデージーです。一重と八重があります。

Himg0487

 次にタピアンです。紫色の花の株が頑健で、これも10年以上も咲き続けてくれております。

Himg0490

 スミレです。

Himg0495

 栄養系ブラキカム(ブルー)です。

Himg0491

 昨年秋から加わった、門扉の前のプランターに植えてあるチェリーセージ(パープルローズ)です。

Himg0492

 最後に花ではありませんが、黄色のモッコウバラを前景に新葉が深紅のモミジです。

Himg0481

  • スタートを 切った人生 花盛り

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

クレマチス Book クレマチス

著者:日本クレマチス協会
販売元:六耀社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Clematis Gallery―美しさでひもとくクレマチス図鑑 Book Clematis Gallery―美しさでひもとくクレマチス図鑑

著者:金子 明人
販売元:草土出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 川畠成道&マリボール歌劇場管弦楽団のコンサートを聴いて | トップページ | 2008年洞爺湖サミットの決定(ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ) »

園芸(2007年)」カテゴリの記事

コメント

 ヨッチャンさん
 コメントありがとうございました。
 東京の4月、5月は花盛りです。シラー、ユリオプスデージー、タピアンは、いずれもとても丈夫な草花ですから育てやすいです。是非お試し下さい。

投稿: Kirk | 2007年4月23日 (月) 午後 09時01分

初めてお邪魔します。
素晴らしい、花々です。
早春なのに花一杯。
素適です。最高です。

(シラー) (ユリオブステージー)

(タピアン) 気に入りました。

私も、育てて見たいです。

投稿: ヨッチャン | 2007年4月23日 (月) 午前 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/6184133

この記事へのトラックバック一覧です: 4月中旬の花(クレマチス、アメリカハナミズキ等):

« 川畠成道&マリボール歌劇場管弦楽団のコンサートを聴いて | トップページ | 2008年洞爺湖サミットの決定(ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ) »