« 日比谷公園のバラ | トップページ | 2007年「東京楡の会」総会 »

2007年5月26日 (土)

5月下旬の花(クルメサツキ、エビネ等)

 5月下旬の花をレポートします。まず我が家の坪庭にあるクルメ(久留米)サツキです。ピンク色の大きな花が特徴です。
Himg0638

 次は敷地北東の日陰にひっそりと咲く黄花エビネです。エビネは日本原産の野生のラン(蘭)です。
Himg0630

 小金井公園に向かうと、こどもの広場にシャーレーポピー(別名:虞美人草、ヒナゲシ)が咲き誇っていました。昭和記念公園にはもっと大きなシャーレーポピーの群落があるようです。
Himg0630

 つつじ山の裏(東側)を通ると、何とそこには「やまぼうし(山法師)」の林がありました。やまぼうしは日本原産・野生の雑木で、白い十字の花を咲かせます。アメリカハナミズキ(花水木)と同じミズキ科の植物であり、そのためアメリカハナミズキが米国から初めて寄贈された時には「アメリカやまぼうし」と呼ばれていたようです。
Himg0635

 そして、4月7日にレポートした、ゆりの木広場のオオシマザクラが、小さな赤い実(さくらんぼう)を無数に付けていました。広場では、子供達がサッカーやソフトボールをしており、桜花の季節とは集まっている人々が様変わりしていました。
Himg0633

  • 梅雨(つゆ)前の 強い日差しに すくすくと

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

エビネ Book エビネ

著者:山本 裕之
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 日比谷公園のバラ | トップページ | 2007年「東京楡の会」総会 »

園芸(2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/6573716

この記事へのトラックバック一覧です: 5月下旬の花(クルメサツキ、エビネ等):

« 日比谷公園のバラ | トップページ | 2007年「東京楡の会」総会 »