« 6月後半の花(アジサイとハナショウブ) | トップページ | 7月前半の花(ムクゲ、クロコスミア等) »

2007年6月23日 (土)

「大回顧展モネ」を観て

 昨日、今年1月21日に六本木に新しくオープンした国立新美術館(4月に実施された都知事選に立候補した黒川紀章さんの設計)にて、「大回顧展モネ:印象派の巨匠、その遺産」を観て参りました。印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)の絵画を、フランスのオルセー美術館を始め、アメリカのボストン美術館やメトロポリタン美術館など、国内外の主要コレクションから97点(加えて、その他関連として26点)も集め、それらを一堂に展示し、モネの絵画の魅力を紹介しております。

 展示は5章(セクション)に分類されており、それらはそれぞれ次のようなものです。

  • 第1章 近代生活~11点(「ゴーディベール夫人(1868)と本展示会の顔になっている「日傘の女性(1886)」が含まれています)
  • 第2章 印 象
    • 光~7点
    • 階 調~4点(「かささぎ(1868-69)」が含まれています)
    • 色 彩~6点(「庭のカミーユ・モネと子供(1875)」と「モントルグイユ街、1878年パリ万博の祝祭(1878)」が含まれています)
  • 第3章 構 図
    • 簡 素~3点
    • ジャポニズム~6点
    • 平面的構成~5点
    • 反射映像~13点
  • 第4章 連 作
    • リズム~4点(「ポプラ並木」の連作)
    • 形 態~4点(「積みわら」の連作)
    • 変 化~2点(「ルーアン大聖堂」の連作、1点はオルセー美術館展にも出展されていたと思いますので、昨年の神戸、今春の上野そして現在の六本木とずっと日本に留まっていることになります)
    • 移ろい~13点(「サン=ラザール駅(1877年)」を含む)
  • 第5章 睡蓮/庭
    • 筆 触~11点
    • 綜 合~8点(「睡蓮」の連作)

 今回も有料の音声ガイドを借用し、効率的な作品の理解に活用しました。レコーダーは多分ICレコーダーだと思いますが、私の記憶によれば首から紐でやや重めの装置をぶら下げる少し古めのタイプでした。ナビゲーターは小泉今日子さんで、なかなか良かったと思います。さらに、時々モネと同世代の作曲家クロード・ドビュッシー(1862-1918)の曲が流れて来て、雰囲気を盛り上げてくれました。最後に曲だけ入っていた「月の光」などは、「睡蓮」の前で聴くとまさにぴったりという感じでした。

 オルセー美術館展を開催していた上野の東京都美術館に比べると、この六本木の国立新美術館はすべての面で一回り規模が大きく、とてもゆったりとしていました。展示会場の通路も広く、上野ではいつも沢山の人がぶつかってきたのですが、六本木では数回だったと思います。もっとも雨模様の金曜日の夜ということで、(入場者数が50万人を突破した展覧会としては)人出はやや少なかったという感じでした。また、美術鑑賞を楽しんでいるお客さんの8~9割は女性でした。しかし、会場が妙に蛍光灯色で明るかったような気がしました。日本人には明るくて観やすかったのですが、絵画に紫外線の影響はないものかと余計な心配をしてしまいました。地球温暖化問題のために、白熱灯を使いづらくなっているのでしょうか。

 この展覧会も、いよいよ7月2日(月曜)で閉幕とのことです。あと残りわずかですから、まだご覧になっていない方は是非足をお運び下さい。

  • モネの絵に 美を愛で 感じ 美に生きる

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

1014スモールピース 日傘の女 56-502 Toy 1014スモールピース 日傘の女 56-502

販売元:エポック社
発売日:2007/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モネ―印象派の誕生 Book モネ―印象派の誕生

著者:シルヴィ パタン,高階 秀爾
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モネ―『睡蓮』への歩み Book モネ―『睡蓮』への歩み

著者:六人部 昭典
販売元:六耀社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 6月後半の花(アジサイとハナショウブ) | トップページ | 7月前半の花(ムクゲ、クロコスミア等) »

社会・経済・政治(2007年)」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

 10月12日朝に黒川記章さんが心不全のためお亡くなりになったそうです。7月の参院選にも奥さんの若尾文子さんと一緒に夫婦で立候補しましたが、その際から具合が悪かったようです。ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: Kirk | 2007年10月16日 (火) 午前 07時09分

 本場パリの仏国立オルセー美術館に10月7日未明、酒に酔った若者5人が侵入しモネの絵画「アルジャントゥイユの橋」に傷を付け逃走したというニュースが入って参りました。
 アルジャントゥイユは、モネが家族と一緒に住んだセーヌ川沿いの村の一つです。今年のオルセー美術館展でも、アルジャントゥイユの絵が数点展示されておりました。オルセー美術館からは「アルジャントゥイユのセーヌ川」、「アルジャントゥイユの小舟」そして「アルジャントゥイユのレガッタ」の3点が貸し出されているようでした。
 今回傷つけられた絵はこれらの3点とは違うようですが、文化遺産を傷つけるという悪魔の心は封印しておいてほしいですね。

投稿: Kirk | 2007年10月11日 (木) 午前 07時30分

 一村雨さん
 コメントありがとうございました。
 美術館の音声ガイドも進化しています。ずいぶん昔の磁気カセットテープ式のものから、ICレコーダー的のものになり、最近はICレコーダーとハンドセットが一体型になったものもありました。ガイド内容も蘊蓄に富んでおり結構勉強になります。

投稿: Kirk | 2007年7月 5日 (木) 午後 10時44分

TBありがとうございます.
音声ガイド、キョンキョンの声だったのですね。
借りればよかったなぁ~とつくづく思いました。

投稿: 一村雨 | 2007年7月 5日 (木) 午後 07時41分

 あさぎさん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 ふと思い出したのですが、あのモネの素晴らしい絵画達に囲まれながら、美味しいシャンパンとワイン、そしてフランス料理を堪能する食事会をやりたいですね。欧米の一部の美術館では実施されているそうです。
 そういえば、私はあさぎ色好きです。

投稿: Kirk | 2007年7月 5日 (木) 午前 03時10分

はじめまして、TBありがとうございました。
盛況の内に終了しましたね。延べ70万人をこえたとか・・・本当にすてきな展覧会でしたね。

投稿: あさぎ | 2007年7月 4日 (水) 午後 10時38分

 りゅうさん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 そうですか。6月25日にモネ展の入場者数が60万人を超えたというニュースを聞きましたが、最終的には70万人を超えたのですね。40万になるまでが2ヶ月間、40万から50万までが12日間、50万から60万までが9日間、そして60万から70万までが7日間かかっていますから、終盤にとても加速したのが分かります。
 りゅうさんのレポートはいつもとても勉強になります。以前オルセー美術館展についても拝見させていただきました。一つ質問させていただいてもいいですか。モネの描いているエジプトのポプラは、少しくねくねはしていますが、日本の杉のように幹が一本はっきりしている樹形です。私の古里、北海道のポプラは幹の下の方から沢山枝分れしていて、今流行りのコニファー、ゴールドクレストのような樹形をしております。果たしてこの二つは同じポプラなのでしょうか。
 いずれにしても、芸術を鑑賞するのは人間性というか人間の品格や尊厳をとても意識させてくれるような気がします。豊かになった日本はもっともっと真の芸術を追求していくのがいいのではないでしょうか。ちょっと説教じみてしまいました。ご容赦下さい。

投稿: Kirk | 2007年7月 4日 (水) 午前 04時04分

こんばんは、TBありがとうございました♪
モネ展の入場者数は70万9260人だそうです。レオナルド・ダ・ヴィンチ展が79万6千人だそうですし、「いや~、同時期によく入ったもんだな~」と数字を見てあらためて驚いています。(確かに混雑していましたけどね!)
ちなみに、私はモネ・ポンピドー・レオナルドを1日でハシゴしてしまいました♪

投稿: りゅう | 2007年7月 3日 (火) 午後 08時11分

 henryさん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 モネに関しては、確かニューヨークの近代美術館で観た巨大な睡蓮の絵のイメージが強かったのですが、今回多数の作品を観てモネ自身の人生についても想いをはせることができました。
 モネ展がもう終了なのは寂しいですね。

投稿: Kirk | 2007年7月 3日 (火) 午前 04時40分

TBありがとうございます。
「かささぎ」は紫外線を反射した明るい雪景色が斬新に思えました。オルセー美術館展はひどい込みようでしたね。

投稿: henry | 2007年7月 3日 (火) 午前 01時15分

 shamonさん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 モネ展には前々から行きたかったのですが、何となくきっかけがありませんでした。今回お友達が誘ってくれたので、喜び勇んで参りました。
 もう終わってしまうのが残念ですね。

投稿: Kirk | 2007年7月 2日 (月) 午後 09時03分

はじめまして^^。TBありがとうございました。こちらからもお送りしますね。

この展覧会は2回(4月と6月)行きましたが、それぞれ微妙に照明が違っていました。何か指摘があったのかもしれませんね。
内容はとても充実してて、たっぷりモネを満喫できました^^。

投稿: shamon | 2007年7月 2日 (月) 午後 08時35分

 ヒロ子さん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 入場者数が50万人を超えた展示会ですから、普段はとても混んでいたのでしょうね。あの広い会場でも入場規制がかかるのですね。パリのオランジェリーとマルモッタン両美術館には、私もゆっくりと訪れたいです。

投稿: Kirk | 2007年6月26日 (火) 午前 01時17分

TBありがとうございました。

私が行った日は入場制限もされており、とても混雑していました。
一箇所であれだけ多くのモネの作品を見ることができるのは嬉しいですが、できれば人をかきわけずにゆったり鑑賞したいものです。
そのためにはオランジュリーやマルモッタンへ行かなくてはいけませんね^^;

投稿: ヒロ子 | 2007年6月25日 (月) 午後 05時49分

 Cartoucheさん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 私は時々しか美術館に足を運ばないのですが、最近の展覧会は展示内容も展示方法もとても好ましいものになってきていて、結構いつも堪能することができています。いつも音声ガイドを借りるのですが、これにもずいぶん助けてられています。
 照明については、私はとても明るくて、そして観やすくて良かったと、個人的には考えております。日本的な展示方法として確立してしまえばいいのではないかと思います。

投稿: Kirk | 2007年6月25日 (月) 午後 12時20分

これは素晴らしい展覧会でしたね。
雪景色といっても微妙に違う”白”が使われていて、見事でした。
確かにオランジュリーなどは蛍光灯を使わず、外からの自然な光か白熱灯が多いですね。

投稿: Cartouche | 2007年6月25日 (月) 午前 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/6915694

この記事へのトラックバック一覧です: 「大回顧展モネ」を観て:

» 大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産 [Cartouche]
モネの絵はこれまでに何度も見る機会がありましたが、こうして集大成されてみると圧巻!! 大満足でした。 又、映画と同じで、以前”見た”ものでもトシを経て見ると新鮮で 今回は特に雪景色、早朝のセーヌ河など、その場を動きたくなくなるほどの 作品の多かったです。 さてこの企画では近代生活、印象、構図、連作、睡蓮/庭園とあり、その中でまた 細かく光、階調・・など分けてありました。 同じような手法でも年代による違いが見られるのでこの展示方法は成功だと思います。 セクション2.印象*階..... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 午前 11時31分

» 「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」 [食う♪読む♪歩く♪]
日本人はモネが好き、かくいう私もモネが好き。国立新美術館で「大回顧展モネ 印象派 [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 午後 05時43分

» 大回顧展モネ@国立新美術館 [柏をたのしむ@水上デザインオフィス]
 国立新美術館で開催中の「大回顧展モネ」を鑑賞しました。  日本人に人気の高いモ... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 午前 09時09分

» 大回顧展モネ [にゃんころりんのすっとんとん♪]
先日、国立新美術館で開催されている、「大回顧展モネ・印象派の巨匠その遺産」を見に行きました。 国立新美術館については、yoccoさんの「2アウト満塁」に詳しい情報が満載されていたので、 予備知識を蓄えられて、とても参考になりましたよ。 エントランスロビーの椅子に腰掛けたけれど、椅子待ちの人が多くて、ゆっくり座れなかったのが ちょっとだけ残念でした。 ... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 午後 08時51分

» 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 [ひねもすのたりの日々]
溢れる緑、輝く白。春の贅沢、モネ三昧。国立新美術館で開催中の「大回顧展モネ」に行 [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 午後 08時37分

» 大回顧展 モネ [ライトオタクなOL奥様の節約入門日記]
[5/13にUPしました] まだまだいきます、まだやっている展覧会シリーズ☆ かなり前ですが、金曜夜間を利用して国立新美術館で開催中の「大回顧展 MONE 印象派の巨匠、その遺産」展に、行ってまいりました。 ※7/5... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 午後 09時08分

» 「大回顧展モネ」 国立新美術館 [はろるど・わーど]
国立新美術館(港区六本木7-22-2) 「大回顧展モネ」 4/7-7/2 もう見に行ってから一ヶ月も経ってしまいました。国立新美術館で開催中の「大回顧展モネ」です。国内外より集められた約100点弱のモネの絵画に、約25点の現代アート作品が交わります。当然ながら見応えは十分です。 展示の構成はモネを時系列に紹介するのではなく、「印象」や「構図」などのテーマを設定し、関連すると思われる現代アート作品を並べながら、その全貌に迫るものとなっていました。実際のところ、モネとポロックを並列して見ることに... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 午後 09時43分

» モネ大回顧展(国立新美術館) [あお!ひー]
先週の土曜日、モネ大回顧展に行ってきました。 実はこの日、乃木坂でモネを鑑賞した後に平塚で三沢厚彦アニマルズ+を堪能しました。 うーむ、久々に濃密な一日になりました。 さて、モネといえばやはり緑のイメージがあります。だから、このチラシのイエローグリーンは納得です。 わたしが単にこのみどり色が好きってだけなんですけどね。 今回、会場に入ってまずうれしかったこと。ちゃんと目録がありました!! これまで国立新美術館の展示はこの目録がないことがすごく不満だったので改善されてよかったです。色も薄い... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 午後 10時48分

» 「MONET 大回顧展モネ」 [弐代目・青い日記帳 ]
国立新美術館で開催中の 「MONET 大回顧展モネ」へ行って来ました。 みんな大好きクロード・モネ。 名前からして親しみやすいです。作品もやわらかな光に包まれた 幸せそうな日常のひとコマや美しい風景画、それに晩年の連作。 元来自然の対象物を絵画にしてきた日本人には とても分りやすく、入りやすい作品多数。 キリスト教絵画のように、そこに何が描かれていてどんな意味を 表現しているのかといった予備知識もモネの絵を観る時には不必要です。 日本人に最も愛されている... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 午後 11時13分

» かささぎ [FOOTBALL LIFE]
今、7月2日まで東京、六本木にある、新国立美術館で催されている印象派の画家、クロード・モネの大回顧展。行きたいけど行けないという人のためには新日曜美術館の「モネ、光を追い続けた男」 〜科学者、西澤潤一が読み解く〜。 印象派の画家は日本人には人気が高く、その中でもモネの「すいれん」の絵は有名だ。そういうイメージが強かったモネが西澤さんのお話から、実験を重ねてはこれだという新しい手法を発見したという科学者的な側面が紹介されたり。妻も息子も失い、視力も衰えた中で、また新たな描く対象を模索して行き、晩年に... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 午前 01時17分

» MONET 大 回顧展モネ [てっしーずのおでかけ日記]
MONET 大回顧展モネ 2007年4月7日(土)〜7月2日(月) 国立新美術館 http://monet2007.jp/ 混雑を覚悟しながらも新しい美術館を見たいという気持ちもあり、国立新美術館まで行ってきました。 モネというと日本で人気がありすぎるせいか、どうももうひとつ素直に向かい合えない感じもあったのですが、この展示を見て「すごいものはすごい」という当たり前の感想を抱きました。 数年前テレビで放送したMOMAの特集ではモネの睡蓮の絵がいかに大きな影響を現代アートに与えたかを解説していました... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 午前 08時29分

» 大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産 [隆(りゅう)のスケジュール?]
国立新美術館で開催されている「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」を観に行きました。この展覧会は国立新美術館の開館を記念して企画されたもので、「フランスのオルセー美術館が所蔵するモネの名作をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館など、国内外の主要なコレクションから100点近いモネの作品が一堂に会する世界的にも稀にみる大規模なモネ展となります。さらに、モネの影響を受けた現代作家たちの作品を、モネの“後継者”として約20点展示します。(公式サイトより抜粋)」とのこと。 ~展示構成~第1... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 午後 08時12分

» 国立新美術館開館記念 「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」 [Log Book]
国立新美術館で開催されている「大回顧展モネ」に行ってきました。 GW中日の平日なので、いろいろと野暮用をこなしてから 雨天の国立新美術館に着いたのは11:30a.m.頃。 事前にローソンでチケットを購入していたので、 そのまま展示会場に直行です。 昨日の「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」ほどでは無いですが、 こちらのそれなりに混んでいます。中もところどころ、渋滞気味。 でも、むしろ絵は少し遠くから見た方が良い場合もあるので、 それほど苦にはなりません。 でもねぇ、モネに影響を受けた現... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 午後 09時47分

» ずっと探してる ~ 大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産 [あさぎのアサブロ]
六本木にモネの作品が集まりました。新美術館としては、最初のビックイベントではないでしょか? 広い会場には、平日にも関わらず多くの人が集まっています。やはり、印象派の画 [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 午後 10時34分

» 『MONET 大回顧展モネ』@国立新美術館 [Megurigami Nikki]
mercoledigrave;, il 2 maggio 2007 sono le due e trentotto  六本木に新しく建設されたばかりの国立新美術館へ、「印象派の集い(@mixi)」の方々と同伴で、『MONET 大回顧展モネ』を見てきました。  本展には、世界各国から97点もの作品が来日、あるいは国内を移動して来ています。モネは、印象派の画家達の中で最も長く生きたことでも知られていますが、それだけに作品数も膨大なものがあります。これだけの数を集めても、生... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 午前 12時48分

» モネ大回顧展 [青色通信]
モネ大回顧展4月21日 国立新美術館(〜7月2日)  偶然にも東京美術館巡りの日にちが重なった遊行七恵さんとこの展覧会とサントリー美術館をご一緒させていただくことになりました。(遊行さん、記事アップ遅れてすみません。) 遊行さんはそのブログからもわかるように、...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 午後 05時51分

« 6月後半の花(アジサイとハナショウブ) | トップページ | 7月前半の花(ムクゲ、クロコスミア等) »