« 増上寺と芝公園の桜(ソメイヨシノ) | トップページ | 東山魁夷展から千鳥ヶ淵の夜桜へ »

2008年4月 4日 (金)

沖縄とともに北海道もバイオ燃料への挑戦を(2008.4.4付け札幌タイムス・コラム記事)

 東京は桜花爛漫で、新年度に入りました。そう今年7月にはいよいよ北海道洞爺湖町でサミットが開催されます。その主要な議題の一つは環境問題、つまり地球温暖化問題と言われております。

 北海道は言うまでもなく農業大国です。農業産出額は1兆円を越え、食料自給率も全国平均が40%であるのに対し何と200%以上もあります。一方、沖縄県の農業産出額は1千億円未満であり、食料自給率はおよそ30%です。しかしながら、私の知る限りですが、バイオ燃料を活用した地球温暖化問題への取組みでは、北海道は沖縄に若干遅れを取っているのではないでしょうか。

 沖縄・宮古島では2005年10月から、環境省がバイオエタノール実証プロジェクトを推進しております。これはサトウキビから砂糖を採った後の廃蜜を原料としてバイオエタノールを製造し、それを3%混ぜたガソリン(E3)を使って実車走行させるものです。公共交通機関の発達していない宮古島で、約2万台の全自動車が自島生産のバイオエタノールを混ぜたE3を使うというのが目標の一つになっています。バイオマスを活用してカーボンニュートラルで持続的に再生可能なバイオ燃料を製造し、循環型社会を実現すれば、地球温暖化問題を緩和できることになります。

 昨年6月に、北海道でも十勝地区で三菱商事とキリンビールが農林水産省による国家プロジェクト「バイオ燃料地域利用モデル実証事業」の一つに参画することが発表されています。来年3月に年間1.5万KL規模のバイオエタノールを製造するプラントを稼動させようとするものです。やはり公共交通機関が少ない北海道でも、ある地域の全自動車が自地域生産のバイオエタノールを使うという具体的な目標があってもいいのではないでしょうか。バイオエタノールの原料としては、食料や飼料を使うのは本末転倒ですから、北海道ではイネ科の植物やヤナギ、ポプラ等の成長の早い樹木を活用することができるようです。

 広大な自然を有する北海道が、耕作地以外の土地を最大限に活用しながらバイオ燃料を製造することにより循環型社会を実現し、他に先駆けて環境先進自治体となる夢を見るのは私だけでしょうか。

(注)本記事は、筆者が2008年4月4日付け週刊札幌タイムスのコラム「がんばれ北海道」#144に寄稿したものです。

  • バイオマス 温暖化への 切り札か

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

図解 バイオエタノール最前線 Book 図解 バイオエタノール最前線

販売元:工業調査会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図解バイオエタノール製造技術 Book 図解バイオエタノール製造技術

販売元:工業調査会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バイオエタノールと世界の食料需給 Book バイオエタノールと世界の食料需給

著者:小泉 達治
販売元:筑波書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バイオ燃料-畑でつくるエネルギー Book バイオ燃料-畑でつくるエネルギー

著者:天笠 啓祐
販売元:コモンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 増上寺と芝公園の桜(ソメイヨシノ) | トップページ | 東山魁夷展から千鳥ヶ淵の夜桜へ »

札幌タイムス」カテゴリの記事

社会・経済・政治(2008年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/12155242

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄とともに北海道もバイオ燃料への挑戦を(2008.4.4付け札幌タイムス・コラム記事):

» 地球温暖化の深刻な影響 [地球温暖化~ホッキョクグマが痩せた理由]
地球温暖化の影響で平均気温が過去のと比べると1℃上昇するなど気温の変化をようく耳にするようになりました。1℃くらい大した変化でないと思いがちですよね。気温が1℃高いと言うことは、地球上で距離で表すと100kmは南下するということなんですね。そう聞いたらビックリしませんか?東京の平均気温は、過去から比べると気温が実に5℃上昇しているそうです。5℃上昇しているといえ�... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 午後 03時40分

« 増上寺と芝公園の桜(ソメイヨシノ) | トップページ | 東山魁夷展から千鳥ヶ淵の夜桜へ »