« 草津温泉を訪ねて(日本三名湯(三名泉)又は日本三大薬泉の一つ)#1(湯畑・光泉寺) | トップページ | さっぽろ羊ヶ丘展望台を訪れて »

2008年8月 3日 (日)

草津温泉を訪ねて(日本三名湯(三名泉)又は日本三大薬泉の一つ)#2(湯もみと踊り・白根山)

 翌朝ホテルをチェックアウトした後、湯畑に戻り、「熱の湯」で「湯もみと踊りショー」を観ることにしました。次の写真はそのワンショットです。昔美人の女性が大活躍されていました。

Cimg0996_50

 「熱の湯」2階ベランダから湯畑がよく眺められました(下の写真)。右下に「お汲上げの湯枠」が観えます。花崗岩製の説明板によると次のとおりです。

 湯畑の源泉の中に、四角に組まれた木の枠が沈んでいる。この木枠の中の湯を「御汲上げの湯」と呼んでいる。八代将軍吉宗や十代将軍家治が、この湯枠の湯を樽詰にして江戸城の運ばせたことは有名である。慶長元年(1596)徳川家康が豊臣秀吉に勧められて草津の湯を、江戸城に運ばせて入浴していたことも、近年文献によって明らかになった。豊臣秀次や、家康の正室旭姫、また、前田利家公なども草津温泉に入湯している。

Cimg1000_50

 昼頃に草津温泉街を後にして志賀草津道路を登り、草津白根レストハウスの駐車場に車を停めました。早速草津白根山の湯釜(次の写真)まで登ることにしました。草津温泉で入手した「おかみさんおすすめマップ」によれば、湯釜は「世界で最も強い酸性湖。噴火を繰り返し、草木を寄せ付けない白い山肌をエメラルドグリーンの湖面が神々しい。直径300m、水深30m程」とのことです。

Cimg1007_50

 湯釜から下りて道路の反対側にある弓池を訪れました。「おかみさんおすすめマップ」によれば、弓池は「火口湖のひとつ。周囲約800mで高山植物の宝庫です。名勝蓬莱山は特に開き、水面に映る紅葉が美しい」とのことです。次の1枚目の写真は弓池と蓬莱山(左後方の岩山)です。2枚目の写真は弓池と逢の峰です。左後方の山が逢の峰で、頂上に展望台も見えます。

Cimg1009_50
Cimg1014_50

 帰りの渋滞を避けるため午後早めに草津白根山を後にしました。途中「道の駅おのこ」(渋川市小野子)に寄り、産地直売の野菜等を買込みました。草津白根山から帰路約180kmのドライブでした。

  • 身を正す 荒涼たる 白根の山

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

温泉教授・松田忠徳の日本百名湯 関東・静岡編〜草津温泉〜
発行・発売元日本経済新聞社
提供:@niftyコンテンツ
 草津温泉 温泉を科学する 草津温泉 温泉を科学する
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« 草津温泉を訪ねて(日本三名湯(三名泉)又は日本三大薬泉の一つ)#1(湯畑・光泉寺) | トップページ | さっぽろ羊ヶ丘展望台を訪れて »

グルメ」カテゴリの記事

日本三大巡り」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/23409105

この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉を訪ねて(日本三名湯(三名泉)又は日本三大薬泉の一つ)#2(湯もみと踊り・白根山):

« 草津温泉を訪ねて(日本三名湯(三名泉)又は日本三大薬泉の一つ)#1(湯畑・光泉寺) | トップページ | さっぽろ羊ヶ丘展望台を訪れて »