« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の5件の記事

2008年9月30日 (火)

9月の花2008#2(シュウカイドウとバジル)

 自宅の北側にムカゴが沢山落ちて、シュウカイドウ(秋海棠、別名:ヨウラクソウ(瓔珞草))の花が可憐に咲いております。

Cimg1132_50

 大きなプランターに実生から大きくなったバジル(伊語:バジリコ、和名:メボウキ(目箒))が花を付けました。白い小さな可愛らしい花です。

Cimg1134_50

  • 目立たずも 秋を知らせる 小さき花

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

季節の花苗シュウカイドウ■新鮮花壇苗■シュウカイドウ10.5cmポット 季節の花苗シュウカイドウ■新鮮花壇苗■シュウカイドウ10.5cmポット

販売元:ペットエコ&ザガーデン楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

スウィートバジル(バジリコ) 9vp ハーブ苗 スウィートバジル(バジリコ) 9vp ハーブ苗

販売元:ハーブとアロマテラピー
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

小金井公園等の9月の花2008(コスモスとヒガンバナ)

 本日はお彼岸の中日です。お墓参りに往った後、久々に小金井公園まで足を延ばしました。小金井公園では、つつじ山広場にコスモスの群生があり、咲き始めの状態でした。この場所は、3月にはナノハナ(菜の花、別名:アブラナ(油菜)、ナタネ(菜種))が、また5月にはシャーレーポピー(別名:虞美人草、ヒナゲシ)が群生していたところです。

Cimg1126_50

 多摩湖自転車道に出て来ると、お彼岸らしくヒガンバナ(ヒガンバナ、別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華))の花が咲いておりました。最初は葉は伸びずに花茎だけが伸びて咲き、花が終わると葉が伸びてくる変わった植物です。ただし、この植物は有毒です。

Cimg1129_50

 近所に白色と赤色の美しいセットのヒガンバナがありました。白色の花は、シロバナヒガンバナという交雑種のようです。

Cimg1130_50

  • 中日の ヒガンバナには 高い空

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ


お買い得!安曇野コスモス4鉢セット! お買い得!安曇野コスモス4鉢セット!

販売元:リトル&ハピネス

楽天市場で詳細を確認する

リコリス ラジアータ(赤・ヒガンバナ・マンジュシャゲ)3球入り リコリス ラジアータ(赤・ヒガンバナ・マンジュシャゲ)3球入り
販売元:園芸ネット
園芸ネットで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月15日 (月)

重村智計著「金正日の正体」を読んで

 今月9月に入ってから、新聞等に「北朝鮮の金正日総書記の重病説」が流れるようになりました。9月9日に行われた、北朝鮮の建国60周年記念行事に初めて出席しなかったことから、急にまたクローズアップされたものです。毎日新聞の最近の記事(9月14日付け)によれば心臓、肝臓、腎臓、糖尿、肥満等の問題を抱え、最近は脳卒中を患ったのではないかとう話が紹介されています。まさに生活習慣病のオンパレードです。

 ちょうど先月8月に講談社現代新書から重村智計(としみつ)早稲田大学教授が著した「金正日の正体」という書籍が出版されました。真にタイムリーな訳ですが、一読して全く訳の分からない北朝鮮の真実らしきものを若干垣間見ることができたような気がしました。まだ読んでいない方のために詳しく述べるのは避けますが、私がなるほどと思ったポイントは次のとおりです。

  • 北朝鮮の政治的決定が、従来と違って後で結構変更されるので、集団指導体制になっているのではないかということ。
  • その理由は、やはり最高指導者の金正日総書記が重病か、あるいはすでに死亡しているのではないかということ。
  • 暗殺やクーデターを恐れ、金正日総書記の影武者(ダブル)が2人あるいは最大4人いるのではないかということ。
  • 影武者は当然ながら、吃音がなかったり、顔面神経麻痺の後遺症がなかったり、背が高かったり、極みは声紋が違ったり等しているのではいかということ。
  • 日朝が関係改善すると役割のなくなる朝鮮総連や、元々工作機関である統一戦線部を仲介として交渉をすると、ウソやデマが多数紛れ込んでくるので、適当な結論に至れないのではないかということ。
  • しかしながら、在外公館に勤務しているような、職業外交官的人材には、信頼できる人間味あふれる人物が少なからずいること。

 いずれにしても北朝鮮は正しい情報が公開されない国ですから、推測や憶測も沢山入った評価になるようです。金正日総書記がたとえ亡くなっても北朝鮮が混乱しないように、中国が毅然とした対応をとることを期待します。

  • 真実を 語れる社会 隣国に

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

金正日の正体 金正日の正体

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

9月の花2008#1(ハギ、ヤブラン、ホオズキ)

 夜になると虫の音も聴こえるようになり、いつの間にか秋の風情が辺りを覆いつつあります。秋の花、ハギ(萩)の紅花が咲きました。冬になると地上部はほぼ枯れてしまいますが、根元から芽吹き毎年9月になると咲いてくれます。

Cimg1121_50

 駐車場と坪庭の境に下草として植えてある、フイリ(斑入り)ヤブラン(薮蘭、別名:リリオベ)が、紫色の小さな花を穂状に付けました。

Cimg1122_50

 鉢植えのホオズキ(酸漿又は鬼灯)が、提灯形の実を3個付け、綺麗なオレンジ色になりました。

Cimg1123_50

  • めぐり往く 時節をとらえ 秋の花

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

紫紅花!ハギ 宮城野萩(3号) 紫紅花!ハギ 宮城野萩(3号)

販売元:緑の風yamashoku
楽天市場で詳細を確認する

ピンクの大輪系花!ハギ ダルマ萩(3号) ピンクの大輪系花!ハギ ダルマ萩(3号)

販売元:緑の風yamashoku
楽天市場で詳細を確認する

宿根草 黄斑ヤブラン 宿根草 黄斑ヤブラン

販売元:おぎはら植物園
楽天市場で詳細を確認する

ホオズキのタネ「切花用 大実」Physalis alkengi var.francheti ホオズキのタネ「切花用 大実」Physalis alkengi var.francheti

販売元:Flower&Green GARDENさかもと
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

乱世の時代に北海道が心掛けるべきこと(2008.9.12付け札幌タイムス・コラム記事)

 今年の夏は大規模なイベントがありました。7月にはご存知のとおりG8洞爺湖サミットが開かれ、世界の首脳が集結しました。8月には厳戒の中、北京オリンピックが開催され、めでたく金メダルを獲得した北海道出身の選手もおりました。しかしながら、夏の終わりの9月に、サミットの議長も務めた福田首相が突然辞任し、国内政治に空白が生まれました。衆議院の解散・総選挙も間近という噂が飛び交っております。一方で経済も混沌としております。米国の不動産バブルが弾けたこと(サブプライム問題)により、世界的な不況が深刻になりつつあります。

 こういう政治・経済が混沌としている時、いわば乱世の時代に、北海道は何を心掛ければいいのでしょうか。まずは生きる拠り所をはっきりさせることではないかと思います。産業の将来性を思料しますと、北海道の拠り所は、農業・食料品、観光、そしてITではないかと考えます。狙いを定めたら迷わずに、①Who、②What、そして③Howを明確にしていく必要があります。これは、不幸にして今巷にあふれている商品・サービスの偽装を防ぐためでもあり、偽装を発見しやすくするためでもあると考えます。

 具体的には、農業・食料品では、①誰が生産者か、②一村一品的な特産品は何か、③造るプロセスの公開でしょうか。観光では、①自然環境等に対する自治体の哲学、②自治体の樹木・花・産物等は何か、③ユニークな歴史・文化を伝えるイベントは何かだと思います。ITでは若干見る角度が異なりますが、①IT業界で働く人材の教育、②得意な分野の研究開発・育成、③東京・首都圏での営業・マーケティングではないかと考えます。

 いずれにしても現代の日本人には不得意といわれている、基本的な考え方を決めること、つまり哲学の部分が重要な気がいたします。自然環境をどう保存していくのか、調和のとれた都市をどう創っていくのか、道民一人ひとりはどういう人生を生きていくのか等、社会の根源に関わる課題を熟慮しなければならないと思います。

(注)本記事は、筆者が2008年9月12日付け週刊札幌タイムスのコラム「がんばれ北海道」#164に寄稿したものです。

  • 乱世に 哲学の道 迷わずに

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

サブプライム問題が露にしたグローバル経済の実相
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »