« 11月の花2008#1(キクとユリオプスデージー) | トップページ | 川畠成道の“四季”(デビュー10周年コンサートツアー東京特別公演)を聴いて(そして東京大飯店での食事) »

2008年11月16日 (日)

花小金井駅南口のダチュラ

 花小金井駅南口を出てすぐの、鉄道線路脇の花壇にいつのまにかダチュラ(和名:チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔))の大きな花が咲いていました。

Cimg1172_50

 この植物は有毒で、すべての部分に幻覚性のアルカロイドを含むそうです。江戸時代の医者、花岡青洲がダチュラから麻酔薬を調合し、手術に使ったのは有名な話のようです。くれぐれもハーブと間違えて口にしないようにご注意下さい。

  • 身近にも ある花々に 毒の影

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

素人育ての花の種【ダチュラ・バレリーナ・パープル】 素人育ての花の種【ダチュラ・バレリーナ・パープル】
販売元:あらまあ
あらまあで詳細を確認する

|

« 11月の花2008#1(キクとユリオプスデージー) | トップページ | 川畠成道の“四季”(デビュー10周年コンサートツアー東京特別公演)を聴いて(そして東京大飯店での食事) »

園芸(2008年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/25619126

この記事へのトラックバック一覧です: 花小金井駅南口のダチュラ:

« 11月の花2008#1(キクとユリオプスデージー) | トップページ | 川畠成道の“四季”(デビュー10周年コンサートツアー東京特別公演)を聴いて(そして東京大飯店での食事) »