カテゴリー「全都道府県訪問(2008年)」の2件の記事

2008年4月26日 (土)

全都道府県訪問#45 高知県#2(足摺・竜串)

 昨日の午後、高知竜馬空港から170km余り、約3時間半ぶっ通しで運転して足摺岬(土佐清水市)に到着しました。あしずり温泉郷・国民宿舎足摺テルメにチェックインし、ここが源泉である温泉にまずつかりました。温泉で出会った地元の方は、「東京からの到達時間距離で計ると、足摺岬と襟裳岬が一番遠いらしい」とおっしゃっていました。夕食時にあの有名な清水サバの刺身をいただきました(次の写真)。脂がのったサバと冷えた生ビールがとても美味しかったです。清水サバとは近海で一本釣りするゴマサバのうち50cm前後のもので、清水港(土佐清水市)に水揚げされるものだそうです。一方、豊後水道が最も狭くなる速吸瀬戸(はやすいのせと:豊予海峡)で一本釣りされたマサバが(大分県の佐賀関港に水揚げされるためか)関サバと呼ばれるのだそうです。写真をご覧になるとお分かりになると思いますが、ゴマサバの身は全面的に赤いですね。

Cimg0596_50

 今朝チェックアウト後、四国最南端の足摺岬に向いました。切り立った断崖に18mの白いロケット形の足摺岬灯台が建っています(次の写真)。光の強さは46万カンデラ、光の届く距離は約38km、そして水面から灯火までの高さは約60.6mだそうです。

Cimg0610_50

 国道を挟んで灯台の北側には、四国霊場第38番札所の金剛福寺があります。この寺は弘法大師(空海)自らが創設した名刹だそうです。本堂の前では石でできた大きな亀が迎えてくれました。

Cimg0620_50

 海岸沿いの自然遊歩道を歩き、日本最大級の海蝕洞である白山洞門にたどり着きました。太平洋の荒波が花崗岩の岩山に、高さ16m、幅17m、奥行き15mの大きな穴を開けております。

Cimg0611_50

 次に普通の観光客は余り訪れない唐人石と唐人駄馬遺跡に立ち寄りました。唐人石はなぜこのような大きな石が積み重なった巨石群ができたのか真に不思議な光景でした。唐人石から少し海側に唐人駄馬遺跡があり、6~7,000年前の縄文初期のものといわれ、世界最大のストーンサークルがあるそうです。次の写真は唐人石から唐人駄馬遺跡(右上の広場)を望んだものです。

Cimg0625_50

 そしてまた海岸沿いに戻り、日本で最初に黒潮が接岸するという臼碆(うすばえ)を展望台から眺めました。花崗岩の断崖で、磯釣りのメッカとして知られているそうです。

Cimg0636_50

 土佐清水港にある直売市場の足摺黒潮市場のレストランで昼食をとりました。味わったのはやはり「土佐の清水サバぶっかけ丼」(写真)でした。一切れ食べた後、お茶をぶっかけてお茶漬けで味わったのですが、とても美味しいものでした。

Cimg0639_50

 そして足摺岬最後のポイント、竜串(たつくし)へ向いました。竜串と千尋岬(ちひろみさき)は、波や水流の影響で水中の堆積物の表面につくられた凹凸がそのまま地層面に残された化石漣痕(れんこん)で有名とのことです。この化石漣痕は1946年(昭和21年)の東南海地震により海中から隆起したものだそうです。竜串グラスボートに乗って千尋岬西側の化石漣痕を観光するのですが、やや強風で波が荒くボートは残念ながら欠航となりました。千尋岬の西側海岸は、陸からは難所なので弘法大師も見残したという故事から名付けられた「見残し」という景勝地なのですが、やはり見残してしまいました。写真は竜串海岸で、左後方に観えるのが千尋岬で、右後方の人工物は海中展望塔・足摺海底館です。

Cimg0642_50

  • 清水サバ 足摺にある 蜜(密)の味

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

国民宿舎 足摺テルメ 国民宿舎 足摺テルメ

地域:土佐・須崎・四万十・宿毛・足摺岬
特色:地下1000mから湧き出す天然温泉と、広大な太平洋の眺望に 心癒されるひとときを 足摺温泉郷で。
楽天トラベルで詳細を確認する

★即納可能【1500P】 【パズルの達人】足摺岬−高知 ★即納可能【1500P】 【パズルの達人】足摺岬−高知

販売元:一休さん 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

足摺岬 足摺岬

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

全都道府県訪問#45 高知県#1(旅程)

 ゴールデンウィーク前半を利用して、全都道府県訪問第45番目の高知県を訪れました。残りは佐賀県と長崎県の2つになりました。今回の旅行も天気に恵まれ、以下のような旅程をこなしました。

  • 第1日目
    • 空路、高知龍馬空港(高知県南国市)に到着し、レンタカーを借用
    • 空港から170km余り、約3時間半ぶっ通しで運転して足摺岬(土佐清水市)に到着
    • あしずり温泉郷・国民宿舎足摺テルメ泊(清水サバの刺身を味わう、高知名産のちゃんばら貝に出会う)
  • 第2日目
    • 足摺岬、足摺岬灯台、白山洞門、金剛福寺を観光
    • 唐人石、唐人駄場遺跡を観光
    • 臼碆(うすばえ)を観光
    • 清水漁港・足摺黒潮市場のレストランで昼食(清水サバぶっかけ丼を食す)
    • 竜串(土佐清水市)観光
    • 四万十市(旧中村市)に向かい、四万十川観光開発(株)の四万十川舟母(せんば)浪漫に乗船(日本三大清流の一つ目を訪問)
    • 四万十いやしの里内の四万十の宿泊(皿鉢(さわち)料理を味わう)
  • 第3日目
    • 四万十いやしの里散策
    • 四万十川やや上流の四万十の碧(あお)屋形船に乗船し、三里沈下橋をくぐる
    • 三里沈下橋、佐田(さだ)沈下橋を観光
    • 世界の藤の里(香山寺市民の森)訪問
    • 高知市に向かう途中、黒潮町の道の駅「ビオスおおがた」のレストラン「ひなたや」で昼食(地元産ウナギを食す)
    • 高知市に到着し、桂浜で高知県立坂本龍馬記念館と坂本龍馬銅像を観光
    • 高知市中心部の城西館泊(「のれそれ」(アナゴの稚魚の酢の物)に出会う)
  • 第4日目
    • 高知市立龍馬の生まれたまち記念館、はりまや橋(日本三大がっかり訪問完了)、高知城を観光
    • 龍河洞(香美(かみ)市)観光(日本三大鍾乳洞のニつ目を訪問)
    • 高知龍馬空港でレンタカー返却(総走行距離:500km弱)
    • 空港から帰路へ(土佐料理「司」空港店で「うつぼのたたき」に出会う)

 次の写真は飛行機上から富士山を撮影したものです。昨年2月に沖縄往きの機上から撮影したものより雲が多く、中央やや左に写っている富士山の見分けが難しいです。しかし、今回は右手前に狩野(かの)川河口を含めた沼津市のあたりがよく写っております。

Cimg0591_50

  • 海の幸 ああ川の幸 山の幸

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

高知県の歴史散歩 高知県の歴史散歩

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

高知県の不思議事典 高知県の不思議事典

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)