« 池上梅園と池上本門寺を訪れて | トップページ | 2月の花2009#5(白梅と河津桜#3、そしてプリムラ・ジュリアンとクリスマスローズ) »

2009年2月14日 (土)

映画「我が至上の愛 アストレとセラドン」を観て

 映画「我が至上の愛 アストレとセラドン」を観て参りました。米寿を祝う歳になったヌーベルバーグの巨匠エリック・ロメール監督の最後の作品です。映画館は銀座テアトルシネマでした。これから数ヶ月間にわたり全国で公開されるようです。

 新聞でお馴染みの映画評論家、中条省平氏が五つ星を付けて大絶賛していました。1月16日(金曜)付の日経新聞(夕刊)のコラム「シネマ万華鏡」の話です。中条さんの評論に誘われたのは、映画「英国王 給仕人に乾杯!」に次いで2回目のことでした。

 言わずもがなフランスの古典を原作とした映画です。17世紀にオレノ・ディルフェが著したベストセラー「アンドレ」がそうです。舞台は5世紀のフランスで、当時ガリアと呼ばれていた時代です。ヌーベルバーグらしく、すべてロケで撮影し、音声も同時録音されたそうです。

 フランスの田舎の映像はとても美しかったと思います。登場人物の純愛も瑞々しいものでした。ただ400年前の話のせいか、時間の流れがゆっくりしていたように思います。別れて何年かたっても忘れられない純愛とは何でしょうか。きっと現代では失われた、永遠の純愛を描いているのでしょうか。

  • いつの日も 忘れられない 愛の歌

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

|

« 池上梅園と池上本門寺を訪れて | トップページ | 2月の花2009#5(白梅と河津桜#3、そしてプリムラ・ジュリアンとクリスマスローズ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 本作品の監督、エリック・ロメール氏が1月11日にパリの病院で亡くなったとの報道がありました。89歳だったそうです。本作品の完成後、引退を表明しておりましたが、本当に本作品が遺作になりました。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: Kirk | 2010年1月22日 (金) 午後 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/28118474

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「我が至上の愛 アストレとセラドン」を観て:

« 池上梅園と池上本門寺を訪れて | トップページ | 2月の花2009#5(白梅と河津桜#3、そしてプリムラ・ジュリアンとクリスマスローズ) »