« 最近観た映画(2011年12月#3:カイジ2 人生奪回ゲーム) | トップページ | 最近観た映画(2011年12月#5:リアル・スティール) »

2011年12月 7日 (水)

最近観た映画(2011年12月#4:50/50 フィフティ・フィフティ)

 ハリウッドはこういう定型の人情話を作らせたら、本当に上手いと思います。突然ガン(癌)の宣告を受け、生還の確率は50%ということが告げられます。これがタイトルの50/50(確率半々)の意味です。

 主人公アダム(ジョセフ・ゴードン=レビット)を取り巻く親友カイル(セス・ローゲン)、友人、両親、恋人未満の女友達…。その中で落ち着き、荒れ、乱れ、また明日に向かうアダム…。しかし、皆が支え、最後には手術から生還します。エールを送らざる得ないでしょう。

 最後にアダムの恋人になってくれる女性セラピスト・キャサリン(アナ・ケンドリック)が可愛いいと思いました。

  • 人生は 所詮 全て 50/50

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

|

« 最近観た映画(2011年12月#3:カイジ2 人生奪回ゲーム) | トップページ | 最近観た映画(2011年12月#5:リアル・スティール) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/43340170

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2011年12月#4:50/50 フィフティ・フィフティ):

« 最近観た映画(2011年12月#3:カイジ2 人生奪回ゲーム) | トップページ | 最近観た映画(2011年12月#5:リアル・スティール) »