« 最近観た映画(2012年5月#15:サニー 永遠の仲間たち) | トップページ | 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) »

2012年5月29日 (火)

最近観た映画(2012年5月#16:ミッドナイト・イン・パリ)

 冒頭のパリの有名な情景の数々、改めてパリは本当に美しいと思いました。しばらく往っていませんが、また訪れたいと強く感じました。仏語は昔少し習いましたが、さらに勉強しなければと思いました。昨年は思うところがあって、中国語会話を学びましたが…。

 皮肉たっぷりのコメディ映画を得意とする米国のウディ・アレン監督(兼脚本)の映画らしく、台詞が長く多い作品でした。台詞もやや捻ってあり、時々屁理屈のようにも聴こえます。原題もずばり"Midnight in Paris"で、今年の第84回アカデミー賞では作品賞は逃したものの、見事脚本賞を獲得しました。

 2010年のパリに旅しているハリウッドの売れっ子脚本家ギル・ベンダー(オーウェン・ウィルソン)は、殻を破るために小説の創作に挑戦しています。実は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムズ)の父親の出張に便乗してパリに来ていました。ギルはパリに住んで創作に没頭したいと考えているため、イネズともその両親とも何となく気まずくなります。さらに、イネズの男友達の学者ポール(マイケル・シーン)も現れ、胡散臭い蘊蓄に辟易します。

 ある晩ギルは皆と別れて深夜のパリを一人で散歩していて、道に迷います。真夜中12時の鐘が鳴ると、旧式のプジョーが走ってきて、誘われるまま乗り込みます。着いた先は、ジャン・コクトー主催のパーティ会場で、スコット&ゼルダ・フィッツジェラルドやコール・ポーターに出会います。次のバーでは、アーネスト・ヘミングウェイと話をします。1920年代のパリに迷い込んでいたのです。

 翌晩そして翌々晩も真夜中に昔のパリに迷い込み、ヘミングウェイからガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)に紹介され、スタインにギルの処女作を読んでもらうことになります。スタインの事務所にはパブロ・ピカソがたまたまおり、その愛人のアドリアナ(マリオン・コティヤール)に恋心を抱いてしまいます。そうこうする中で、5回目のトリップを終えた後、ギルは重大な決断を下すことになります。

  • 不思議だな パリの魔法は ありそうだ

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

|

« 最近観た映画(2012年5月#15:サニー 永遠の仲間たち) | トップページ | 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) »

映画・テレビ(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/45460073

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2012年5月#16:ミッドナイト・イン・パリ):

» 映画「ミッドナイト・イン・パリ」戻れるならいつの時代が良いだろうか [soramove]
「ミッドナイト・イン・パリ」★★★★ オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、 キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ 、 マリオン・コティヤール、マイケル・シーン出演 ウディ・アレン監督、 94分、2012年5月26日公開 2011,スペイン、アメリカ,ロングライド (原題/原作:Midnight In Paris ) 人気ブログランキングへ">>→ ... [続きを読む]

受信: 2012年6月21日 (木) 午前 07時27分

« 最近観た映画(2012年5月#15:サニー 永遠の仲間たち) | トップページ | 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) »