« 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#2:ファウスト) »

2012年6月 1日 (金)

最近観た映画(2012年6月#1:私が、生きる肌)

 英語だとセンシャル(sensual)とでもいうのでしょうか、とても官能的な映画でした。しかも、医学を絡めた、サスペンス・ホラー・バイオレンスムービーにもなっています。しかしながら、決してエロ・グロ的に下品ではなく、映像は充分に美しいと思いました。

 スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督(兼脚本)が、ティエリ・ジョンケの小説「蜘蛛の微笑」を基に製作した作品だそうです。どうしたらこのように人間の深層の感情を表に引き出しながら、それでいてストーリーはスムーズに展開していくのか、不思議に思いました。原題は"La piel que habito"、英題では"The Skin I Live"で、英題と邦題は直訳のようです。

 皮膚移植に関しては天才形成外科医のロベル・レガル(アントニオ・バンデラス)の家には、謎の美女ベラ・クルス(エレナ・アヤナ)が幽閉されています。彼女はだれなのか、なぜ彼女はここに閉じ込められているのか、何の目的で皮膚移植を研究しているのか、謎が謎を呼びますが、回想シーンも含めて段々と真相が明らかになっていきます。エレナの美しい体を張った演技は見物でした。

  • 美しい 女の肌は 生きる糧

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

|

« 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#2:ファウスト) »

映画・テレビ(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/45497792

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2012年6月#1:私が、生きる肌):

« 最近観た映画(2012年5月#17:相馬看花-第一部、奪われた土地の記憶-) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#2:ファウスト) »