« 最近観た映画(2012年6月#3:ジェーン・エア) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#5:11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち) »

2012年6月11日 (月)

最近観た映画(2012年6月#4:幸せへのキセキ)

 正統派ハリウッドらしい映画でした。一家を襲う悲劇、息子の非行、仕事を辞め移住を決意、新しい世界への順応と大いなる挑戦、兄や動物園の仲間達との葛藤と和解、若者のロマンス、思わぬ幸運と動物園再開、そしてハッピーエンドへと、何もかもがハリウッド的で、最後まで楽しむことができました。

 主人公のベンジャミン・ミー役に最近人気のあるマット・デイモンを配し、チーフ飼育員のケリー・フォスターとしてスカーレット・ヨハンソンを共演させています。2人とも気合の入った自然な演技をしていました。ベンジャミンの息子と娘、そしてケリーの従姉妹の3人の子役が華を副えていました。また、本物の動物達も上手い演技をしていました。それにしても、なぜ動物園の飼育員達は美女と野獣なのでしょうか。動物園にこんな美女が2人もいるなんて、やはり映画ですよね。

 監督はキャメロン・クロウ(製作と脚本も兼任)で、原作は英国の新聞コラムニスト、ベンジャミン・ミー(映画でも実名です)の自伝"We Bought a Zoo"(私は動物園を買いました)です。邦題は考え過ぎかもしれませんね。

  • 美人なら どう転んでも いい話

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

|

« 最近観た映画(2012年6月#3:ジェーン・エア) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#5:11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち) »

映画・テレビ(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/45670826

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2012年6月#4:幸せへのキセキ):

« 最近観た映画(2012年6月#3:ジェーン・エア) | トップページ | 最近観た映画(2012年6月#5:11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち) »