« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の3件の記事

2012年12月26日 (水)

最近観た映画(2012年12月#10:おだやかな日常)

 東京郊外の街で、東日本大震災による福島第一原発事故後、目に見えない放射能の恐怖への対応を巡って考え、行動する二人の若い女性の姿を描いています。何も考えなければ真におだやかな日常なのですが、政府発表の情報が信用できるのか、インターネットに溢れる情報はどこまでが真実か、等々を考え出すと眠れなくなりそうです。二人の行動が周囲の人々の困惑も生み、大人のイジメのような現象も起きます。少々誇張はあると思いますが、実際にあっても不思議ではないことのようにも感じました。

 一児の少女の母親サエコを演じている、主役の杉野希妃(きき)は映画プロデューサーでもあり、「アジア・インディーズ映画のミューズ(女神)」とも呼ばれているそうです。ロッテルダム映画祭で知り合った内田伸輝監督から、震災後の2011年6月に本作の企画を持ちかけられ、プロデューサーと主演を兼ねました。イラン出身で最近は日本でも活動しているアミール・ナデリ監督がスペシャル・アドバイザーを務めていることが特筆すべきことでしょうか。本作は日米合作となっています。

 震災後に突然離婚を迫るサエコの夫、夫に西への転勤を迫る隣人のユカコ(篠原友紀子)、その夫の雇用主である妙に自信満々な若手起業家社長、マスク着用と屋外活動禁止を幼稚園に迫るサエコ、それに困惑する幼稚園職員達、不安を煽るとサエコを責める同じ幼稚園の母親(夫が電力関係者)、またそれに面と向かって反論できない他の母親、結構現実味がありました。

  • 危機の時 自分を信じて 生きられるか

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

最近観た映画(2012年12月#9:レ・ミゼラブル)

 一年分位の感動をいただきました。劇場でのミュージカルに映画の良さを加えた、真の大作であると言わずにおれません。2時間半を超す作品ですが、全く厭きることなく終盤を迎え、裏の主役コゼット(アマンダ・セイフライド)が登場するあたりからは、感激の涙、涙でどうしようもありませんでした。

 20年余り前にミュージカルの本場ニューヨークの劇場にて「レ・ミゼラブル」を観ましたが、ドラマなので英語の歌詞が完全に分からなければ感動することができませんでした。今回の映画では当然ながら日本語の字幕が付いておりますので、翻訳の質はともかくとして内容は充分理解することができました。

 思い返せば、劇場では冒頭のシーンは円形の回転舞台の上で汚い男達がロープを曳いて歩くシーンでした。その時は何のことかよく分かりませんでした。映画では嵐の中上空からの俯瞰で破損した巨大木造船が登場し、実はそれをドックの中に曳き込んでいるのが、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)を含む服役囚達でした。冒頭から映画ならではのVFXの効果が抜群でした。

 聞くところによると、歌唱は俳優の演技と一緒に録音されたそうです。録音に使ったマイクはCGで消したとのことです。それにより、映画と観客の距離が一気に近くなり、映画ではあるがノンストップでやり直しのきかない舞台の雰囲気も再現することができております。したがって、ジャックマン、ラッセル・クロウ(シャベール役)、アン・ハサウェイ(ファンテーヌ役)、セイフライド、エディ・レッドメイソン(マリウス役)等、ヴォイストレーニングを積んだ歌唱力のある俳優を起用しております。私にとっては、ジャックマンは「リアル・スティール」での元ボクサー役が忘れられないし、レッドメイソンは「マリリン 7日間の恋」の若者役を思い出します。

 原作は、言うまでもありませんが、仏国文豪ヴィクトル・ユゴーの小説「Les Miserables(邦題:ああ無情)」です。本源作を27年前にロンドンでミュージカル劇に仕立てたキャメロン・マッキントッシュが本作製作に加わり、「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパーが監督をしています。英国の映画です。

  • リアリティ すべてに勝る 感動を

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

最近観た映画(2012年12月#5:砂漠でサーモン・フィッシング)

 私の見立てですが、実にユニークで秀逸な作品でした。英国BBCの製作ということで、英国流ユーモアにあふれていますが、厳密なサイエンスの裏付けらしい議論もあったりして、実に多彩で意味深長な映画でした。

 しかし、メインラインは家庭、夫婦生活、恋愛等の物語でもあります。それに、政治的なことも絡めるのも英国流と思えます。首相、広報官、外務大臣達が登場しますし、さらにアフガニスタンでの戦争、アラブ諸国との外交関係等が背景に織り込んであります。また、サーモン・フィッシング(鮭釣り)の愛好家が2百万人もいることを政治的に利用しようとしたり、また彼らが天然鮭の国外持出しに反対したりと、ややドタバタでもあります。

 ストーリーは実に荒唐無稽です。サーモン・フィッシングが好きで、スコットランドにも城を所有するイエメンの大富豪(アマール・ワケド)が、5千万ポンド(約68億円)を出してイエメンでサーモン・フィッシングをできる場所を作るというのです。自分の名前が付けられたベイト(疑似餌)があるジョーンズ博士(ユアン・マグレガー)と富豪の資産管理をするハリエット(エミリー・ブラント)が組んで、火星に人を送り込むことと同様に理論的には可能なこのプロジェクトに取り組むことになります。

 ジョーンズ博士はキャリア外交官の妻との関係に悩み、ハリエットは恋人の軍人がアフガニスタンに派遣され行方不明になってしまいます。二人の関係はパートナーとして活動を続ける内に、必然的に変貌していきます。

 2007年に英国でベストセラーとなったポール・トーディの小説「イエメンで鮭釣りを(Salmon Fishing in the Yemen)」を、「フル・モンティ」や「スラムドッグ$ミリオネア」を担当したサイモン・ビューフォイが脚色し、スウェーデン出身のラッセ・ハルストレムが監督しました。原題は小説と同じですが、日本ではイエメンは余りなじみがないと思ったのでしょうか、邦題では変更されています。

  • ユーモアに あふれる流れ サーモンと

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »