« 最近観た映画(2013年1月#5:駆ける少年) | トップページ | 最近観た映画(2013年2月#2:マリーゴールド・ホテルで会いましょう) »

2013年1月18日 (金)

最近観た映画(2013年1月#12:TED テッド)

 この映画で最も多く口から発せられた4文字英単語(four letter word)は何だったと思われますか。それは"fart"だったと思います。ずばり「おなら」、「屁(へ)」という意味です。今米国ではこの言葉を使った下ネタがよく使われているのでしょうか。下腹が張って、つまりおなかにガスが溜まって困っている人が沢山いるということでしょうか。昔から米国のドラッグストアではガス防止用(anti-gas)の薬を結構売っていましたね。

 久々に米国的にハレンチ(破廉恥)でドタバタなコメディを観ることができました。とてもエッチで、下ネタ満載でした。でもどこかに真剣な愛情もあったりして、ほのぼのとした感情もわきました。筆者は1980年代に流行った学園ハレンチ・ドタバタ映画が好きだったことを思い出して、とても懐かしく感じました。その頃の米国の大学では、よくストリーキング(裸で外を走ること)をやっていました。

 本作では、主人公を大人になれない35歳のジョン・ベネット(マーク・ウォールバーグ)としていることから、学生気分がまだ抜けないこともテーマにしているようです。幼いジョンのクリスマスの願いにより命を吹き込まれたテディベアーのテッドが、ジョンと27年間付き合った末にキャラがオヤジになっているところが新鮮です。なぜかジョンには一流企業に勤める浅黒美人の恋人ロリー・コリンズ(ミラ・クニス)がおります。ロリーのアパートにジョンもテッドも同居しているのが、これまた面白い設定です。二人とぬいぐるみ、3者のすれ違いがドタバタコメディとして描かれています。

 それでも、どうしても最後は米国流ハッピーエンドになります。プロローグとエピローグがおとぎ話風なのが、またイカしてる感じでした。しかし、ロリーのしつこい上司がガスが溜まりすぎて爆発して死んだというから、エピローグまでバカバカしいのでした。1時間と46分間よく笑えました。監督、脚本、製作、そしてテッドの声までも担当しているのが、全米で有名なセス・マクファーレンです。彼は、来る2月24日に開催予定の第85回米国アカデミー賞授賞式では司会(MC)を務めることになっているそうです。

  • 下ネタの とどまるを知らず 爆発す

|

« 最近観た映画(2013年1月#5:駆ける少年) | トップページ | 最近観た映画(2013年2月#2:マリーゴールド・ホテルで会いましょう) »

映画・テレビ(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/48843409

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画(2013年1月#12:TED テッド):

« 最近観た映画(2013年1月#5:駆ける少年) | トップページ | 最近観た映画(2013年2月#2:マリーゴールド・ホテルで会いましょう) »