« 2月後半(16日~28日)に観た劇場映画 | トップページ | 今週(3月16日~22日)観た劇場映画 »

2014年3月15日 (土)

3月前半(1日~15日)に観た劇場映画

3月前半(1日~15日)は、頑張って17本の劇場映画を鑑賞しました。

・ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
・旅路
★赤×ピンク ⇒桜庭一樹著のライトノベルを映画化 若い女性俳優陣が格闘技アクションやセックスのシーンに体当たりで挑戦 
・ラブレース
★劇場版 仮面ティーチャー ⇒マンガが原作でテレビドラマ化された空手アクションものを映画化 主演の「Kis-My-Ft2」藤ヶ谷太輔を目当てに来場する女性陣も多そう

★グロリアの青春(西・チリ) ⇒夫と離婚し子供を育て上げたキャリア・ウーマンが熟年の恋に翻弄される話
・光にふれる(台・香・中)
★ダラス・バイヤーズクラブ ⇒HIV陽性になったロデオ・カウボーイが米国FDA未認可薬を求めて戦い、仲間にもクラブ会費を払えば薬が無料で提供される仕組みを提供 21kg減量した「MUD-マッド-」のマシュー・マコノヒーがアカデミー賞主演男優賞を、オカマ役のジャレッド・レトが助演男優賞をそれぞれ受賞
★東京難民 ⇒親の仕送りが止まって、アッという間にホームレスになる若者の姿を描く ネットカフェ難民、治験のアルバイト、過酷なホストクラブ等々、さもありえそうなシーンが続く
★それでも夜は明ける(米・英) ⇒原題"12 Yeas a Slave"のとおり、ワシントンD.C.の自由黒人が騙されて12年間南部で奴隷生活を送った実話を基にした作品 アカデミー賞作品賞受賞だが、黒人映画としては昨年の「ジャンゴ 繋がれざる者」の方が面白い

・家族の灯り
・愛の渦
★銀の匙 Silver Spoon ⇒マンガが原作で、札幌の進学校の落ちこぼれが全寮制の農業高校に進学して経験する愛と笑いと涙の物語 帯広畜産大学が全面的に協力している模様
・バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
・マンガで世界を変えようとした男(英・米)

★コーヒーをめぐる冒険(独) ⇒ベルリンの学生が朝のコーヒーを飲み損なったことから始まるトホホな一日 原題は"Oh Boy"(仮訳「何と」)だから相当な意訳
・シネマパラダイス ピョンヤン(シンガポール)

(注)★はお薦め、製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 2月後半(16日~28日)に観た劇場映画 | トップページ | 今週(3月16日~22日)観た劇場映画 »

映画・テレビ(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/55426420

この記事へのトラックバック一覧です: 3月前半(1日~15日)に観た劇場映画:

« 2月後半(16日~28日)に観た劇場映画 | トップページ | 今週(3月16日~22日)観た劇場映画 »