« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月前半(1日~15日)に観た劇場映画 »

2014年11月30日 (日)

11月後半(16日~30日)に観た劇場映画

11月後半(16日~30日)は、12本の劇場映画を観ました。プロモーションが行き過ぎている作品もありました。

★グレース・オブ・モナコ 公妃の切札(仏) ⇒21時頃麻布十番でのNY同窓会から解放され、歩いて六本木のレイトショーに向かう 周りの評判から余り期待していなかったが、米国の一女優が見せた小国を救う意地に感動 ラストのグレース公妃のスピーチが最大の見せ場
・やさしい人(仏)
・紙の月
・100歳の華麗なる冒険(瑞)
▼ゴッド・タン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ ⇒テレビが好きで、お笑い番組が好きであれば…

・トワイライト ささらさや
▼インターステラー ⇒宇宙物が好きであれば…(鑑賞中長野県白馬村の地震があり、映画の演出かと思った)
★福福荘の福ちゃん ⇒やや下品なコメディとして充分楽しめた 建設業ブルーワーカーの何となく温かい友情・生活・人生も感じられた 森三中の大島美幸が坊主頭の男性左官屋を好演 
★オオカミは嘘をつく(イスラエル) ⇒拷問・リンチのシーンは観辛かったが、先の読めないストーリーは秀逸 日本映画が大好きで、沢山勉強したというイスラエルの監督が脚本も担当し製作 クエンティン・タランティーノ監督が絶賛
・祝宴!シェフ(台)

・馬々と人間たち(アイスランド)
★0.5ミリ ⇒介護、老人、高齢化、家族崩壊等々、日本の地方(高知県)での課題を真剣に、しかし充分コミカルに描いている 3時間20分近い長尺なため、当方の忍耐力が続かず、やや中だるみしたのが残念 安藤姉妹の姉桃子が脚本・監督を担当し、妹サクラが主演

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月前半(1日~15日)に観た劇場映画 »

映画・テレビ(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/58046642

この記事へのトラックバック一覧です: 11月後半(16日~30日)に観た劇場映画:

« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月前半(1日~15日)に観た劇場映画 »