« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の3件の記事

2014年12月29日 (月)

12月第4週(22日~29日)に観た劇場映画

12月第4週(22日~29日)は、11本の劇場映画を観ました。これで本年は打上げとします。年間の劇場映画鑑賞数は284本になりました。

・天空からの招待状(台)
▼ダグアウトの向こう-今を生きるということ。 ⇒横浜DeNAベイスターズの2014年シーズン公式ドキュメンタリーで、リアルな公式戦とその裏側を記録 中畑監督、三浦大輔投手、黒羽根捕手、グリエル内野手、筒香内野手、梶谷外野手等がリアルなプレーとインタビューで出演し、ベイスターズ・ファンにはたまらない作品
★幸せのありか(ポーランド) ⇒脳性マヒと診断された男の子が青年になるまでを描く 父親、母親、兄、姉、知的障害者施設の職員達との交わりをクールに描写 最後には、主人公マテウシュは普通の知性を持っており、コミュニケーションができることが判明 一言も台詞を発せずにマテウシュを演じ切ったダヴィド・オグロドニクに感動 施設で気持ちを通い合わせた看護師マグダ(カタジナ・ザヴァツカ)がスカーレット・ヨハンソン似
▼トゥルー・ロマンス ⇒1994年の作品を20年後にディジタル・リマスター版で再上映 監督デビュー前のクエンティン・タランティーノが執筆した脚本で、トニー・スコットが監督したバイオレンス・ロマンス作品(ハッピー・エンド)
・バンクーバーの朝日

▼バッド・マイロ ⇒過激な下ネタ・コメディ 一応はホラー作品でもある
▼毛皮のビーナス(仏・ポーランド) ⇒ロマン・ポランスキー監督がザッヘル(ザッハー)=マゾッホ(マゾの語源らしい)の小説を基に製作した戯曲作品 登場人物二人だけの舞台がお好きであれば
★サンバ(仏) ⇒フランスの移民に係わる様々な課題とホワイトカラー労働者の燃え尽き症候群をベースに、人種を越えたロマンスを少々エロティクに、喜劇的に描く 何年か後の日本の情況を観ているような気もした 「最強のふたり」のオマール・シーと「ニンフォマニアック」のシャルロット・ゲンズブールが熱演
▼海月姫 ⇒冒頭そして随所に現れるクラゲ(海月)の映像が美しい 最後はファッション・ショーになり、北川景子と向井理が共演した「パラダイス・キス」を思い出した
・マップ・トゥ・ザ・スターズ

▼百円の恋 ⇒いわゆる負け犬が女子ボクシングに目覚める 安藤サクラのガッツはなかなかのもの

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

12月第3週(16日~21日)に観た劇場映画

12月第3週(16日~21日)は、5本の劇場映画を観ました。年末始に映画鑑賞を考えている方に少しでも参考になるかと思い、短い期間でアップします。

▼ザ・レイド GOKUDO(インドネシア) ⇒最近話題になっているインドネシアの映画は格闘技アクションが凄い 日本の俳優達も出演しているが、アクションはすべてインドネシア俳優が担当
・自由が丘にて(韓)
▼チェイス!(印) ⇒米国カナダで撮影したボリウッド映画 ストーリーは平凡だが、格闘技アクション、単車チェイスアクション、インド・サーカス、唄と踊り等々、インド映画の特長満載で2時間半を飽きさせなかった
★ゴーン・ガール ⇒原作と脚本が秀逸なのだろう 2時間半近い長尺だが、ハラハラしながら最後まで観てしまった 夫婦生活や人生はすべて夢・幻という言葉を思い出した 陪審員制度の米国では、メディア戦術による世論形成が重要なことを改めて認識 米国では、嘘で固めても無罪を勝ち取った例もよく見られる 「ソーシャル・ネットワーク」と「ドラゴン・タトゥーの女」と同様に、デビッド・フィンチャー監督独特の編集やカメラワークに感心
▼あと1センチの恋(独・英) ⇒全く韓流青春ラブストーリーのようだと思った 溢れる熱情を抑えるとこうなるのかと想像したが、現実と合っているのだろうか

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

12月前半(1日~15日)に観た劇場映画

12月前半(1日~15日)は、14本の劇場映画を観ました。明日は劇場に行くのは無理なので、一日早くアップします。一言言いたい作品が多く、▼が増えました。

★西遊記~はじまりのはじまり~(中) ⇒VFXを駆使して、全く新しい西遊記を創り上げた 冒頭の川を使った水上・水中アクションが印象的
▼6才のボクが、大人になるまで。 ⇒主人公の少年等主要キャストを変えずに12年間を使って撮影 6歳の少年が成長してだんだん暗い感じの青年になったのが残念
★天才スピヴェット(仏・加) ⇒目が疲れるから私の嫌いな3D作品でしたが、ファンタジー溢れる作品で、童心に還って楽しめた フランスのジャン=ピエール・ジュネ監督の作品だが、3年前に話題になったマーティン・スコセッシ監督の作品「ヒューゴの不思議な発明」を思い出した
・ショート・ターム
★花宵道中 ⇒ニップルを露出し熱演した安達祐美を評価 終盤の渕上泰史との濡れ場は激しく、発する声はいかにもリアルで、吸われたニップルが伸びて縮む瞬間に感動

▼滝を見にいく ⇒妙高高原でのみ撮影した低予算作品でもここまで…
▼欲動 ⇒今話題の斎藤工が出演
・デビルズ・ノット
▼寄生獣 ⇒それなりに面白かったが、最初から連作と決まっていたらしく、続編にクライマックスを持って行くような感じ
▼フューリー ⇒戦争の悲惨さ、何でもありの実態は良く分かった 戦車戦のリアルさも評価できる

・ストックホルムでワルツを(瑞)
・禁忌
★イロイロ ぬくもりの記憶(シンガポール) ⇒シンガポールにおける共働きの普通の家庭がどのようなものか良く分かった 失業問題、荒れた子供達、株・不動産の相場変動、宝くじに賭ける一攫千金等、日本と共通点が多いが、国が小さいから余計大変だろう
▼水の声を聞く ⇒新興宗教ビジネスの裏側をうまく描いている ただし、韓国済州島の文化を持ち出したのはいかがなものか

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »