« 1月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 »

2015年1月31日 (土)

1月後半(16日~31日)に観た劇場映画

1月後半(16日~31日)は、14本の劇場映画を観ました。最近は映画館が結構混んでいます。

▼ST 赤と白の捜査ファイル ⇒結構凝った刑事物 藤原竜也のいかり肩を観ていると、こちらの肩も凝った
★みんなのアムステルダム国立美術館へ(蘭) ⇒改装のため10年間も閉鎖され、2013年に再開されたアムステルダム国立美術館のドキュメンタリー 中央を貫く自転車通路の扱いについて館長・建築事務所側と市民側の論争が遅延の原因(話合いに時間がかかる民主主義の課題?) 日本の荒廃した山門(三門)から金剛仁王像(「阿(あ)形」と「吽(うん)形」)が持ち込まれたらしい 一度訪れたくなる
▼ナショナル・ギャラリー 英国の至宝(仏・米) ⇒英国の至宝を集め、無料で公開している英国国立美術館の活動を紹介 美術が専門の方には堪らないだろうが、この内容で3時間はつらかった 前席に頭の高い男性がいて30秒毎に頭を左右に揺らすのに閉口
★神様はバリにいる ⇒プライベートでも仲がいいらしい堤真一と尾野真千子の漫才風掛合いが面白い 全編底抜けに明るいので元気をもらえる
・ワンダフルワールドエンド

・ジミー、野を駆ける伝説(英)
★さよなら歌舞伎町 ⇒ほぼ毎日訪れているような新宿歌舞伎町・靖国通りあたりのラブホテルの話 染谷将太と前田敦子を中心にいくつかのストーリーが こういうのをグランドホテル形式あるいは群像劇というらしい
▼スパイ・レジェンド ⇒元007ジェームズ・ボンド役だったピアーズ・ブロズナンが主演 スパイ作品は手慣れたものか 私の好みのオルガ・キュリレンコも出演
・シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(ニュージーランド)
▼シン・シティ 復讐の女神 ⇒ほぼ全編白黒のハードボイルドなアクション映画 最近のCMのように時々一部カラーの映像が混じる ミッキー・ロークの存在感が凄い 凄惨な場面も白黒なので劇画的

★KANO 1931海の向こうの甲子園(台) ⇒1931年(昭和6年)に日本統治下の台湾から甲子園の野球大会に初出場し、準優勝で旋風を巻き起こした嘉義農林学校(嘉農 KANO)の実話 飽きは来なかったが3時間超は長い なぜ台湾が日本といい意味での精神論を一部共有しているのかが少し分かる
▼ジョーカー・ゲーム ⇒日本風007を目指したのは理解できた 監督があの「SR サイタマノラッパー」シリーズを製作した入江悠であったことに少々驚いた
★WILD CARD ワイルドカード ⇒ジェイソン・ステイサムのアクションはキレがいい ラスベガスの便利屋兼探偵風な仕事もしている用心棒稼業のニック・ワイルド(ジェイソン・ステイサム)がいつもどおり大暴れ
★映画 深夜食堂 ⇒新宿ゴールデン街風の場所にある深夜24時から朝まで営業する食堂に集う、訳有りな人々の群像劇 新宿の靖国通り沿いの映像が、冒頭の青梅街道から大ガードをくぐり繁華街に入る映像を含め何度か いつも横を通る「クスリの龍生堂」ビルが気になった  

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 1月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 »

映画・テレビ(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/58619197

この記事へのトラックバック一覧です: 1月後半(16日~31日)に観た劇場映画:

« 1月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 »