« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2015年11月30日 (月)

11月後半(16日~30日)に観た劇場映画

11月後半(16日~30日)は、14本の劇場映画を観ました。最近は映画ブームで、とにかく封切作品数が多く、選んで観るのが大変です。

・ヴィジット ⇒それなりに恐ろしそうだったが、気合が続かず… 手持ちカメラの映像は「死霊高校」を思い出した 原題も"The Visit"
・白い沈黙(加) ⇒日本では珍しいカナダのサスペンス・ミステリー作品 オンタリオ州の、雪が積もった白い世界での映像が続く 原題は"The Captive"で、「捕われし者(少女)」か
▼アクトレス ~女たちの舞台~(仏・スイス・独) ⇒若い時にいい演出家に出会い大女優になるが、時とともに野性味が消え配役が変わっていく中で、有能なアシスタントとともに芸を究めようとする姿を描く いかにもそんな感じなんだろうなと思わせるところが凄い 原題はロケが行われた、マローヤのヘビ現象も観られる、スイス東南部の静かな村名"Sils Maria"(シルス・マリア)
・ムーン・ウォーカーズ(仏・ベルギー) ⇒アポロ11号の月面着陸はフェイク(虚構)という都市伝説をフランス流にコメディにするとこんな感じか 原題も"Moonwalkers"
▼午後3時の女たち ⇒子供のいる中年夫婦が倦怠期を迎えるとどうなるかがよく描けている 日本も米国も余り変わりがないか 「雨降って地固まる」でハッピーエンド 原題はずばり"Afternoon Delight"(「昼下がりの楽しみ・情事」か)

・メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮 ⇒いわゆるメイズ(迷路)の中ではないのに、若者達がとにかく走り回るのには若干違和感 やはり続編は前編を上回らないか 原題は、"Maze Runner: The Scorch Trials"、翻訳すると「メイズ・ランナー:灼熱のテスト」か
★Re:LIFE リライフ ⇒ヒュー・グラントが、一度はアカデミー脚本賞を受賞するほどだったが、すぐに売れなくなった脚本家を好演 生活のために米国ニューヨーク州のビンガムトン大学で脚本を教える教授に就任し、いろいろな騒動を引き起こすコメディ 小生が通ったコーネル大のあったイサカから近い都会がビンガムトンなので懐かしく★を付けた 原題は"The Rewrite"(「リライト・書直し」)
・マルガリータで乾杯を(印) ⇒インド映画らしからぬ作品 とてもシリアスな内容だが、主人公の女優の明るい演技が救い
★エベレスト3D(米・英) ⇒こんな映像をどうやって撮ったのかと思うシーンが連続 小生の眼が疲れる3D作品だったので少々出遅れたが、小生も持っている3Dメガネによるマイルドな(極端に映像が飛び出さない)映像だったので助かった
・FOUJITA(日・仏) ⇒映像は美しいが、断片的なシーンの連続で余り解説的ではない 藤田嗣治は2人の仏人女性と結婚・離婚した後、日本で君代という女性と再婚し再渡仏して亡くなるまで添い遂げた やはり日本女性がいいのか 初の日仏合作映画らしい

・シネマの天使 ⇒広島県福山市で122年続いた唯一の映画館シネフク大黒座が閉館するに当たって、従業員や観客、街の人々の感傷を描く 閉館し解体される本物映画館を使った半分ドキュメンタリーのような作品 銀座シネパトスの閉館(2013年3月)に当たって製作された映画「インターミッション」を思い出した また最近亡くなった阿藤快が映写技師として出演
▼ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)(ハンガリー・独・スウェーデン) ⇒珍しいハンガリーからの映画 さらに珍しく、冒頭からブタペストの街を250匹の犬たちが走り回る実写シーン よくこんなにも多数の犬たちに迫真の演技をさせたものだ 冒頭の自転車の少女を犬が追って走るシーンに向かって、改めてストーリーが進む 原題はハンガリー語でホワイト・ゴッドの意の"Feher Isten"
▼俺物語!! ⇒原作が少女漫画だが、その馬鹿馬鹿しさは際立っている 気は優しくて力持ちだが、気の利かない猛者の恋のすれ違いを描く ただただ観ていて楽しい
・ミケランジェロ・プロジェクト ⇒こんな実話が過酷な戦争の裏で進んでいたなんて 一応戦争映画なのだが、やや迫力不足 原題は美術品奪還チームの名称の"The Monuments Men"

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画・テレビ(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/62545505

この記事へのトラックバック一覧です: 11月後半(16日~30日)に観た劇場映画:

« 11月前半(1日~15日)に観た劇場映画 | トップページ | 12月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »