« 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 | トップページ | 3月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2016年2月29日 (月)

2月後半(15日~29」日)に観た劇場映画

2月後半(15日~28日)は、15本の劇場映画を観ました。アカデミー賞の発表もあり、映画人気は続いているようです。

・ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります ⇒エレベーターがないが、ウイリアムズバーグ橋とマンハッタン・スカイスクレイパーの眺めがいい、ブルックリン区の5階建の最上階住宅を売りに出すとどうなるかというコメディ作品 主人公は5階まで階段で登るのが苦痛になった老夫婦と老犬 小説の原作"Heroic Measures"(邦題「眺めのいい部屋」)があり、映画の原題は"5 Flights Up"になっているが、この場合の和訳は「5階までの登り」か
▼マギー ⇒アーノルド・シュワルツネッガー初製作のゾンビ作品らしい ゾンビ化する最愛の娘とその父親(シュワルツネッガー)の愛情に重点をおいた新機軸 その娘は亡くなった先妻が産んだ長女であり、後妻とその二人の子供は避難することになる 身近に起こりそうな事柄を冷徹に扱っておりヒューマン・ドラマにもなっているし、音楽もいい 原題は"Maggie"でヒロインの娘の名前で、亡き母(先妻)が大好きなマーガレットの花からとった
・ビューティー・インサイド(韓) ⇒人は人の外見ではなく、その本質に恋し愛するという真実を、ずいぶん回りくどい方法で表現したファンタジー作品か 原題も"The Beauty Inside"
・猫なんかよんでもこない。 ⇒猫たちの演技(?)に喝采 猫の生態がよく分かった 猫を飼うのも難しいなと思った
▼ピンクとグレー ⇒冒頭に事件の映像が流されて、TVのサスペンス・ドラマのように始まったが、次に普通の青春夢物語のような展開 しかし、劇中劇のテクニックで突然場面展開し、すべての登場人物の立場が入れ替わるような感じに 行定勲監督の手腕に感動した

・SHERLOCK シャーロック 忌まわしい花嫁(英) ⇒台詞、特に主人公の台詞が速すぎて付いて行けなかった 22時からのレイトショーでアルコールも入っていたからなおさらか 原題は"Sherlock: The Abominable Bride"で邦題どおり
・メモリーズ 追憶の剣(韓) ⇒イ・ビョンホンの韓国チャンバラ映画 映像は美しかった 特に最後の殺陣のシーンで雪が降ってくるところは良く、「柘榴坂の仇討」を思い出した 韓国の若い女性は一重瞼なのかなと、変なことを思った 原題も"Memories of the Sword"
▼ザ・ガンマン(米・西・英・仏) ⇒ショーン・ペン初の超アクション作品らしい 撮影当時54歳の彼は素晴らしく体を鍛えていた 監督が「96時間」のピエール・モレルとあって、リーアム・ニーソンのアクションを彷彿とさせる場面も 舞台がアフリカ・コンゴ、英国ロンドン、スペイン・バルセロナと大展開し、最後はスペインの美しい闘牛場へ 原題も"The Gunman"
▼マンガ肉と僕 Kyoto Elegy ⇒同名の原作短編小説を映画化 京都が舞台の不思議な青春喜劇作品 京阪の出町柳駅のシーンは印象的 上映後杉野希妃監督(兼出演)と徳永えりのトークがあった 杉野監督は映画出演時より少し丸くなった印象
・X-ミッション ⇒サーフィン、モトクロス、ウイングスーツ・フライング、スノボード、フリー・クライミング等々、エクストリーム・スポーツの映像が息も付かせず次々と CGを使わず、ほとんどプロ・アスリートのスタントというのは驚き 原題は"Point Break"で、最初と最後に登場するサーフィンに関する言葉で「海岸の特定の場所で波がトンネルのように崩れること」を意味するらしい

▼キャロル ⇒米国女流作家パトリシア・ハイスミスの小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」(1952年)を映画化 1950年代のニューヨーク・シティの街、車、ファッション、レストラン等の雰囲気が充分に味わえる ルーニー・マーラがだんだん美しくなっていくのが不思議 原題も"Carol"
・火の山のマリア(グアテマラ・仏) ⇒グアテマラ発の映画でベルリン国際映画祭(2015年第65回)で初めて銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞した作品 中米火山地帯の貧しい地域の話だが、課題は世界共通と感じた 原題は"Ixcanul"だが現地語らしくグーグルでも翻訳不能 想像するに多分「火山」の意か
・創造と神秘のサグラダ・ファミリア(スイス) ⇒始まる前にローストビーフとビール・ハイボールを楽しんだため、すっかり轟沈 原題は"Sagrada: El misteri de la creacio"(カタロニア語らしい)で、和訳すると「サグラダ(「聖」という意らしい):創造の謎」
・ドラゴン・ブレイド ⇒ローマ帝国と中国・漢の時代に、中国西域で両国の軍勢が戦ったという史実に基づいた作品らしい ジャッキーチェンの作品らしからぬ、大人数のシーンが多く、砂漠での巨大軍勢同士の激突は見物 原題は「天将雄師 Dragon Blade」
▼ザ・ブリザード ⇒実話に基づく作品は印象が強烈 1970年代に米国マサチューセッツ州沖の大西洋で起きたタンカー海難事故の救出劇 米国沿岸警備隊史上最も偉大な救出劇といわれているらしい 4人の隊員が乗船した小型木製救助艇で、荒れる海の砂洲を乗り越えて約3時間の間に、前後二つに割れたタンカーの後部から32人の生存者を救ったという VFXを駆使しているのだろうが、海上の映像が素晴らしい 原題は"The Finest Hours"で、多分「神が下りた時間」的な感じか

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 | トップページ | 3月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/63990055

この記事へのトラックバック一覧です: 2月後半(15日~29」日)に観た劇場映画:

« 2月前半(1日~14日)に観た劇場映画 | トップページ | 3月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »