« 3月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2016年3月31日 (木)

3月下旬(21日~31日)に観た劇場映画

3月下旬(21日~31日)は、13本の劇場映画を観ました。年度末の緊張感の中で、映画三昧を頑張ってしまいました。

・マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章(英・米) ⇒「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」の続編 ジンクスに漏れず、一作目を超えられなかったか 007のジュディ・デンチの遺作ともなった 原題は"The Second Best Exotic Marigold Hotel"で、一作目の原題が"The Best Exotic Marigold Hotel"であったが、本作で2軒目のホテルが登場した
★僕だけがいない街 ⇒これもコミックが原作の作品 タイムトラベルを主テーマにしているのでいわゆるSFだが、母子の愛情、若者の夢、小学校でのイジメ、家庭での児童虐待等、身近な話を丁寧に描写 2006年のロケ地は千葉県船橋市、1988年のロケ地は長野県伊那市らしい 原作の子供時代の想定は、小生の故郷の近所である北海道石狩市 時々出現する北海道弁に分からないものがあった
・クーパー家の晩餐会 ⇒一言で言うと、米国版「家族はつらいよ」だった 何となく想像できる笑いは少し苦手かな 米国ては定番のクリスマス・イブの群像劇だが、今の季節と合わないのが残念 原題は"Love the Coopers"で、これは手紙の締めの言葉
▼ちはやふる -上の句- ⇒これもまたまたコミックが原作の作品 もはや日本映画はコミックなしでは成り立たないのか 「競技かるた」なるものが日本の高校ではこんなにも盛んなのか 主演の広瀬すずが可愛らしかった 「舞妓はレディ」の上白石萌音のボケもよかった 幼馴染の再会と男から女へのアプローチ(王道に戻る)も好ましい ロケ地は栃木県足利市か
・エヴェレスト 神々の山嶺 ⇒平日の2本目だったので少々疲れたかな 昨秋に観た「エベレスト3D」(米・英)のエベレストでの実写が余りに凄かったので、本作はやや割り引かれた

▼アーロと少年 ⇒ディズニーのファンタジー・アニメだが、画像は究極的に美しかった 巨大隕石が地球に衝突しなければ、恐竜たちが生き延びて、言葉を話し、耕作をしているという前提 一方で共存する人間は言葉を持たない ただ、恐竜が鼻先で畑を耕し、口で畑に散水するというのは少し無理があるような気がするが… 原題は"The Good Dinosaur"=「善き恐竜たち」か
・Mr. ホームズ 名探偵最後の事件(英・米) ⇒コナン・ドイルの小説に加えて、いろいろな派生小説、パロディ小説があることは知らなかった 本作の原作もその一つ 真田広之も出演しており、老いたシャーロック・ホームズと出会うシーンは静岡県大井川鐵道、奈良県瀞(どろ)ホテル、千葉の佐原市で実写されたらしい 原題は"Mr. Holmes"
▼ジョギング渡り鳥 ⇒渋谷のユーロスペースにある映画美学校のアクターズ・コース第1期高等科の学生たちが、講師であった鈴木卓爾監督の下で創り上げた実習作品 シナリオがなく、鈴木監督の簡単なフレームに基づき現場で創作したエチュード(即興劇)を積み重ねたものらしい したがって分かるような分からないような感覚が続いた157分間であった ロケ地は埼玉県深谷市の利根川堤防のあたりらしい 上映後脚本家/スクリプトドクターの三宅隆太氏と監督、そして出演者たちによる90分のトークショーがあり、合計247分も実験的映画製作の話に巻き込まれた
▼無伴奏 ⇒直木賞作家・小池真理子の同名の半自伝的恋愛小説を映画化 1969年の仙台が舞台で、ヒロイン野間響子(成海璃子)は高校3年生で、まさに我々ど同世代 恋愛への憧れ、学生運動、しかし受験勉強で大いに世の中が動いていた時代を映す 終結はやや唐突だが、刺激的
・インサイダーズ/内部者たち(韓) ⇒イ・ビョンホンが主演した韓国大企業と国家政府の腐敗を描く作品 いくら韓国とはいえ通常の大企業や政府で暴力やリンチがこれほど行われているとは思えない そこに違和感が残った 原題は邦題どおり"Inside Men"

・ライチ☆光クラブ ⇒元々は舞台で上演され、それがアニメになり、最後に実写映画化されたマニアックなダーク・ファンタジー そう言えば舞台のようなセットがあった
▼これが私の人生設計(伊) ⇒成功した独身中年の女性建築家が故郷のイタリアに舞い戻り、いろいろな出来事を引き起こすという超楽天的なイタリア・コメディ 失敗しようと、行き詰ろうと、叩かれようと前向きに生きる姿に勇気付けられる 原題は"Scusate se esisto!"、イタリア語なのでグーグルで翻訳すると「申し訳ありませんが、私が存在する場合!」らしい
・ロパートキナ 孤高の白鳥(仏) ⇒ロシアのマリインスキー・バレエでプリンシパルを務めるウリヤーナ・ロパートキナの素顔を追ったドキュメンタリー映画 数多くのバレエ舞台シーンは美しかった 彼女は今領土問題になっているクリミア半島出身らしい 「Maiko ふたたびの白鳥」(ノルウェー)を観て感動したので、本作にもトライ 原題は"Ulyana Lopatkina: A Russian Star"=「ウリヤーナ・ロパートキナ: ロシアのスター」

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 3月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/64649348

この記事へのトラックバック一覧です: 3月下旬(21日~31日)に観た劇場映画:

« 3月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »