« 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 5月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2016年4月30日 (土)

4月下旬(21日~30日)に観た劇場映画

4月下旬(21日~30日)は、11本の劇場映画を観ました。ゴールデンウィークに向けて一気に封切り作品が増えました。

・砂上の法廷 ⇒キアヌ・リーブズ主演の法廷ミステリー作品 父親殺人の容疑者とされる息子が終盤に告白するまでの盛上げが見所
▼蜜のあわれ ⇒室生犀星晩年の幻想小説を石井岳龍監督が耽美な映像に仕上げている 17歳の時に原作を読んで以来、映画化された時は主演したいと二階堂ふみは考えていらたらしい
・あいつだ(韓) ⇒釜山で発生した殺人事件を基に映画化 未来の死を予見できる謎の女が登場し、猟奇殺人事件が姿を現す 英語原題は"Fatal Intuition"ですが、私が和訳すると「死の直観」でしょうか
▼モヒカン故郷に帰る ⇒「キツツキと雨」「横道世之介」の沖田修一監督がオリジナル脚本で描くホームコメディ 主人公に「舟を編む」の松田龍平、その恋人に「もらとりあむタマ子」の前田敦子、そしてその父親に柄本明を配し、なかなかいい出来具合 舞台は瀬戸内海の架空の島、主人公の故郷戸鼻島に設定(ロケは広島県の島々か)
・SHARING ⇒デジャブーあり、予知能力あり、ドッペルゲンガ-ありで、また不条理劇のようでもあり、なかなか解釈が難しかった 3・11前後の、人々のこうしていたらという思いが詰まったような作品

・さざなみ(英) ⇒原題は"45 Years"で、結婚45周年パーティを週末に控えた夫婦の間に起きた小さな行き違いを描く ハッピーエンドだが、結婚前の過去の話にそんなに拘る必要があるのだろうか
・アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち(英) ⇒ナチスドイツの下で、ユダヤ人虐殺を実行した責任者アドルフ・アイヒマン(元ナチス親衛隊将校)は、1960年にイスラエル諜報機関モサドによりアルゼンチンの首都ブエノスアイレス市内で発見・身柄確保された 翌1961年にエルサレムでアイヒマンの裁判が行われるが、その模様を撮影し、世界中でテレビ放映を実現させたテレビマン達の活躍を描く 裁判中表情を一つも変えないアイヒマンがやはり異常 原題も"The Eichmann Show"
・フィフス・ウェイブ ⇒地球外生物による地球侵略を描くSFサスペンス VFXを駆使した映像は凄いが ストーリーが今一つつながりが弱いか 原題もそのまま"The 5th Wave"
・テラフォーマーズ ⇒同名の大ヒット・コミックを三池崇史監督が映画化 アイスランドでロケをしたという荒涼たる風景、昆虫に扮した独特のメイク、そして駆使されたVFX等、大作映画の魅力に溢れる しかし、錚々たる出演者たちはすべて昆虫達に変身するので、全員スーツアクターのようになり、誰が誰だが分からなくなるのが難点 火星に巨大な人間風ゴキブリが無限に存在するのが恐ろしい
・ちはやふる-下の句- ⇒この作品も前・後編の壁を超えられなかったかなという感じ 前編は動きも多かったし、子供時代からの思い出があり、競技かるた部創部から東京都大会優勝までのストーリーが秀逸だった

・あやしい彼女 ⇒昨年ヒットした韓国映画「怪しい彼女」のリメーク 一日4本目の映画だったので目がショボショボ 倍賞美津子と多部未華子の熱演がファンタジーヒューマンドラマに華を添える ラストシーンも印象的

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 5月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/65123600

この記事へのトラックバック一覧です: 4月下旬(21日~30日)に観た劇場映画:

« 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 5月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »