« 5月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 6月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2016年5月31日 (火)

5月下旬(21日~31日)に観た劇場映画

5月下旬(21日~31日)は、10本の劇場映画を観ました。少しヒネリを効かせた、変わっていて面白い作品が多かったように思います。

▼追撃者 ⇒巷の評判は余り芳しくないが、砂漠サスペンス作品として筆者には面白かった マイケル・ダグラスが富豪ビジネスマンのとても嫌な奴を熱演し、まるで「ウォール街」のゲッコーのよう 沙漠での人間狩りの合間に、そこでの暮しが少し垣間見られた 原題は"Beyond the Reach"で、翻訳すると「未踏の地」、舞台となった米国南西部のモハーベ沙漠を指すものと思われる
・園子温という生きもの ⇒大島渚監督の次男・新監督が撮った、園子温に関するドキュメンタリー 上映前のトークショーで園と大島の両監督本人が登場 園夫人の神楽坂恵も観客席から飛入り 園監督はやはり河瀬直美と是枝裕和の両監督を意識していた
・ファブリックの女王(フィンランド) ⇒マリメッコの女性創業者アルミ・ラティアの伝記ドラマ マリメッコがフィンラド発とは知らなかった 劇中劇を使った凝った構成 原題は"Armi elaa!"(フィンランド語)="Armi live!"(英語)
・君がくれたグッドライフ(独) ⇒不治の病に侵されたドイツ青年が、尊厳死の許されているベルギーへ仲間とともに自転車旅行として向かう話 盛り上げ方は上手だが、死に近いALS患者がドイツからベルギーまで自転車で走るのは少し無理筋か 原題は"Hin und weg"(独語)=「そこへ往こう」か
・シビル・ウォー キャプテン・アメリカ ⇒超人が10数人も登場するし、また彼ら・彼女らが二派に分かれて戦うので、何が何やら ここでもDCコミックスとマーベル・コミックの競争か 原題は、邦題とフレーズの順序が逆だが、"Captain America: Civil War"

▼素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(蘭) ⇒こんな商売が本当にあったら面白いだろうなと思わせるファンタジーもの 尊厳死が認められている製作国オランダそして本作舞台のベルギーらしい作品 観客の目を少しずつ裏切る設定も面白い 原題は"De Surprise"(蘭語)="The Surprise"(英語)
★海よりもまだ深く ⇒是枝裕和監督の作品の中では、本作が一番好ましく感じた 樹木希林が醸し出す、コミカルだが真剣なペーソスに感動 タイトルは、作品中にラジオのリクエスト番組として流されるが、ヒットした女性歌手の唄の歌詞の一節 団地のロケは、筆者の自宅に近い、清瀬市の旭ヶ丘団地にて行われたようだ 西武池袋線の電車や志木街道の風景も登場
・神様メール(ベルギー・仏・ルクセンブルグ) ⇒原題は"Le tout nouveau testament"(仏語)=The Brand New Testament"(英語)=「完全新版聖書」 原題にあるように本作は聖書のパロディ アダムとイブの話から始まった
▼ヒメアノール ⇒人気コミックが原作 冒頭は若者のラブ・コメディで始まるが、高校時代のイジメの話が絡まり、次々と人を殺す殺人鬼サスペンスものに転換 その変化が面白いが、終盤の観客を巻込む恐怖感も一流 ヒメノアールとはトカゲの一種らしい
・オオカミ少女と黒王子 ⇒人気少女コミックの映画化 二階堂ふみと山崎賢人が共演 渋谷のパルコ前での出会いから、二人の契約関係がユニーク 高校のロケでは東福岡を使い、江の島や神戸市の南京町でもロケ

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 5月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 6月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/65624757

この記事へのトラックバック一覧です: 5月下旬(21日~31日)に観た劇場映画:

« 5月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 6月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »