« 6月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 7月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

2016年6月30日 (木)

6月下旬(21日~30日)に観た劇場映画

6月下旬(21日~30日)は、13本の劇場映画を観ました。ホラーやドキュメンタリーが多かったように思います。寝不足で緊張が続かなったこともありました。

▼貞子vs伽椰子 ⇒ストーリーはないに等しいが、やはり身の毛がよだち、だんだん寒気がしてきた 映像と音は凄い
・10 クローバーフィールド・レーン ⇒密室劇だったが、実は地球外生命体による地球侵略の話でもあった 最後にヒロインが一人で戦ったのがアクションらしいアクション 原題の"10 Cloverfield Lane"は米国の通りを基準とした番地住所
・ラザロ・エフェクト ⇒死者の蘇生+超能力+密室劇だった ヒロインが繰返し観る夢が一種の鍵になっている 原題も"The Lazarus Effect"
・葛城事件 ⇒全く緊張が続かなかった
・教授のおかしな妄想殺人 ⇒ウッディ・アレン監督の哲学論議は面白かった しかし、途中からなぜそうなるのか、付いて行けなくなった 原題が"Irrational Man"=「不合理な男」だから仕方がないか

・レジェンド 狂気の美学(英・仏) ⇒1960年代にロンドンに実在した双子のギャングの再映画化 トム・ハーディが一人二役をこなした 原題も"Legend"だが、こういうものを「伝説」にしてはいけないかな
・シチズンフォー スノーデンの暴露(米・独) ⇒テーマは重々しく衝撃的だが、やや話が単調で付いて行けなかった シチズンフォーはエドワード・スノーデンのハンドル・ネーム 原題も"Citizenfour"
▼シリア・モナムール(シリア・仏) ⇒アラブの春以降のシリアの内戦の悲惨さを伝えている 1001人が撮影した映像をつないでいる シリア国内にとどまり映像を送ってくれたクルド人女性は今どうなっているのだろうか またこのような情況下でもインターネット通信が可能なのか 原題は"Ma'a al-Fidda"で「銀の水」という意味らしい
・THE WAVE/ザ・ウェイブ(ノルウェー) ⇒久々のノルウェー作品 フィヨルドでも津波が起きることを初めて知った VFXも使ってうまくまとめている 原題は"Bolgen"(ノルウェー語)="The Wave"
▼二重生活 ⇒小池真理子原作小説の映画化2本目 とても哲学的なところに感心 人の生きる意味を問う 誰しも何となく、惰性で生きている 「無伴奏」と同じように、予想外の人が命を絶つ

▼ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(英) ⇒これも実話なのか 1945年5月8日の欧州戦勝記念日に、当時の二人の英国王女エリザベス(現女王)とマーガレットがバッキンガム宮殿を出て、リッツ・ホテル、トラファルガー広場、カーゾン・クラブ、ソーホー、チェルシー兵舎等を回る その間に庶民の意見・生活を知る 原題は"A Royal Night Out"
▼嫌な女 ⇒黒木瞳監督なので、正直余り期待していなかったが、立派なドラマになっていた 桂望実の同名原作小説が面白いのだろうが、吉田羊・木村佳乃両者ともキャラクターをよく表現し、熱演 黒木瞳はNHKのドラマで本作を主演したらしい
・WE ARE YOUR FRIENDS(米・仏・英) ⇒エレクトロ・ダンス・ミュージック(EDM)というジャンルがあって、そのDJが、特にフェスティバルで鍵になる人々で、稼ぎも高額だということは知らなかった 原題も"We Are Your Friends"

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 6月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 7月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »

映画(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/66215198

この記事へのトラックバック一覧です: 6月下旬(21日~30日)に観た劇場映画:

« 6月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 | トップページ | 7月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 »