« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の3件の記事

2016年11月30日 (水)

11月下旬(21日~30日)に観た劇場映画

11月下旬(21日~30日)は、8本の劇場映画を観ました。一工夫された作品が多いと思います。

・彷徨える河(コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン) ⇒コロンビアの作品を初めて観た アマゾンは未知の薬草の宝庫と聞いている 最初は事実に基づく真面目な話だと思っていたら、だんだんずっこけてきて未開人(未知)との遭遇の話的になった 原題は"El abrazo de la serpiente"(西)="The snake embrace"=「ヘビの抱擁」で、確かそんな場面もあったな
・92歳のパリジェンヌ(仏) ⇒自分自身の死をどう迎えるかという大事な話 こういうことについて親子の話があるのはいい 原題の"La derniere lecon"(仏)="The Last Lesson"=「最後のレッスン」の方が分かりいいかも
▼ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ⇒「ハリー・ポッター」シリーズの後継らしいが、舞台はニューヨークシティへ ディズニーらしく大金をかけたVFXは素晴らしく、それだけを観ていてもいい ただエディ・レッドメインをこの役で使うのは少々もったいないかな(ギャラはいいのだろうが) 原題は"Fantastic Beasts and Where to Find Them"=「ファンタスティック・ビースト(素敵な野獣)とその在処」
▼母の残像(ノルウェー・仏・デンマーク・米) ⇒男の子にとって母はいかに身近で、大事で、偉大で、侵しがたい存在であるかがよく分かる 生身の大人にはいろいろ裏表があって、男の子はそういう知識を得ながら乳離れして行くのだろう 原題は"Louder Than Bombs"=「爆弾より大音量」だが、確か死んだ母は戦場カメラウーマンだった
▼小さな園の大きな奇跡(香・中) ⇒とても明るく前向きな作品で、時々子供たちに泣かされる 香港映画にしてはノー・アクションだが、充分見応えがある 中国語原題は「五個小孩的校長」=「5人の子供の園長」 英語原題は"Little Big Master"=「可愛いが偉大な先生」か

・ジムノペディに乱れる ⇒行定勲監督による日活ロマンポルノ復活の第一作 映画監督の生態とはこんなものかと想像させる
▼雨にゆれる女 ⇒鉄工場で毎日働き、さえない普通の生活を繰り返す、ちょっと脚の悪い大男 そして突然現れる背景が全く不明な女 ここからだんだん解き明かされる謎の展開がなかなか面白いサスペンスになっている
・灼熱(クロアチア・スロベニア・セルビア) ⇒ユーゴスラビアが分裂し、内戦になった時代(1991年)から10年おきに3種類の民族を超えた恋愛を描く 3つのオムニバスの展開はいい 原題は"Zvizdan"だが意味不明

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

11月中旬(11日~20日)に観た劇場映画

11月中旬(11日~20日)は、10本の劇場映画を観ました。どうもこの時期は公開作品数が多いようです。割と面白い作品も多かったのですが、何かと忙しくて本記事をアップするのがとても遅くなりました。

・ジャック・リーチャー NEVER GO BACK ⇒シリーズ2作目だが、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)も、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)のように、だんだん超不死身になっていく 銃を使わないアクション、テクニックには見応えがある 原題も"Jack Reacher: Never Go Back"
▼溺れるナイフ ⇒少女コミックの青春恋愛物を実写映画化したものだが、結構ハードで凄みのある作品になっていると思う 最近ともに年間数本の作品に主演・出演している小松菜奈と菅田将暉が共演 それゆえ新鋭女性監督・山戸結希がわずか17日間で撮影したようだ 海中、火祭り、二輪車疾走等のシーンも多く、毎日忙しくキツイ現場だったらしいのが作品に反映されているのだろう 小松菜奈は、役所浩司の娘役で出演した作品「渇き。」から観ているが、ダンダンいい女になってきていると感じる こういう場合は大女優になる可能性がある 話はやや冗長な気もするが、ロケをした和歌山県新宮市の海の美しさや神倉神社のお燈(とう)まつりをモチーフとした火祭りの勇壮さが救い
・種まく旅人 夢のつぎ木 ⇒岡山県赤磐(あかいわ)市の桃農家の話 赤磐市は知らなかったが、岡山市の北東に接する市で、桃太郎の故郷岡山なので桃の一大生産地らしい こういうUターンもあるのかという感じ
・われらが背きし者(英) ⇒予想したとおり、注意散漫な私には難しかった ジョン・ル・カレの小説は、戻って確認できない映画では私は付いて行けない 原題は"Our Kind of Traitor"で、和訳すると「我々の近くにいるちょっとした裏切り者、売国奴」か
・ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(英) ⇒欧米の女性は40歳を過ぎてもこんなに活発なのか 余計なお世話だが、日本の女性ももう少し頑張ってもいいのではないか 女性向けファンタジー・コメディなので女性の観客が多かった 原題は端的で"Bridget Jones's Baby"=「ブリジット・ジョーンズの赤ちゃん」

▼ぼくのおじさん ⇒北杜夫の原作小説が捧腹絶倒(抱腹絶倒)なのだろう 本作もとても面白かった 松田龍平は力の抜けた、とぼけた役を演じるのがとても上手い 真木よう子が意外と普通のおばさんだったのも好ましかった
・ティファニー ニューヨーク五番街の秘密 ⇒ティファニーの箱や包装に使われているティファニー・ブルーはこんなにも意味のある色だとは思わなかった 色の配合レシピがあり、特許を取得しているそうだ 1837年創業で、1886年にダイヤの指輪の縦ヅメを考案したとのこと 昔お孫さん用に頼まれた銀のスプーンを五番街の本店に受け取りに伺ったのを思い出した 原題は"Crazy About Tiffany's"で、和訳すると「ティファニーのもろもろに熱狂して」か
▼弁護人(韓) ⇒韓国の元大統領、故ノ・ムヒョン(盧武鉉)氏の若き頃の熱血時代がテーマ 大田裁判所の判事から釜山の弁護士に転身してきた主人公が、金儲け主義から人権派熱血弁護士に変貌する様を描く 高卒弁護士は相手にされないという学歴主義や、大声での言い争いや乱暴な振舞いが多いという韓国社会の特徴もよく表現されている ノ・ムヒョンは2003年2月から2008年2月まで大統領を務めたが、退任後2009年に収賄罪の事情聴取を受けた後自宅裏山から投身自殺を図った 英語原題もThe "Attorney"
▼エブリバディ・ウオンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に ⇒1980年の米国大学が舞台で、新学期が始まる前の3日間を描く 野球部員16人が連日大騒ぎをするが、最終日に演劇部の仮装パーティに合流し、恋が生まれる 筆者も1978年~1980年に米国大学院に在学していたのでとても懐かしい 原題も"Everybody Wants Some"だが、あえて和訳すると「皆何か(異性?)を求めて」か
・ミュージアム ⇒豪華キャストだが、殺し方が現実的ではないので、付いて行けなくなった

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

11月上旬(1日~10日)に観た劇場映画

11月上旬(1日~10日)は、11本の劇場映画を観ました。最近は物凄い数の作品が次々に封切られるので、とても鑑賞が追いつきません。

・フランコフォニア ルーブルの記憶(仏・独・蘭) ⇒ルーブル美術館の記憶(歴史)をナチス・ドイツ占領時代、ナポレオン皇帝時代等まで辿る ナレーションは何語なのだろう 原題も"Francofonia"だが、どういう意味か グーグルで言語の自動検出をすると葡語で「フランス語圏」となった
▼バースデーカード ⇒引っ込み思案な娘を気遣いながら、娘が10歳の時に亡くなった母が、娘が20歳になるまでバースデーカードとメッセージを贈るという話 主役の紀子(のりこ)、のんちゃんを3人の子役が演じ、最後に4人目の橋本愛にバトンタッチ 娘と息子はいろいろ反発しながらもしっかりと成長していく 木村カエラによる主題歌「向日葵」がいい
・デス・ノート Light up the NEW world ⇒あまりにも簡単に人が死んでいくので、現実味がなく、実感がわかなかった 途中で緊張の糸が切れた
▼築地ワンダーランド ⇒東京の築地市場がいかに優れた水産物卸売機能を持っているのかがよく分かった 高級すし店等の飲食店の需要を常に先回りして把握して、常時適切な仕入れを行う仲卸業者の機能がとりわけ重要か
▼ザ・ギフト ⇒誰も死なないのだが、とても恐ろしい心理サスペンス作品 オリジナルな発想に基づき、製作・監督・脚本・出演(気味の悪い男)の4役をこなした、豪州出身の俳優ジョエル・エドガートンの力作 初監督作品としては出色の出来か 原題も"The Gift"

・ダゲレオタイプの女(仏・ベルギー・日) ⇒進行がゆっくりしているように感じたので、途中で集中力を失った 原題は"La femme de la plaque argentique"(仏)で、和訳すると「銀板上の女性」か
・密かな吐息 ⇒北海道岩内市出身の女優村田唯が初監督した、心理エロス作品 上映後本人が登場したが、スクリーンよりもかわいい感じ ロケ地は出身地の岩内らしい
▼人間の値打ち(伊) ⇒ひとつの交通事故をめぐり、その前後の状況を3人の登場人物の視点からオムニバス風に描く 表層的な交流から、だんだん裏の感情や打算が表に出てくる 最後は結構ハッピーエンドか 原題は"Il capitale umano"="Human capital"=「人間の値打ち」
・シーモアさんと、大人のための人生入門 ⇒シーモアさんの選曲と演奏が最高に心地良かった 原題は"Seymour: An Introduction"=「シーモア:ご紹介」
★湯を沸かすほどの熱い愛 ⇒宮沢リエを初めていい女だと思った それにしても、こう境遇に恵まれない人たちばかりが集まったのは創作だからか しかし、女の力、母の力は感動的 女の子たち2人も力強く成長 2、3回感涙にむせんだ 栃木県足利市とそこに実在する銭湯がロケ地 タカアシガニを産地で食べるシーンもあるので、西伊豆でもロケか

・ジュリエッタ(西) ⇒スペインのペドロ・アルモドバル監督が、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローの3つの短編小説を脚色し映画化 母と娘の葛藤を描くが、筆者の酔って疲れた頭には話が少し込み入っていた 原題も"Julieta"

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »