« 3月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 »

2017年4月10日 (月)

4月上旬(1日~10日)に観た劇場映画

4月上旬(1日~10日)は、8本の劇場映画を観ました。アカデミー賞候補作品等が多く上映されるようになり、最近は作品の質が持ち直してきたように思います。今回は少し評価が甘すぎたかもしれません。コストパフォーマンスのよい映画のブームはまだまだ健在です。

▼しゃぼん玉 ⇒乃南アサの同名小説の映画化 市原悦子が訳ありの若者を受け入れ、更生に持っていくまでの演技がとてもいい 宮崎県北西部にあり、隣の熊本県と接する椎葉村が舞台 地元の方言も駆使し、山奥の暮らし振りがよく分かる ロケも椎葉村と周りの市町村にて行われたようだ また映画「STAND BY ME ドラえもん」(2014年)の主題歌を歌った秦基博の唄もよかった
▼はじまりへの旅 ⇒これは米国西海岸カスケード山脈北端、ワシントン州とオレゴン州の州境あたりでヒッピー的な生活をしている家族の話 ヴィゴ・モーテンセンが父親役を熱演 社会と隔絶して自給自足で暮らす思想(ドイツ系に多いとも聞いたことがある)と関係ありそう 金がなくて方が、人間は幸せになれそうだ ガンジーなどインドの思想にも近いような気がする 母親の葬儀に参列するためにニューメキシコ州まで旅をするが、現代社会に初めて触れ合う6人の子供達がドタバタ喜劇を観せる 原題は" Captain Fantastic"で、敢えて和訳すれば「素敵家長」か
▼チア☆ダン 女子高生がチアダンで全米制覇しちゃったホントの話 ⇒冒頭チアリーダーとチアダンスが違うことを初めて知った 2009年3月に県立福井商業高校が全米チアダンス大会で優勝した実話(さらに3連覇している)を基にして製作された作品 高校名は福井中央高校と変えられているし、主なロケ地は昨年3月に閉校された新潟県立西川竹園高校の校舎らしい もっとも最後は米国カリフォルニア州のサンディエゴ州立大学アリーナまでロケ遠征 いわゆるスポコン的な作品だが、歌や音楽に合わせて4種類のダンスを踊るシーンは結構見応えがある
★パッセンジャー ⇒地球の危機は温暖化よりも小惑星衝突によりもたらされるらしい 宇宙の彼方にある地球に環境が良く似た惑星に、近い将来移住することありえるのかもしれない 本作はそんな将来を垣間見せてくれる 目的地は光速でも120年間冬眠しなければいけない星 原因不明のまま残り90年で目覚めてしまった男と、男が起こしてしまった女、そしてやはり原因不明で目覚めた一人の黒人クルー 主な登場人物は3人だが、宇宙船の頭脳、アンドロイドのバーテンなども登場し飽きさせない 2013年の作品「ゼロ・グラビティ」のように、VFXを駆使した宇宙船内外での無重力状態の表現は秀逸 特に、重力有り→無重力→重力有りの変遷、とりわけ水を使った表現は素晴らしい 原題は"Passengers"で複数だが邦題は単数 2009年日本公開の同名作品「パッセンジャーズ」と区別するためか
・ムーンライト ⇒何の唄かは分からないが、"Every nigger is a star"のフレーズが繰り返される音楽で導入部が始まる 米国フロリダ州マイアミの貧民街で一人の気弱な黒人少年が成長していく様を3部に分けて描く 日本と同じように、イジメ、母子家庭、ドラッグ、LGBT等の問題に直面するが、何とか生き延びる VFXは何も使われていないらしく、エンドロールがとても短いから、キャスト・スタッフの少ない低予算作品のようだ 原題も"Moonlight"=「月光」

★SING シング ⇒最初から最後まで歌とアニメキャラクターの踊りが素晴らしかった 米国の俳優達はミュージカル(舞台)にも出演していることが多いからか、皆歌が上手い 特に、ゾウのミーナとブタのロジータが優れていると思った 昨年の映画「ズートピア」でもそうだったが、米国作品は動物達を擬人化するのも上手い 時々AKB等を彷彿とさせるような5匹組が登場してきゃりーぱみゅぱみゅの歌を合唱するのは、そういうものが流行る日本への皮肉か羨望か 原題も"Sing"
・牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件(台) ⇒台湾の故エドワード・ヤン監督が1991年に製作した、彼の最高傑作と言われる青春群像劇 昨年デジタルリマスターされたが、4時間版はやはり長い 不良のボスの女を巡る話らしいが、途中で話に付いていけなくなった 暗闇に懐中電灯を使って撮影した映像は面白い 原題も「牯嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day」=「… もっと明るい夏の日」 「牯嶺街」はマンダリン(北京語)読みだと「グー・リン・ジェ」(それぞれ3・1・3声)になりそう
・T2トレインスポッティング(英) ⇒英国流ポップ音楽に乗って始まり、冒頭はなかなか快適に進行 しばらくすると展開がやや唐突・曖昧になり、前作を観ていなければ分かりにくいところも登場 その内に緊張の糸が切れた ユアン・マグレガーのみがやたらに若いような気がする 原題も"T2 Trainspotting"、無理して和訳すると「T2 列車目的地:人生の行く末」か

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 3月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 »

映画(2017年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/70165454

この記事へのトラックバック一覧です: 4月上旬(1日~10日)に観た劇場映画:

« 3月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 | トップページ | 4月中旬(11日~20日)に観た劇場映画 »