« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の2件の記事

2017年5月21日 (日)

5月中旬(11日~20日)に観た劇場映画

5月中旬(10日~20日)は、9本の劇場映画を観ました。日本映画が少なかったが、結構印象に残る作品が多かったような気がします。

▼バーニング・オーシャン ⇒2010年4月20日に米国メキシコ湾ミシシッピ川河口沖で操業していた最先端の海洋油田掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」で、天然ガスと原油の暴噴、そしてそれによる大火災が発生 本作はこの事故の事実に基づいて製作された この掘削施設は実際は船で、自動制御により位置調整し海底油田掘削を行うことは知らなかった 映画では超巨大掘削リグのセットを実際に製作し撮影し、それにVFXで加工して迫力ある映像を実現 オフィシャルサイトではVFXのメイキング映像が観られる 本作では事故の原因追及が余りなされなかったのが惜しまれる 操業主のBP社は、メキシコ湾に流出した原油の清掃費用と訴訟和解金で総額数兆円の支払いを要するようだ 原題は、掘削施設の名前の"Deepwater Horizon"
▼ワイルド・スピード ICE BREAK ⇒もうシリーズ8作目らしい 圧倒的に長いエンドロール・リストは、こんなにも沢山の人々がスタントとVFXに係わっていることを示すのだろう これでも統一されたコンセプトの作品が製作できるのは、米国ハリウッド流の企画・運営術があるからなのだろうか 今回は氷上を激走し、潜水艦まで登場したが、次作以降はどう展開するのか… 原題は"Fast & Furious 8"=多分「高速・激烈 8」だが、8は8人でもあり8作目の意味でもあるだろうか
★メットガラ ドレスをまとった美術館 ⇒文句なしの圧倒的な映像美のドキュメンタリー コスチュームが美術品になっているとは知らなかった アレキサンダー・マックイーンも知らなかった 毎年5月の第1月曜日に、ニューヨークのメトロポリタン美術館で雑誌ヴォーグの主催により、米国の超セレブを集めた服飾大チャリティ大会が行われていることも知らなかった 知らないことはまだまだ多いな… 原題は"The First Monday in May"=「5月の第1月曜日」
▼エルミタージュ美術館 美を守る宮殿(英) ⇒ロシア女帝・エカチェリーナ2世の美への執念を感じた 武力ではなく文化や芸術によって、ロシアが欧州を追い越すという理念は正しいと思った 独ソ戦での美術品の疎開、独からの美術品の強奪については余り知らなかった この美術館を観るためにもサンクトペテルブルグは是非訪れたい 原題は"Hermitage Revealed"=「本当のエルミタージュ」か
・草原の河(中) ⇒チベット人監督の作品で、6歳の女の子の表情・演技が印象的 チベットの自然と人々の生活は今もこのようなものだろうか 普段は涸れているが、大雨が降ると増水する河が主題 原題も「河 Gtsngbo」だが、"Gtsngbo"はチベット語だと思うが不明

▼マンチェスター・バイ・ザ・シー ⇒マンチェスター・バイ・ザ・シーは米国マサチューセッツ州北東部の小さな港町 ボストンから北東に50km程度離れたところに位置する ニューイングランドの田舎町で日々こまごまと起きそうなことが丁寧に描かれている 未成年の後見人や管財人の指定も普通 少々変わっているが、結構真面目に悩み生きる主人公をケイシー・アフレック(ベン・アフレックの実弟)が演じ、今年のアカデミー賞主演男優賞(第89回)を受賞 ミシェル・ウィリアムズ演ずる元妻と再会することにより、なぜ彼が故郷を離れボストンに引っ越したが分かる 原題もそのまま"Manchester by the Sea"
・映画 夜空はいつも最高密度の青色だ ⇒作品にわざわざ「映画」と名付けているのは、同名詩集を映画化したためか ナレーションも含めて不思議な感情が湧く 言葉に詩のような余韻があるからだろうか 「人間はどうせ死ぬ」「愛は面倒くさい」など真理を突く言葉も多い 二人は渋谷の街を走り、彷徨うが、未来にも向かう
・ノーエスケープ 自由への国境(墨・仏) ⇒米墨国境を違法越境するメキシコ人達と彼らを狙い撃つアメリカ人スナイパーの闘い また、国境の沙漠地帯との闘いでもある 本作はなぜかメキシコとフランスの合作 原題は"Desierto"(西)="Desert"=「沙漠」
・バーフバリ 伝説誕生(印) ⇒インドの神話的叙事詩の映画化のように思える 神話として割り切って観れば面白い 話が時々つながらないのは気のせいか 原題は"Baahubali: The Beginning"で、次作"Baahubali: The Conclusion"=「バーフバリ 伝説完結」も完成している模様

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

5月上旬(1日~10日)に観た劇場映画

5月上旬(1日~10日)は、7本の劇場映画を観ました。連休レジャーの合間を縫って頑張りました。

★▼美女と野獣 ⇒ディズニーの流石の実力を遺憾なく出し切った最高の実写化作品の一つ 古典的なストーリーなので安心して観ていられる それ以上に心地よい音楽と唄と踊りがコラボしたミュージカルは、個人的な意見ながら、映画の最高峰 「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンは最初から最後まで美しく可憐だった 本当はハンサムな、野獣にされた王子の真の姿をもっと長く眺めていたかったという女性達の声も多い 俳優陣はなぜか英国出身中心に固められている 原題もご存じのとおり"Beauty and the Beast" "beauty"に冠詞が付いていないのは、数えられない名詞として特定の人物を指定しない「美の資質」を表しているからか アリアナ・グランデとジョン・レジェンドのデュエット主題歌はカラオケで是非歌いたい
・PとJK ⇒30歳の亀梨和也が26歳の警官を、21歳の土屋太鳳が16歳の女子高生を演じているから、見た目では危ない感じにはならない 普通の恋愛物として観れば、女子の願望が沢山詰まっている ロケ地がほぼオール函館だったのは特筆される 青柳町電停、スプラウト、金森赤れんが倉庫、遺愛学院、元町公園、カフェ・ラミネール、旧岡本邸、やきとり太郎等々は、函館市民には馴染みのところだろう 唯一観覧車だけは、函館にないので、ルスツ・リゾートのを使ったようだ
▼カフェ・ソサエティ ⇒ウッディ・アレン監督流の速い喋りによる速い展開 1930年代のハリウッド黄金期のロサンジェルスで話がスタートするが、やはり後半はいつものニューヨーク・シティに ハリウッド、マンハッタン、社交クラブ、豪華な衣装、歌、ダンス、恋愛、結婚・離婚、ユダヤ人、マフィア等々、新大陸アメリカらしい文化の爛熟を魅せる こんなに美女達にモテればいいだろうな ハッピーエンドもどきでいいのか… 原題も"Cafe Society"=「社交クラブ」か
▼名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) ⇒カルタ取りの話かと思いきや、大阪のTV局で爆発が3、4回というど派手なスタート コナン君もあわやというところで脱出 カルタ取りの試合の中継が主題のようだったが、残念ながら集中力が続かず 爆破犯は誰だったのだろう
・マイビューティフルガーデン(英) ⇒本作品には英国人のとても几帳面な性格と自然を深く愛する心が良く表現されている 同情すべき生立ちのヒロイン等一風変わった人達が紡ぎ出す一種の人生讃歌 ヒロインは良く夢(幻想)を観るが、それが原題"This Beautiful Fantastic"=「この美しい幻想」につながっているのかも

▼ぼくと魔法の言葉たち ⇒米国でピューリッツァー賞も受賞したジャーナリストのロン・サスカインドが、自閉症の次男オーウェンについて書いた著書に基づいて製作されたドキュメンタリー 自閉症(autism、オーティズム)の子供がいかにして自立した人生を生きられるようにするかの課題に取り組む、家族3人(両親と兄)の奮闘が描かれ心を打つ 3歳で言葉を失ったオーウェンがディズニー・アニメを観続けることにより1年後に初めて発した、ディズニー・アニメの台詞"just your voice"から、両親は光明を見出す オーウェンはディズニー・アニメ全作品の台詞を結果的に記憶しており、社会・人生をそれに基づき理解 兄ウォルトの協力や自覚も描き出し、社会人となったオーウェンを家族総出で支えていく 原題は"Life, Animated"で、忠実に和訳すると「人生、アニメから得られたもの」か
・追憶 ⇒降旗康男監督と木村大作撮影監督という名コンビが復活しただけに、実力演技派の俳優達を揃えている 北陸の田舎で貧困により出会った3人の少年達が25年後にある事件で再会し、それぞれ背負っていた過去が、ミステリー作品として、明らかになる 25年前の貧しさがいささか時代がかっており、いま一つぴんと来ない ただ渋川清彦のヤーさんの演技は良かった ロケは富山県氷見市、富山市や石川県輪島市、珠洲市を中心に行われたようだ 一部東京で撮影されたシーンもある

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ