« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の4件の記事

2017年11月21日 (火)

11月中旬(11日~20日)に観た劇場映画

11月中旬(11日~20日)は、17本の劇場映画を観ました。東宝シネマズの月間フリーパスを活用したため、鑑賞数が多くなりました。

・ロダン カミーユと永遠のアトリエ(仏) ⇒19世紀最高のフランス人彫刻家オーギュスト・ロダンの没後100年を記念して製作された作品らしい ロダンのアトリエは沢山のスタッフがおり、まるで工場のよう だから世界中に彼の作品が存在しているのか 芸術家はやはり女性が好きだ 原題は単に"Rodin"
★ノクターナル・アニマルズ ⇒まず冒頭の超太目フルヌードの、腹の肉襞がこぼれ落ちそうな女性たちのダンス・シーンに圧倒された それもそう著名ファッション・デザイナーのトム・フォード監督の作品 現在、叶わなかった20年前の青春の日々、そして小説の中の世界が入り乱れ、少々めまいがしそう ジェイク・ギレンホールが2役を演じているからなおさらか 車によるあおり、カー・チェイス、そして追い越して前方に出ての急ブレーキと最近日本で話題になった危険運転が一つのテーマなのはタイムリー ヒロイン(エイミー・アダムズ)の反省、そして捨てられた男のささやかな仕返しがオチ 原題も"Nocturnal Animals"=「夜行性動物」
・ジグソウ ソウ・レガシー ⇒相当な量のVFX資源が投入されている 普通ならかなり怖いのだろうが、舞台裏を知り、ホラー慣れした筆者にはそうでもなかった ただレーザー・メスのトリックは斬新だった 「ソウ(Saw)」シリーズ8作目とは知らず、そういう意味ではまだまだ新鮮 原題は単に"Jigsaw"で、これは「ジグソーパズル」のことらしいが…
・ザ・サークル ⇒ソーシャル・ネットワークの時代、人々のつながりが強まり、情報公開が進み、バラ色の世界にも見えるが、一方でプライバシーの課題が浮き上がる この課題は欧米では早くから意識されており、日本でも理解が進んでいる そういう意味でもうひとひねりがほしかったかもしれない また、いつも企業繁栄の陰には腐敗ありか 原題も"The Circle"
▼人生はシネマティック!(英) ⇒映画の創り方がよく分かった 企画・アイデア、そしてそれらをストーリと台詞に落としていく 脚本が重要で、いろいろな社会の要請を受け容れていく、すべては脚色次第だとも思う 英国製らしい結構生真面目な作品 クリストファー・ノーラン監督の今年の作品「ダンケルク」も思い出しながら、このテーマは欧州、特に英仏では欠かせないものだと知った 原題は"Their Finest"=「最高の作品を求めて」か

▼ポリーナ、私を踊る(仏) ⇒ジョージア(グルジア)の貧しい家庭出身の天才バレエ少女ポリーナが、ボリショイ・バレエ団に入団するまでに成長するが、突然コンテンポラリー・ダンスに目覚め、南仏、パリ、ベルギーを放浪 最後に男女2人で踊るコンテンポラリー・ダンスは最高 原題は"Polina, danser sa vie"(仏)="Polina, dancing her life"=「ポリーナ、人生を懸けた踊り」か
・おじいちゃん、死んじゃったって ⇒田舎で認知症の祖母と暮らす祖父が亡くなった時、一家一族が集合するが、その時に表面化する反目や個別の事情 しかし、大家族は和解し未来に向かい歩み始める ロケ地は熊本県人吉市
・ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(チリ・アルゼンチン・仏・西) ⇒筆者は全く知らなかったが、チリでは詩人、国会議員、民衆に寄添う共産党政治家、ノーベル文学賞受賞者として有名なパブロ・ネルーダの逃亡時代を扱った作品 ナレーションや彼自身の詩による物語展開の多用も無声映画風で面白い 原題は単に"Neruda"
★セブン・シスターズ(英・米・仏・ベルギー) ⇒とても意表を突いた展開で、余り先を読めず結構ハラハラし、充分に楽しめた ノオミ・ラパスが1人7役を演じているが、俳優もポスプロ職人も大変だったろうと想像 地球への警鐘として温暖化、人口爆発そして食糧危機の課題が提起され、その解決策として過去の中国並みの一人っ子政策が導入された世界の話 7つ子が7つの曜日を命名され、該当の曜日を分担して同一人物として外出するというトリックが秀逸だが、すぐに皆その隘路(あいろ)に気が付く 権力は腐敗し、後半はアクション映画に変身 原題は"What Happened to Monday?"=「月曜日に何が起きた?」
▼セントラル・インテリジェンス ⇒B級作品だと思うが、筆者の大好きな米国学園青春ハチャメチャ映画の一種 高校卒業とその後20年目のリ・ユニオン(同窓会)を巡るドタバタを、CIAエージェントと会計士を絡めて展開 「ワイルド・スピード」シリーズのドゥエイン・ジョンソンと人気コメディアンのケヴィン・ハートがバディ(相棒)を組んだ ドゥエインは高校・大学のアメフト実力選手そしてWWEの人気プロレスラーを経て映画俳優に 原題も"Central Intelligence"

▼密偵(韓) ⇒日本統治時代の朝鮮・韓国が舞台 実際に存在した、武装独立組織「義烈団」と日本警察との闘いを描く 中国・安東(現在は丹東)から京城(ソウル)までの列車内での出来事がクライマックス 日本警察に奉職した朝鮮人憲兵が主役で結果的に二重スパイになる 原題は"The Age of Shadows"=「暗黒時代」で、邦題とは全く違い日本統治の暗黒時代を指しているものと思われる 本作で描写されていることは半分は本当の話だと思うし、今から考えれば日本は一体何のために1910年から1945年まで韓国併合していたのだろうか
・グッド・タイム ⇒ニューヨーク・シティ(NYC)のアウトロー兄弟の話 弟(監督が演技)は知的障碍があるのか 同日3本目の鑑賞は疲れた
▼GODZILLA 怪獣惑星 ⇒望外にも面白かった ゴジラの長編アニメ作品3部作の第1部らしい ただ意味のない台詞をさも意味ありげに言うので、訳が分からなかった しかし、冒頭のつかみから、エンディングでの次作へのつなぎは良かった
▼斉木楠雄のΨ難 ⇒原作漫画がバカバカしいのだろうが、本作も全編漫画風で徹底していて面白い 40歳に近い新井浩文が高校の同級生だったり、ヒロインの橋本環奈に(背が低いのを逆用して)クラスで厚底靴やハイヒールを履かせたりしたのは、ブラック・ジョークか ロケ地は栃木県足利市、特に廃校の旧足利西高校はよく使われている
▼マイティ・ソー バトルロイヤル ⇒飛び回る派手なアクションばかりが目立つマーヴェル・コミックとDCコミックスの作品はもう観るのをやめようと思ったが、本作はストーリーが結構しっかりしており、ジョークも多かったので合格点か 「ドクター・ストレンジ」のベネディクト・カンパーバッチも出演し花を添えた 原題は"Thor: Ragnarok"=「ソー:ラグナロク、雷神:善悪の最終決戦」か

▼ローガン・ラッキー ⇒ジョン・デンバーが「故郷に帰りたい(Take Me Home, Country Roads)」で歌った、米国ウエスト・ヴァージニア州を舞台に繰り広げられる、米国版鼠小僧ストーリー 結局損をするのはウォール・ストリートだけという、今の米国社会底辺の忘れ去られた労働者たちにとっては実に痛快な話か 原題も"Logan Lucky"
・エンドレス・ポエトリー(仏・チリ・日) ⇒分かる人には分かる、分からない人には分からないという典型的な作品 筆者はその中間か 人生はいろいろ、人生は繰り返し、生きることが人生などの言葉を想い出す 原題"Poesía Sin Fin"(西)="Poésie sans fin"(仏)="Endless poetry"=「終わりのない、無限の詩」どおりのテーマか

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

11月上旬(1日~10日)に観た劇場映画

11月上旬(1日~10日)は、12本の劇場映画を観ました。1ヶ月間TOHOシネマズで映画無料観放題のチケット(フリーパスポート)を入手しました。予約ができないので、平日せっせと通うことになります。

・彼女がその名を知らない鳥たち ⇒1ヶ月前に公開された「ユリゴゴロ」に続く、沼田まほかるのミステリー小説の映画化 「ユリゴゴロ」でもそうだったが、とても一筋縄ではいかない、ややサイコパス的な人物達が登場 良い男と悪い男、あるいは良い女と悪い女の見分けは難しい しかし誰しも生きていかなくてはならない ラストシーンのヒロインの追想は何を意味するのか 原作舞台も大阪らしいが、ロケ地は大阪市内淡路駅、天満駅、玉造駅、鴫野駅、そして神戸市三ノ宮駅、北野あたりだそうだ 大阪弁はあんな感じでいいのだろうか
▼ブレードランナー 2049 ⇒前作から35年振りに製作された続編 前作のリドリー・スコット監督が製作総指揮に回り、後をドゥニ・ヴィルヌーブ監督が引き継いだ 前作は2019年を舞台にしているが、2017年を迎えてイメージが異なるところも多い そのあたりを少しは修正しながら、本作はさらに30年後の2049年を舞台にしている 火を噴く火力発電所が太陽光発電パネルに代わり、地上車はなくなり飛行車が増え、広告は3Dホログラムになり、雪も降る、云々 VFXを駆使した映像は凄い 本作におけるブレードランナーはレプリカントのK(ライアン・ゴズリング)、そのパートナーは3Dホログラム・イメージ 前作の残課題の秘密を追って老いたデッカード(ハリソン・フォード)を捜す 原題も"Blade Runner 2049" 「ブレードランナー」は「刃のようなランナー」なのか「刃の上を走るランナー」なのか
・エタニティ 永遠の花たちへ(仏・ベルギー) ⇒光にあふれた美しい映像が、台詞がほとんどない中、ナレーションの誘導により流れる 一連のピアノ曲の選曲も良く、ドビュッシーの「月の光」は最高 昔のフランス貴族階級の女性達の話で、多産多死の世界か ベトナムからフランスへ移住し、映画製作を学んだトラン・アン・ユンが脚本兼監督 原題も"Éternité"(仏)="Eternity"=「永遠、生涯」
▼バリー・シール アメリカをはめた男 ⇒トム・クルーズのあっけからんとした悪人振りは良かった 実話に基づく作品らしいが、米ソ冷戦時代、本作では1970年代後半からベルリンの壁崩壊(1989年)までの間の話 米国CIAが冷戦という秘密のベールに守られて中米でいかに勝手に無茶苦茶なことをやっていたかを改めて感じた ニカラグアのサンディニスタとコントラ、CIAのオリバー・ノース大佐、そしてイラン・コントラ事件等々、いろいろ話題になったがすべては明らかにされていない 原題は"American Made"で、直訳は「米国製」だが意訳すると「米国発の悪事」というところか
・ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 ⇒二宮和也主演というよりは、西島秀俊と宮崎あおいのダブル主演という感じだった 結構ひっかけた後だったので、記憶が途切れた

・IT “それ”が見えたら終わり ⇒ホラー作品に慣れすぎてしまったせいか、筆者には余り怖くなかった いつも怖がらせの要素を分析しているために、直観的に怖く感じることがなくなったせいかもしれない スティーヴン・キング原作の映画化で、舞台は彼の出身地である米国メイン州の田舎町 原題は単に"It"
▼ミックス。 ⇒不完全な(人間は皆そうか)登場人物たちが織り成す、卓球・スポコン・コメディ・人情ラブストーリー 脚本が脚光を浴びるのは珍しいが、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「探偵はBARにいる」シリーズの脚本を担当している古沢良太脚本 新垣結衣も演技巧者だが、後出「リングサイド・ストーリー」にも出演している瑛太のヒューマンなダメ人間振りもいい 出番は少ないが、吉田鋼太郎は面白い 余り気が付かなかったが、現役の卓球選手も多数出演していたようだ 作品中では神奈川の卓球大会であったと思うが、ロケ地は千葉、埼玉、群馬の3県だったらしい ローカル鉄道は千葉の小湊鉄道、卓球大会会場は高崎アリーナとのこと
・ゴッホ 最後の手紙(英・ポーランド) ⇒まるでゴッホの絵が動いているような不思議な作品だった クロマキーで俳優による実写映像を撮ってから、100人以上が画家たちが人物もゴッホ風の絵に変換したそうだ 製作陣のこだわりが感じられる ストーリーはフィンセント・ファン・ゴッホの死後(1890年)の手紙から始まるが、同日3本目だったので緊張が続かず 原題は"Loving Vincent"=「愛するフィンセント」
・氷菓 ⇒同名の青春学園ミステリー原作小説の映画化らしい 高校の古典部の復活と部にまつわる謎解きがメイン・ライン 山崎健人、広瀬アリス等いずれも大卒後にあたる年代が高校生を演じるには少しトウ(薹)がたってはいないか ロケ地は、原作の聖地でもある岐阜県高山市内の高校などのようだが、一部群馬県の廃高校も使ったらしい
★★ゲット・アウト ⇒正直やられた 人種問題、ラブ・ストーリー、コメディ、ホラー、サイコ、サスペンス、ファンタジー、クライム、アクション等、映画製作で考えられる要素をすべて盛り込んだ作品を初めて観たような気がする 怖がらせの小道具を多用しないにもかかわらず、怖いのは不思議 最初は人種を超えた恋愛話かと思っていたら、どんどんストーリーと場面が転換、反転していき、最後は予想もしない話に 黒人の友人の最後の台詞も気が利いている コメディアンのジョーダン・ビール(黒人)が脚本を書き初監督したなんて驚きだ 原題も"Get Out"

▼ポンチョに夜明けの風はらませて ⇒低予算作品だと思うが、東京芸大も後援に入っていて、なかなかの出来栄え 高校卒業を控えて、子供から大人になるタイミングで皆現実から抜け出したくなるものかもしれない 青春のエネルギーを発散させるロードムービーで、音楽と映像で魅せてくれる ロケ地はよく分からないが、エンドロールによれば東京・八王子市、茨城・行方市、埼玉・狭山市等らしい
▼リングサイド・ストーリー ⇒前述「ミックス。」でもそうだったが、瑛太はダメ人間を演じさせるといい 本作ではリアルな人物がそのままの役で沢山登場 映画監督の岩井俊二、プロレス団体WRESTLE-1の武藤敬司、K-1の武尊(タケル)たちだ 武正晴監督が「百円の恋」製作時と同じスタッフで製作 彼らは格闘技が好きなようだ ロケ地は、主役たちが暮らす街は東京・中野区、実在WRESTLE-1道場は新宿区百人町(JR大久保駅付近)、K-1試合会場はつくば市役所体育館、屋外トレーニング・シーンは世田谷区駒沢公園のようだ

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

11月に観た劇場映画「ゲット・アウト」(特別編)

320 劇場映画作品「ゲット・アウト」を観て参りました。大絶賛したいと思います。

正直やられた 人種問題、ラブ・ストーリー、コメディ、ホラー、サイコ、サスペンス、ファンタジー、クライム、アクション等、映画製作で考えられる要素をすべて盛り込んだ作品を初めて観たような気がする 怖がらせの小道具を多用しないにもかかわらず、怖いのは不思議 最初は人種を超えた恋愛話かと思っていたら、どんどんストーリーと場面が転換、反転していき、最後は予想もしない話に 黒人の友人の最後の台詞も気が利いている コメディアンのジョーダン・ビール(黒人)が脚本を書き初監督したなんて驚きだ 原題も"Get Out"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

10月下旬(21日~31日)に観た劇場映画

10月下旬(21日~31日)は、11本の劇場映画を観ました。10月末には札幌の小学校のクラス会に出席し、札幌と小樽の紅葉も楽しみました。

・ロキシー ⇒米国がいかに暴力にむしばまれているかを再認識させるクライム・バイオレンス・ラブストーリー 最初はヒーロー・ヴィンセントが強いが、最後はヒロイン・ロキシーが強い 原題は"Vincent N Roxxy"=「ヴィンセントとロキシー」で、邦題はなぜかヒロインの名前だけになっている
・アンダー・ハー・マウス(加) ⇒監督を含めほとんど女性のスタッフ陣が製作 女性の同性愛がテーマ 何となくテクニック指南映像にもなっている 原題は"Below Her Mouth"=「彼女の口(を使ったテクニック)で慰められて」か 邦題の「アンダー(Under)」は「離れて下」だが、「ビロウ(Below)」は「接触して下」
・婚約者の友人(仏・独) ⇒フランスのフランソワ・オゾン監督が仏・独の俳優を起用して製作 舞台は第一次世界大戦の後遺症に苦しむ、1919年のドイツ モノクロとカラーの映像そして仏語と独語が入り交じり、音楽、絵画、手紙等いろいろ気の利いた小道具も登場 仏・独の興味深い関係もうかがえる いろいろ謎があるミステリー仕立てだが、皆相手を想うがために嘘をつくのか… 原題は"Frantz"=「フランツ」で、戦争で亡くなった、ヒロインの婚約者(独)の名前
▼ブレードランナー ファイナル・カット(2007年) ⇒「ブレードランナー」はフィリップ・K・ディックの原作SF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(1968年)を1982年に映画化したもの それをリドリー・スコット監督自身が35年目(2007年)に再編集・デジタル修復したものが本作 「ブレードランナー」は当時余りに先進的だったためにわかには受け入れられなかったが、時間の経過とともにファンを獲得 2019年の酸性雨が降り注ぐロサンゼルスが舞台で、反乱を起こしたレプリカント(人造人間)4人をブレードランナー(レプリカント追跡専門の刑事)のリック・デッカード(ハリソン・フォード)が追うのがメイン・ストーリー 4年間というレプリカントの寿命、人間と見分けるための専用の検査方法、空飛ぶ自動車(スピナー)等がユニークだが、製作過程でいろいろな変更があったため誤謬や矛盾点も少なくない デッカードの相棒レイチェル(人間に近いレプリカント)が妊娠したことが今後のテーマとして残される 製作前に日本を訪問したスコット監督のイメージで新宿歌舞伎町を彷彿とさせる映像と日本語があふれる 製作年の習慣からか登場人物はとにかくよく煙草を吸うが、米国の現実は禁煙が拡がっているのは誤算か 撮影はワーナー・ブラザーズのバーバンク・スタジオ(カリフォルニア州)とロサンゼルス市内各所にて行われたようだ 原題も"Blade Runner: The Final Cut" ところで本作は爆音上映で観たが、聴覚も馴れが速くすぐに気にならなくなった
▼あゝ、荒野 後篇 ⇒前10日間に観た「前篇」に続き「後篇」を鑑賞 「前篇」の1年後の2022年の姿を描くが、ボクシングは青春の炎を燃やすにはやはり最適なスポーツの一つだと確信 今回も菅田将暉とヤン・イクチュンが薄幸な生立ちを背負ってボクシングに邁進 二人ともトレーニングで西新宿、歌舞伎町等新宿の街を走り回る 前篇と違い後篇はボクシング中心なので、盛上りが周期的に来て好ましい 断たれていた親子の絆も少し… ところで、2022年でも理髪店ではまだ手動バリカンを使っているのか

・アナベル 死霊人形の誕生 ⇒欧米は悪魔話が本当に好きだと思う 話の展開は想定内だが、場面の突然変換、音楽と効果音、そして灯りの点滅と消滅による怖がらせは健在 悪魔が生き延びたのは困る なお、不思議に思ったのは米国では睡眠時部屋のドアを開けておくのが普通だったかなということ 原題は"Annabelle: Creation"=「アナベル: 創造、創始」か
・我は神なり(韓) ⇒宗教に胡散臭さを突き、哭きがとても多い韓国アニメ なぜかとても心地好く時間を忘れた 原題は"The Fake"=「まやかし、でっちあげ」
・ル・コルビジェとアイリーン 追憶のヴィラ(ベルギー・アイルランド) ⇒邦題にかかわらず本作はアイルランド出身のインテリア・デザイナー、アイリーン・グレイに関するもの 特に彼女が恋人の建築評論家ジャン・バドヴィッチと一緒に設計し、インテリアも含め1929年に南仏カップ・マルタンに完成させたヴィラE.1027が主題 E.がアイリーン、10がジャン、2がバドヴィッチ、そして7がグレイを表している 日本でもよく知れられているル・コルビュジエは彼女の才能に結局のところ嫉妬し、1938年に無断でヴィラの壁にフレスコ画を描く そして第二次世界大戦後彼は最終的にヴィラを所有するに至るが、1965年に77歳でヴィラ前の海で溺死 アイリーン・グレイはパリに店舗を構え、女性歌手の恋人もいたが、視力悪化で引退し、1976年にパリで98歳で亡くなった 戦時中ドイツ占領下でヴェズレーに疎開する悲惨な姿も描かれる 原題は"The Price of Desire"=「欲望の代価、代償」か
▼女神の見えざる手(仏・米) ⇒ワシントンD.C.で働いたことのある人、あるいは米国政治に興味がある人には必見 ただし台詞が多く速いので、よくよく注意して観ていないと何を言っているのか分からないことも多い 何度か観る必要があるかもしれない 監督は「恋におちたシェイクスピア」(1998年)でアカデミー賞作品賞(1999年)を受賞したジョン・マッデン ヒロインは「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012年)でもヒロインを演じたジェシカ・チャステイン 脚本は初脚本ながら完成後約1年で映画化されたジョナサン・ペレラ ペレラは英国の弁護士だったが、クリエイティブな仕事がしたいと韓国で英語教師をしながら本作脚本を執筆したという変わり者 チャステインが、事務所を移籍してまで銃規制法案を推進する側を応援する鉄の女ロビイストのエリザベス・スローンを熱演 しかし、夜はエスコート・サービスで寂しさを紛らすのも現代風なのか、ガラスの天井を破る方法なのか ストーリーは権謀術数の極みであり、盗撮、盗聴、プライバシー侵害等、一線を越えかねないようなところまで至る そういう意味では誰も死なないが、まるでスパイ・サスペンス作品のよう 米国らしく議会上院委員会の聴聞会(ヒアリング)でクライマックスを迎え、そこで気持ちいいどんでん返し 鍵になるのがサイバネティック・ロボ・ローチというゴキブリ・ロボットによる盗聴というのはファンタジーだろう 原題は"Miss Sloane"でヒロインの姓「スローン女史」
・猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) ⇒「猿の惑星」リブート・シリーズの第3作目 チャールトン・ヘストンが主演したオリジナル版「猿の惑星」(1968年)に話がつながるようになっているようだ 旧作5作品では特殊メイクで極めて人間臭い猿たちだったが、新作3作品では俳優の動作・表情をパフォーマンス(モーション)・キャプチャーでコンピューターに取り込み、CGで作成された猿のビジュアルに組み込んだので極めてリアルな猿たちに進化 しかしどれがどの猿か分かりにくいのが難 猿の世界にはメスも登場するが、人間の世界には猿のウィルスで聾になった少女以外は女性が登場しないのはなぜだろうか 撮影は米国カリフォルニア州とカナダ・アルバータ州の山間で行われたようだ なお、ポスプロのVFXで15,000人の仕事を創ったとしている 原題は"War for the Planet of the Apes"=「猿の惑星になるための戦争」か

▼先生!、、、 好きになってもいいですか? ⇒広瀬すずちゃんは相変わらず走り回っていた 映画「海街Diary」(2015年)で初めてお目にかかったが、また格段に演技が上手くなったように感じる でもまだ半分は天然で演じているような気もする なぜかすずちゃんの姿に引き込まれ共感してしまうので、昔を想い出して涙する女性も多そうだ 「ナラタージュ」も先生と生徒の恋愛を扱っているが、有村架純よりすずちゃんの方が演技上手だし、可愛い ただ、すずちゃんは19歳でまだしも、あとは皆20歳以上の俳優が高校生役を演じているのがちょっと… ロケ地は主に岡山市内だが、一部旧足利西高校(栃木県足利市)等も使われたようだ 橋上の名シーンは岡山市の旭川に架かる京橋を貸切りで撮影した模様

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »