« 1月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 1月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 »

2018年1月21日 (日)

1月中旬(11日~20日)に観た劇場映画

1月中旬(11日~20日)は、10本の劇場映画を観ました。長野県の野沢温泉スキー場に行って参りましたのでレポートが遅くなりました。

・ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(仏・独) ⇒リュック・ベッソンが原案・脚本・製作を兼ねたアクション作品 米国海軍の特殊部隊ネイビーシールズが陸上、空中そして水中で大暴れする 米国海軍の話を仏・独が映画化するのは不思議な感じ 回収した金塊の分配方法はヨーロッパ式か 撮影はセットや実物をなるべく使い、ドイツ、クロアチア、マルタそしてフランスの4ヶ国にまたがって行われたようだ 原題は"Renegades"=「(内なる)反逆者」か
・戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(中) ⇒サッカー選手のキング・カズこと三浦知良によく似た、中国の人気アクション俳優ウー・ジンが監督・主演を兼ねた戦争アクション作品 アフリカの内戦地帯から中国人や現地の民間人を救う雄大な話だが、余りにも中国、中国で国威発揚映画のよう 原題は「戦狼2 Wolf Warrior II」=「戦狼2 狼戦士2」か 「戦狼1」があったらしいが、日本未公開
・目撃者 闇の中の瞳(台) ⇒台湾のサスペンス作品 9年間の時間の流れ、加害者と被害者の込み入った関係性、いろいろなどんでん返しなど、1回の鑑賞では理解しきれないと思う 原題は「目撃者 Who Killed Cock Robin」=「目撃者 誰がコック・ロビンを殺したか」
▼5パーセントの奇跡 瞳から始まる素敵な人生(独) ⇒スリランカ系ドイツ人のサリーが95%の視力を失いながらも、親友の力を大いに借りて、一流ホテルのレストラン・スタッフの試験に合格するまでを描く 盲目を隠して付き合っていた一児の母である恋人、特別に厳しい試験官、そして同僚たちも最後には一つのチームのようになることに感動 原題は"Mein Blind Date mit dem Leben"(独)="My blind date with life"=「人生をかけた私の盲目デート」か
▼愛の病 ⇒2002年に和歌山で発生した「出会い系サイト強盗殺人事件」を基に製作された作品と聞いて驚いた 官能と狂気の女性がダメ男を操るサスペンス作品 終映後のトークショーに登場した女優が「本作品は女性には理解できる 最低なクズに対してはお姉ちゃんの気持ちになる」と話したのにまたビックリ

・ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(独・ベルギー) ⇒ベルギーのアントワープ出身のファッション・デザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンを追ったドキュメンタリー 最近は美を追求するファッション関係のドキュメンタリーが増えている ドリスはは女性・男性両者のためのファッションを考案し、年4回のコレクションを開催 庭も花も野菜も愛し、これも美の一環か 原題は単に"Dries"=「ドリス」
・伊藤くん A to E ⇒柚木麻子の同名連作短編集を、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の廣木隆一監督が映画化 作品自体はぶっ飛んでいて、すれ違いの会話や行動、意図しない相手への攻撃等面白い しかし、こんなに乾いた、相手の心に響かない台詞が現代的なのだろうか ロケ地は東京の渋谷、芝浦、新小金井、四谷、そして神奈川の川崎等らしいが、オフィス・シーンは東京丸の内・安田生命ビルにあるCBRE(株)の事務所のようだ CBREは、筆者も現役時代にお世話になった不動産コンサルティング会社
・悪と仮面のルール ⇒芥川賞作家・中村文則の同名サスペンス小説の映画化 米国流のフィルム・ノワールになっているのだと思うが、話がやや込み入っており、長尺なので疲れた ロケ地は東京23区内の品川、汐留、門前仲町、池袋等のあたりらしい
320_21 ★ピンカートンに会いにいく ⇒31歳広島県出身の坂下雄一郎監督のオリジナル脚本による商業映画3作目 まるで実話のような作品だが、かなりのユーモアが盛り込んであり、堅苦しくなくとても面白い喜劇 コメディ映画製作の分野における、坂下監督の今後の活躍を期待 基本的には、志途中で挫折した10代アイドル・グループが20年後に再結成しようとする話 アイドル時代の仲間内の話題・仲間割れ、芸能事務所の扱い・態度、アイドルの熱狂的ファンの想い、アイドル引退後の生活実態等々、喜劇タッチで引き込まれる ロケ地は国立市、立川市及び小平市の東京西部多摩地区と23区内等 劇場シーンはどうやら筆者の住んでいる小平市のルネこだいら(市民ホール)が使われたようだ
▼星くず兄弟の新たな伝説 ⇒1985年に監督・手塚眞、原案・近田春夫により製作された「星くず兄弟の伝説」の30年振りの続編 前作の2人の主人公達自身が老けた姿で登場するが、若返り施術により若い2人組に生まれ変わり、今度は月の世界に移動しロック・スターを目指す 歌手や俳優の大御所が多数登場し、面白いロック・ミュージカル・コメディになっている

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 1月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 1月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 »

映画(2018年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/72688022

この記事へのトラックバック一覧です: 1月中旬(11日~20日)に観た劇場映画:

« 1月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 1月下旬(21日~31日)に観た劇場映画 »