« 2月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月18日~24日の週に観た劇場映画 »

2018年2月18日 (日)

2月11日~17日の週に観た劇場映画

2月11日(日曜)~17日(土曜)の週は、12本の劇場映画を観ました。今回からは10日間毎から1週間毎のエントリーに変更します。

・マンハント(中) ⇒西村寿行の小説「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」(1975)を映画化した、高倉健主演の「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」(1976)をジョン・ウー監督が中国製作でリメイク オリジナル作品は東京と北海道が舞台だが、本リメイク版は大阪と岡山県蒜山(ひるぜん)高原が舞台 底流にあるのは製薬会社の違法・不法行為で同様だが、アクション内容や2人の女殺し屋の登場などほぼ新作企画風 原題は「追補 Manhunt」(中・英)=「追捕(追いかけて捕まえる)」 1979年に中国公開された高倉健主演の前出オリジナル作品の中国語タイトルも「追捕」 大阪市内のロケ地はあべのハルカス、でんしば、近鉄大阪上本町駅、中之島、堂島川、大阪城など
320_25 ▼犬猿 ⇒ユニークで面白い作品創りをする吉田恵輔監督が自身のオリジナル脚本で製作 極道の兄を持つ兄弟と美人だけが取得の妹を持つ姉妹が入り交じるブラック・コメディ お笑いコンビ「ニッチェ」の江上(えのうえ)敬子が生真面目で、器用な姉を好演 ロケ地は栃木県足利市、富士急ハイランド(静岡県富士吉田市)、東京池袋の居酒屋など
・悪女 AKUJO(韓) ⇒韓国初の女性主役のアクション作品 冒頭主役のスクヒ(女性)が敵地に乗り込み、50人以上もの敵と戦い倒す連続シーンがクライマックスかも チョン・ビョンギル監督が格闘技黒帯の女優キム・オクビンを主演に起用 彼女はアクション・シーンの9割以上をスタントなしで自ら演じたそうだ 原題は"The Villainess"=「悪女、毒婦」
・富美子の足 ⇒谷崎潤一郎の同名小説を映画化 「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」企画3部作の第2作目 いわゆる「脚・足フェチ」の話で、確かに美しい脚・足を溺愛し、舐めまくる男たちを描く ロケ地はさいたま市のあたりらしい
▼不能犯 ⇒雑誌連載中の宮月新原作同名コミックの実写映画化 誰にでも生じそうな邪悪の心を実現してくれる男がいたらという発想のサイコパス・ホラー・サスペンス作品 主役宇相吹(確か、うそぶき)正を演ずる松坂桃李が結構怖い 対決する刑事多田友子を演じる沢尻エリカは思った以上に好演 どんでん返しの筋もあり面白い ロケ地は東京都立川市(立川駅、立川中央病院)、国立市(国立市役所、国立音大)、多摩市(多摩センター)、静岡県牧之原市(榛原(はいばら)中央病院)など

・坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async(米・日) ⇒中咽頭癌を乗り越えた坂本龍一が、昨年8年振りに発表したアルバム「async」のリリースを記念して開催したライブの映像化 坂本龍一がついに辿り着いた、自然界の揺らぎにも似た不思議な音で溢れている 会場は米国ニューヨーク市マンハッタンのパーク・アヴェニュー・アーモリーで、観客は1回100人限定とのこと
・ライオンは今夜死ぬ(仏・日) ⇒日本の諏訪敦彦監督(兼脚本)がフランスの名優ジャン=ピエール・レオを起用して、南仏コート・ダ・ジュールのラ・シオタやグラースで撮影 2つの映画撮影現場と死をからませて物語が展開 原題は"Le lion est mort ce soir"(仏)="The lion is dead tonight"で邦題どおり ジャンが好きで、作品中に歌われる歌のタイトルでもある
・苦い銭(仏・香) ⇒中国雲南省昭通市から2,000km以上離れた浙江省湖州市に出稼ぎに来た少女らを追ったドキュメンタリー 約1,800の縫製工場があり約30万人の出稼ぎ労働者が2,500円前後の日給で子供服を製造しているそうだ ワン・ビン(王兵)監督の本作は巷では高評価のようだが、やや画面の暗い映像が2時間40分以上長々と続くので、筆者にはやや苦痛だった 原題は「苦钱 Bitter Money」で、和訳は「苦い銭」というよりは「苦しい、又は辛い銭」か
320_24 ▼巫女っちゃけん。 ⇒昨夏猛暑の中にもかかわらず、広瀬アリスが巫女の装束に扮し、福岡県福津市にある宮地獄神社でロケした作品 宮地獄神社はもちろん福津市のこともよく知らなかったが、神社は実名そのままで登場 神社の巨大な注連縄(しめなわ)と西方向に一直線に続く参道の先の海岸に落ちる夕日は有名らしい ペチャパイ(?)の広瀬アリスが主演し、妹すずに負けないぶっ飛んだ演技を見せた 母子の確執、母と女の葛藤などが底流にあるテーマ 神社の作法なども教えながらも、リリー・フランキー扮するとぼけた宮司やオーディション採用の子役の演技を含め、コミカルで、大げさで、面白い ロケ地は神社を中心、福津市内各地
・コンフィデンシャル 共助(韓) ⇒北朝鮮の偽札ドル・スーパーノート印刷用の銅版が盗まれ韓国ソウルに 北朝鮮外交団とともに派遣されたイケメン刑事が韓国のブサイクな刑事と組んで3日間で共助捜査を行うという斬新な構想 両国の隠された意図、個人的な怨念・遺恨、居候娘の恋心などがコミカルに描かれる ただし、韓国作品らしい格闘やカーチェイスのアクションも見逃せない 「LUCK-KEY  ラッキー」(韓2016)でも好演した韓国刑事役のユ・ヘンジがとにかく面白い 本作を観ると、現状の金王国の実情にかかわらず、韓国国民は同民族だからと楽観的考えているのかもしれない 原題は"Confidential Assignment"=「機密指定」か

・劇場版 アイドルキャノンボール2017 ⇒アイドル発掘ドキュメンタリーとテレクラキャノンボールを何とか合体させようとしたドキュメンタリー風作品 アイドル候補生又は現役アイドルとの××撮りを目指すという、何ともハチャメチャな設定 ロケ地は千葉県東金市の合宿所の他、宮古市や横浜市
・リバーズ・エッジ ⇒岡崎京子の人気同名原作漫画の実写映画化 イジメ、暴力、タバコ、セックス、ドラッグ、芸能活動、過食・拒食、兄弟・姉妹の確執など、高校生活にまつわる目一杯の問題が登場 横長ではなく横縦4:3のスタンダードサイズの狭い画面で、少々老けた高校生たちが登場・演技 ロケは、浜松市の廃高校と足利市の渡良瀬川河川敷の他、桐生市、川崎市、和光市等首都圏各地で行われた模様

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 2月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月18日~24日の週に観た劇場映画 »

映画(2018年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/72907248

この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日~17日の週に観た劇場映画:

« 2月上旬(1日~10日)に観た劇場映画 | トップページ | 2月18日~24日の週に観た劇場映画 »