« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の4件の記事

2018年5月27日 (日)

5月20日~5月26日の週に観た劇場映画

5月20日(日曜)~5月26日(土曜)の週は、8本の劇場映画を観ました。やや物足りない作品が多かったような気がします。

・名もなき野良犬の輪舞(ロンド)(韓) ⇒犯罪組織、そのトップとそれを狙う者、刑務所内の囚人たち、そのボス、警察の潜入スパイ、無慈悲な警察の女上司等々、冷酷・無慈悲で誰も信じられない者たちが入り乱れる 原題は"The Merciless"=「無慈悲な奴ら」
・のみ(蚤)とり侍 ⇒阿部寛が江戸時代の越後長岡藩の財政担当藩士に扮する 藩家老の不正を暴こうとしたが、謀略により藩主の命で「猫の蚤(のみ)とり」にされてしまう それは当時の男娼のようなもの 「後妻業の女」(2016)の鶴橋康夫監督が小松重男(1931-2017)の同名短編小説(1987)などを脚色して映画化 「後妻業の女」に主演した大竹しのぶと豊川悦司も出演 ロケはほぼ全編東映京都撮影所(東映太秦映画村)で行われたが、処刑場のシーンでは滋賀県近江八幡市の八幡堀が使われたようだ
・四月の永い夢 ⇒中学校の音楽教師を辞して蕎麦屋でアルバイトする主人公に、自死した昔の恋人からの手紙が届くことでいろいろな思い出・感情が湧き上がる ロケはほぼ全編東京都国立市で行われたようだが、冒頭の桜花と菜の花のシーンは埼玉県北本市の荒川沿いの城ヶ谷堤(じょうがやつつみ)が使われたとのこと
・ピーターラビット ⇒英国のビアトリクス・ポター(1866-1943)作の絵本「ピーター・ラビット」シリーズを実写映画化 舞台はウサギたちが住む英国湖水地方とロンドン(ハロッズ百貨店) 実写とCGのウサギたちが完全に合成 リアルなウサギたちが放つ講釈は、いちいち英国らしいブラック・ユーモアに富む 原題も"Peter Rabbit"
・恋は雨上がりのように ⇒神奈川県横浜市出身の女性漫画家・眉月じゅん(1983年4月生れの35歳)の同名原作コミックを実写映画化 17歳の俊足女子高生(小松奈菜)と45歳の冴えないファミレス店長(大泉洋)との淡い恋を描く 中年男性への秘かなエールかもしれない ロケ地は原作者の出身地神奈川県を中心とした首都圏各地 具体的には、一番よく登場するファミレス・ガーデンは千葉県我孫子市の閉鎖したレストラン・ステラ(大掛かりにセット化)、主人公が通った高校は外観が神奈川県立氷取沢高校(横浜市)で内観が埼玉県立大宮工業高校、夏祭りは東京都大田区の新田神社、終盤の浜辺のシーンは神奈川県鎌倉市の由比ガ浜などらしい

・ランペイジ 巨獣大乱闘 ⇒主演のドウェイン・ジョンソンが売りの作品 宇宙での遺伝子操作実験の失敗により地球上の動物たちが巨大化 しかし、いくら巨大化したとしても、あんなにいとも簡単にビルや車やヘリなどを破壊できるのだろうか 1986年開始のアーケードゲーム"RAMPAGE"が企画の基 原題も"Rampage"=「大暴れ」
・枝葉のこと ⇒新鋭監督の二ノ宮隆太郎が監督・脚本・主演を兼ねた ほぼ実話で構成されており、監督の実父も登場 エンドクレジットも元国語教師であった実父が作成 スタンド・インはほとんど使わず、6日間で撮影しほぼカットせずに編集 音もAVの声以外はほぼ同時録音 筆者が感じたのはとにかく煙草を吸うシーンが多いこと 主演は20回以上吸っているのではないか ロケ地は監督が幼年時実際に住んでいた神奈川県横浜市旭区二俣川らしい
320_12 ▼サムライと愚か者 オリンパス事件の全貌(独・仏・英・日・デンマーク・スウェーデン) ⇒2011年7月雑誌「月刊FACTA」8月号の記事で初めて報道されたオリンパス事件についてのドキュメンタリー 1990年代のバブル崩壊時に大損失を抱えた財テクを不明瞭・不適切な会計処理(飛ばし)によって、長年の間オリンパスが損失隠しをした事件 2011年4月に菊川剛社長の後を継いだ英国人のマイケル・ウッドフォード社長がそれに気付き、米国会計事務所の調査結果を基に同年10月に菊川会長と森久志副社長の退任を迫るが、逆に解任されるという衝撃的な結末に 月刊FACTAの続報、英フィナンシャル・タイムズの報道、英米の捜査機関による追求などがあり、2011年11月にオリンパスは第三者委員会を設置し、その調査の結果損失先送りが明らかになり、菊川は取締役も辞任 技術系OBらによるウッドフォード社長復帰運動などもあったが、ウッドフォードは2012年6月に英国でオリンパスと和解し、約12億円を手にする 終映後本作のエグゼクティブ・プロデューサーの1人である奥山和由がトークショーに登場 本作企画は、オリンパスが広告主であったため日本では余り支持されず、欧州のファンドの資金に頼ったこと、したがって、2015年に完成した本作はまず英BBCを手始めに欧米で公開され、日本公開は今年になったことなどが語られた

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

5月13日~5月19日の週に観た劇場映画

5月13日(日曜)~5月19日(土曜)の週は、10本の劇場映画を観ました。実話に基づいた物語は、やはり説得力があると思いました。

・孤狼の血 ⇒柚月裕子の同名小説を、「凶悪」(2013)や「日本で一番悪い奴ら」(2016)の白石和彌監督が映画化 暴力団対策法成立直前の昭和63年(1988年)、広島県呉原市における暴力団同士の抗争と警察の型破りで桁違いな対応を描く ほぼ全編広島県呉市でロケ撮影されており、東映の「仁義なき戦い」シリーズの続編のようにも
・レザーフェイス 悪魔のいけにえ ⇒「悪魔のいけにえ」(1974)のチェーンソー殺人鬼レザーフェイスの前日譚らしい 1955年の米国テキサス州での出来事を描く 医療少年院での過酷な現実と脱走後の迷走振りは見事で、殺人場面はとにかく凄惨 原題は単に"Leatherface"=「レザーフェイス、皮の被り物」
・蝶の眠り(日・韓) ⇒中山美穂主演で、韓国人監督(原案・脚本を兼ねる)が韓国人男優を共演に起用し製作 アルツハイマーに罹った50代の女流作家と韓国人留学青年との恋を描く ロケ地は東京・新宿、神楽坂・赤城神社、品川区東京海洋大学、千代田区山の上ホテル、千葉県流山おおたかの森などか
・さらば青春、されど青春。  ⇒映画ランキングの上位にあったので、一応観に 幸福の科学創始者・総裁の大川隆法の半生を描いた宣伝映画のようだった 息子の大川宏洋が隆法役で主演、千眼美子(清水富美加)が恋人役で共演 1956年に徳島県川島町(現吉野川市)で生まれ、東京の大学を卒業し、商社に入社 東京、ニューヨーク、名古屋勤務を経て1985年末に退社 大卒後に始まった霊的覚醒を基に、1986年に幸福の科学を創設
・honey ⇒目黒あむの原作同名コミックの独特な世界観を実写映画化 乱暴者に見える男子高校生と小心者の女子高校生の恋愛を描く ロケ地は神奈川県藤沢市・鎌倉市・横浜市等各地と千葉県浦安市、静岡県伊豆、茨城県土浦市、栃木県足利市など

・君の名前で僕を呼んで(伊・仏・伯・米) ⇒1983年夏、北イタリアの某所でのラブ・ストーリー 別荘に避暑に来たイタリア人教授夫妻の息子とアメリカから来た大学院生が交わる LGBTのGの話なので、筆者は余り落ち着かなかったが、作品中でも示唆されるように欧米ではもうすっかり普通のことになっているようだ 言語は伊と英のようだ エジプト出身の作家の原作同名小説の映画化 原題も"Call Me by Your Name"で邦題どおり
・フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 ⇒米国フロリダ州の夢の国ディズニー・ワールド近くのモーテルでこのような母子家庭の生活があるなんて想像がつかなかった 元気な子役たちの演技が救い 原題も"The Florida Project"で邦題どおり
320_10 ★モリーズ・ゲーム ⇒本作の原作同名回想録を著したモリー・ブルーム(Molly Bloom)は、1978年4月21日に米国コロラド州で生まれているのでまだちょうど40歳 写真を見る限り、本作主演のジェシカ・チャスティンにも負けず劣らずの妖艶な美女 英語版回想録のタイトルは"Molly's Game: From Hollywood's Elite to Wall Street's Billionaire Boys Club, My High-Stakes Adventure in the World of Underground"(2014)と長いもので、和訳すると「モリーのゲーム:ハリウッドのエリートからウォールストリートの億万長者ボーイズクラブまで、地下ポーカーの世界での高額ギャンブルの冒険」という感じだが、残念ながら和訳本は出版されていない これに本人からの取材で肉付けをして脚本製作し、監督までやってのけたのが、「ソーシャル・ネットワーク」(2011)、「マネーボール」(2011)、「スティーブ・ジョブズ」(2015)の脚本で著名なアーロン・ソーキン 主役モリーは厳格な家庭に育ち、英才教育で女子フリースタイルスキーのモーグルで全米3位(1999年)となるとともに、ハーバード大学のロー・スクールに入学を許された 入学前にロサンゼルスに息抜きに行くが、そこで高額ポーカー・ゲームに出会い、最後には自分自身で事業を立ち上げ数年で4、5億円の利益を上げる 女性でありながら、未だ男性社会の米国で男性を手玉に取りながら事業を推し進める底力にただただ感動 顧客とは絶対に男女の関係にならないことや、顧客の秘密を厳守することは事業推進には欠かせない 米国では避けて通れない司法省、FBI、検察などとの法廷闘争にも立派に立ち向かった 原題も"Molly's Game"
320_11 ▼マルクス・エンゲルス(仏・独・ベルギー) ⇒本作は余りにも有名なプロイセン(現ドイツ)出身の2人の哲学者・思想家・経済学者の若き時代を描いたもの カール・マルクスは1818年に、フリードリッヒ・エンゲルスは1820年に共にプロイセンで生まれた その頃は18世紀に英国から始まった産業革命が欧州全域に浸透し、資産を所有する資本家と搾取される労働者の階級闘争が激しくなっていた 労働者階級(プロレタリアート)に与しようとする2人は当局に睨まれ、1843年独・ケルン、1844年仏・パリ、1845年ベルギー・ブリュッセルと移住 1848年にブリュッセルで有名な「共産党宣言」を2人で共同執筆するが、このあたりの経緯を仏・ジョセフ・プルードンとの交流などを含めて大きく描く マルクスは改宗ユダヤ人の子孫で、プロイセン貴族のウェストファーレン家出身の夫人と結婚 またエンゲルスは父親が紡績工場の共同経営者であるが、調査に行った英・マンチェスターでアイルランド系の貧しい女性労働者と出逢い・結婚 いずれも資本家階級の出自を持つことから、逆に労働者階級の実態もよく理解できたものと思われる 2人とも最後は英・ロンドンに永住し、資本論を書き上げるが、これには英国の心の広さ・深さが感じられる 彼らの目指した共産主義は各地で実現されるが、資本主義とともに修正・改善され双方はかなり近付いたものになっている 現在公開中の「私はあなたのニグロではない」の監督でもあるラウル・ペックが監督・製作・脚本を兼ねる 言語は独・仏・英のチャンポン 日本公開後3週間が経つが、定員200人規模の小劇場に100人以上の観客が 原題は"Le jeune Karl Marx"(仏)="The Young Karl Marx"=「若きカール・マルクス」
・29歳問題(香) ⇒原題は「29+1」 香港の著名舞台女優キーレン・バン(彭秀慧)が2005年に発表した、製作・脚本・主演を兼ねた一人芝居の映画化で、今回は監督と脚本を兼ねた 30歳直前のキャリア・ウーマンの心象を、対極にある女性と比べて描く

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

5月6日~5月12日の週に観た劇場映画

5月6日(日曜)~5月12日(土曜)の週は、5本の劇場映画を観ました。前半は旅行中だったので、いつもの半分位の鑑賞数でした。

・サバービコン 仮面を被った街 ⇒ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚本の大車輪の活躍 1950年代に米国ペンシルベニア州の白人住宅地で発生した黒人家庭迫害事件とジョエル&イーサン・コーエン兄弟の脚本(1999)を合体 1950年代の街並み、住宅、車、服装、食物、ダイヤル式電話等々を、南カリフォルニアでのロケやセットで忠実に再現 映画のナレーションや場面展開方法も昔風 マット・デイモンとジュリアン・ムーア(一人二役)が主演 子役のノア・ジューブも名演技 原題も"Suburbicon"=「郊外」
・ラブ×ドック ⇒吉田羊主演で、36歳から40歳にかけての3回半の痛い恋愛体験模様を喜劇調で描く 恋愛の相手役は吉田鋼太郎、玉木宏そして野村周平 また親友に大久保佳代子 監督はいつもは脚本家の鈴木おさむで、当然本作の脚本も担当 ロケ地は東京都豊島区巣鴨地蔵通り、江戸川区篠崎・葛西かもめ橋(ハート型オブジェの中に鐘)、千葉県香取市佐原、鴨川シーワールドなど
320_9 ▼アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル ⇒1994年のリレハンメル(ノルウェー)五輪で、女子フィギュアスケートのフリー演技開始直後に泣き出して、審判席で片足を上げて靴紐の問題を指摘していたトーニャ・ハーディングの映像は、恐らく多数の人の記憶に残っているだろう 本作は彼女の波乱万丈な半生を描くドキュメンタリー風作品 1970年に米国オレゴン州ポートランドの貧しい家庭に生まれたトーニャ(マーゴット・ロビー)は、鬼のような母親(アリソン・ジャネイ)の下でフィギュアスケートの猛特訓に励み頭角を現す 当時伊藤みどりに次いで世界で2番目に、米国では最初にトリプル・アクセル・ジャンプを成功させた彼女は、アルベールビル(仏・1992)とリレハンメルの2度の五輪に出場 リレハンメル五輪直前の全米選手権会場で練習中のライバルのナンシー・ケリガンが膝を殴打される事件が発生し、トーニャの係わりが全米の話題になった 日本では伺い知れなかった、事件に至る背景、複雑な家庭事情、狂った友達関係などが赤裸々に語られる 本作製作にも加わった主演のマーゴット・ロビーは実際にフィギュアスケートにも挑戦 母親役のアリソン・ジャネイは本作で今年の第90回アカデミー賞助演女優賞を獲得 原題も"I, Tonya"
・ミッドナイト・サン タイヨウのウタ ⇒日本映画「タイヨウのうた」(2006)のハリウッド・リメイクらしい 100万人に1人が発症するXP(色素性乾皮症)という病気にかかった少女と水泳と大学進学を諦めかかった青年の恋を描く 舞台は米国ワシントン州シアトル郊外の街 本作のために作られたオリジナル曲数曲も素晴らしい 門限を"curfew"というのを知った 原題も"Midnight Sun"=「真夜中の太陽」
・アベンジャーズ インフィニティ・ウォー ⇒ディズニー傘下のマーヴェル・コミックによる「アベンジャーズ」シリーズの第3作目 宇宙最強の敵サノスと戦うため、コミック・映画に登場するありとあらゆる宇宙ヒーローが集結・登場 長尺だが映像に目を奪われている内に次作もありそうな終わり方に エンド・クレジットに登場する人名は3,000人を超えていそうだが、その内半分以上はポスプロ・VFX関係の人々か 原題も"Avengers: Infinity War"、あえて和訳すると「報復者:無限の戦争」か

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

4月29日~5月5日の週に観た劇場映画

4月29日(日曜)~5月5日(土曜)の週は、8本の劇場映画を観ました。GW連休なので子供向けに注力しているからか、大人には少し中だるみ的な作品が多かったような気がします。

320_8 ▼ロンドン、人生はじめます(英) ⇒原題は"Hampstead"=「ハムステッド」で、ロンドン北部の高級住宅地の地名 昔は文人、今は俳優やミュージシャンが住む ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)という広大な公園があり、ここが本作の舞台 物語はヘンリー・ハロウズという実在の人物の体験を基にしている ハムステッド・レーン(Hampstead Lane)の高級マンションに暮らす老未亡人エミリー(ダイアン・キートン)と公園に小屋を建て17年間も不法占拠している老人ドナルド(ブレンダン・グリーソン)が主人公 家族、資産、近所付合いなどに疲れたエミリーと生活や資産には全くこだわりがなく自由気ままに暮らすドナルドが徐々に惹かれ合う 立退きを迫られたドナルドは、エミリーと協同で争った裁判を通して土地の所有権を認められるものの二人は別れることになる しかし、思わぬところで再会
・ザ・スクエア 思いやりの聖域(スウェーデン・独・仏・デンマーク) ⇒昨年の第70回カンヌ国際映画祭(2017)で最高賞のパルムドールを受賞した作品 前作「フレンチアルプスで起きたこと」(2014)で注目されたスウェーデンのリューベン・オストルンド監督の作品 社会保障の進んだ世界一幸せな国と思われているスウェーデンでも貧富格差や住宅格差があることを指摘 皆が助け合う場所・スクエアを企画した主人公が様々なトラブルに遭遇 基本的には不条理劇のようなので、筆者には分かりにくい 原題も"The Square"
・ばぁちゃんロード ⇒結婚するにあたって、幼少期に面倒を見てもらった祖母キヨ(草笛光子)とバージンロードを歩きたいという夢に向かって奮闘する夏美(文音:あやね)の姿を描く ロケ地は富山県氷見市各地で、田中家(民家)、比美乃江公園、薮田漁港、朝日山公園、氷見あいやまガーデン等々 他に高岡市のニチイ学館高岡教室も使用
・となりの怪物くん ⇒ろびこ原作の同名少女コミックの映画化 東宝製作だけあって、主人公の春(はる)に菅田将暉、雫(しずく)に土屋太鳳と売れっ子を起用 雫はがり勉で親友はいない 春はいじめられっ子を助けて暴力を振るったため登校しない そんな2人が一気に親しくなり、最高の夏、文化祭を迎える 24歳と22歳が高校生役なので少々違和感はあったが、結構面白かった ロケは、学園キャンパスとして富山市の片山学園中学・高校がメイン 他に山梨市笛吹川フルーツ公園、東京都江東区武蔵野大学有明キャンパス、富山市黒岩運河環水公園、埼玉県熊谷市JR熊谷駅北口、静岡県三島市三嶋大社、千葉県柏市麗澤大学、神戸市ビーナスブリッジなど 前記「ばあちゃんロード」に続いて、富山県でのロケも多いな
・さよならの前に約束の花を ⇒アニメ映画作品の脚本家である岡田麿里女史が監督・脚本を初めて務めたアニメ作品 映像は美しく、愛と感謝に満ちたアクション・ファンタジー 400年の寿命を持つ少女とたまたま面倒を見ることになった赤ん坊の男の子との間の愛情を描く 少女は余り変化しないまま、赤ん坊は少年から青年へと成長していくギャップに悩む

・ホース・ソルジャー ⇒原題は"12 Strong"=「12人の強者」 ダグ・スタントン原作の同名ノンフィクション小説(邦題はやはり「ホース・ソルジャー」)を映画化 1993年のニューヨーク・ワールド・トレード・センター(WTC)爆破テロ、1998年のケニアとタンザニアの大使館爆破テロ、そして2001年9月11日の米国同時多発テロを受けて、米国は陸軍特殊部隊(グリーンベレー)から12人の隊員をタリバン掃討のためウズベキスタンの基地経由でアフガニスタンに派遣 大尉(クリス・ヘムズワース)と准尉(マイケル・シャノン)に率いられた12人の部隊は、現地のアフガニスタン将軍と協力し、結局騎馬で戦闘に立ち向かい、3週間で拠点のマザーリシャリーフを奪還 対タリバンでは最初で最大の勝利となった 2012年にはWTC跡メモリアルに騎馬隊の銅像が建てられた ロケはさすがにアフガニスタンで行う訳にはいかず、風景がよく似た米国ニュー・メキシコ州で激しい戦闘シーンなどが撮影されたようだ
・ラプラスの魔女 ⇒東野圭吾の書下ろし同名小説(2015)をサスペンス・アクション映画では定評のある三池崇史監督が映画化 東宝の製作だけあって、キャストとスタッフはさすが テーマはサイキック(超能力者)ではあるが、従来のパターンでは自らの能力で何らかの超常現象を引き起こすのに対して、本作では自然現象を正確に予知・予測する 広瀬すずは、おかっぱあたま(ボブ、ボブカット、マッシュルームカット)の高校生役にはよく似合っていたが、今回は余り魔女らしくない 「巫女っちゃけん。」(2018)の姉アリスの方が役者か 冒頭の2つの殺人事件は雪の銀山温泉(山形県尾花沢市)と東山温泉(福島県会津若松市)でロケされたようだ 他のロケ地は千葉県茂原市・浦安市、栃木県佐野市、神奈川県横浜市など首都圏各地か
・ほんとにあった!呪いのビデオ BEST10 ⇒18年間で集められた呪いのビデオから選りすぐった10本 怖いもの観たさで出かけた 夜や暗い場所でのビデオばかりかと思ったが、白昼、明るい場所でのものが半分近くあった

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »