« 6月3日~6月9日の週に観た劇場映画 | トップページ | 6月17日~6月23日の週に観た劇場映画 »

2018年6月17日 (日)

6月10日~6月16日の週に観た劇場映画

6月10日(日曜)~6月16日(土曜)の週は、6本の劇場映画を観ました。今週もイベントに押されました。

・Vision(日・仏) ⇒河瀬直美監督が昨年の第70回カンヌ国際映画祭(2017)で出会ったマリアン・スロット・プロデューサーと仏女優ジュリエット・ビノシュに出会い、本作の企画がスタート 昨年後半に奈良県吉野町の神秘の森で2度撮影し、今月短期間で公開となった 欧州の芸術作品の影響を受けたためか、かなり形而上的なものになっている
320_33 ★万引き家族 ⇒是枝裕和監督のオリジナル脚本による作品 今年のカンヌ国際映画祭(2018)で最高賞のパルムドール("Palme d'or"=「金のヤシの小枝」)を受賞しただけあって面白い 都会の片隅の古い平屋で暮らす、反社会的で犯罪的な家族だが、ユーモアと笑いにあふれ楽しい生活を送っている 終盤に警察に捕まり、その尋問により家族一人ひとりの秘密が明かされていくところもユニーク 子供たちを家庭、家族あるいは社会で充分に育てて行けないという現代社会への痛烈な皮肉と批判のように感じる 移民・難民が多く暮らし、二極化も進む欧州で広く共感されたのもこの点ではないだろうか ロケ地は、家族の暮らす古民家、商店街、団地、ルアーショップ、病院など、主に東京都足立区内 海水浴シーンは千葉県いすみ市と小湊鉄道で撮影された模様
・羊と鋼の森 ⇒第13回本屋大賞(2016)を受賞した宮下奈都の同名原作小説の映画化 普段余り日の当たらないピアノ調律師という職業に着目したのはユニーク 山崎賢人、鈴木亮平、三浦友和らはかなり調律師の訓練を受けた模様 母親がピアノ教師である上白石萌音・萌歌の姉妹は幼少期に習ったピアノの腕を格段に向上させた 終盤の結婚式シーンで萌音が弾くピアノに合わせた、北海道の森に舞うダイヤモンドダストの映像は秀逸 ロケ地は中・高校、調律会社、個人住宅、飲食店、コンサート会場、JR駅等々、ほぼすべて北海道旭川市内 ただ外国人大物ピアニストによる演奏の撮影は埼玉県入間市にある武蔵野音大入間キャンパスの大ホール・バッハザールで行われた模様
320_34 ▼30年後の同窓会 ⇒原題は"Last Flag Flying"=多分「最後に旗は翻る」 「6歳のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレーター監督が、ダリル・ポニックサンの同名原作小説(2005)に着目し、12年の歳月をかけて映画化 最近少しずつ増えているアマゾン・スタジオ作品 戦場での友情をベトナム戦争とイラク戦争をつないで描く 一方ロード・ムービーでもあり、南は米国ヴァージニア州ノーフォーク、リッチモンドから、ワシントンD.C.を経由して、北はニューハンプシャー州ポーツマスまでに至る 3人の男同士の会話に重点を置き、3週間のリハーサルを行い、息を合わせるとともに、脚本も何度も書き換えたようだ 最後は手紙で締めくくったのは、粋で感動的
・最初で最後のキス(伊) ⇒イタリア・ミラノからイタリア北東部の田舎町ウーディネに養子として引き取られた高校生と現地高校生との交わりを描く ファッション、ダンス、イジメ、友情、恋愛など、いろいろな側面を取り込む 最後の悲劇は米国で実際にあった事件を題材に 原題は"Un bacio"(伊)="A kiss"=「一回のキス」で邦題どおりでもある

・OVER DRIVE ⇒ラリーの整備士とドライバーの兄弟(東出昌大・新田真剣佑)間に横たわる愛情、競争心、一人の女性を巡る話などが、過酷なラリー競技の映像とともに映し出される ラリー競技が転戦する日本各地における、迫力あるラリー・シーンのロケは、東京・お台場、栃木県、富山県、山口県、福岡県北九州市・宗像市、長崎県、群馬県などで大々的に公道を借り切って実施 ロケには、レーシング・ドライバーでもあるトヨタ自動車・豊田章男社長の全面後援を得て、実物のレースカー・ヤリスが登場し、本物のメンテナンス・チームやドライバーが参戦 作中のスポンサーとしてセイコーとパイオニアも全面協力 また、兄弟二人が自転車で山を下るシーンは静岡県伊豆・稲取細野高原で撮影されたようだ 新田は「ちはやふる」3部作シリーズとは打って変わって、腹筋が6パックのムキムキ・マンに変身

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 6月3日~6月9日の週に観た劇場映画 | トップページ | 6月17日~6月23日の週に観た劇場映画 »

映画(2018年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/73660146

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日~6月16日の週に観た劇場映画:

« 6月3日~6月9日の週に観た劇場映画 | トップページ | 6月17日~6月23日の週に観た劇場映画 »