« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の4件の記事

2018年8月26日 (日)

8月19日~8月25日の週に観た劇場映画

8月19日(日曜)~8月25日(土曜)の週は、10本の劇場映画を観ました。見応えのある作品が多かったように思いますが、B級作品も観てしまいました。

・追想(英) ⇒英国ブッカー賞受賞作家イアン・マキューアン(1948~)の原作小説"On Chesil Beach"(2007、和訳本のタイトルは「初夜」、直訳は「チェシル・ビーチにて」)の映画化 マキューアン自らが脚本も書いている 砂ではなく丸い小石でおおわれた、英国らしく薄暗いが美しいチェシル・ビーチ(英国南部のウェイマスにあり、イギリス海峡に面す)で映像で始まり、そこで終わる 欧州には、フランスのニースもそうだが、小石のビーチが結構あるようだ 1962年の夏、英国ではまだ保守的で階級社会が色濃く残っている時代に、新婚旅行にチェシル・ビーチに来た若い男女の決意とすれ違いを、フラッシュバックを多用しながら描く BBC製作で、パインウッド・スタジオでも撮影 原題は原作小説と同じ"On Chesil Beach"
320_54 ▼詩季織々 ⇒「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」そして「上海恋」の短編アニメ3作によるオムニバス作品 いずれも中国の田舎と都市のエピソードだが、とても身近で哀愁のこもったストーリーと美しい映像が印象的 リ・ハオリン総監督(中)が新海誠監督(1973~)に働きかけ、新海監督作品を手がけるスタジオ「コミックス・ウエーブ・フィルム」が参加した日中共同作品 「陽だまりの朝食」のテーマがビーフンなので、お土産にビーフン2袋をもらった
・銀魂2 掟は破るためにある ⇒北海道出身の漫画家・空知英秋(1979~)の同名原作コミック(2004~)の実写映画化第2弾 すでにテレビ・アニメ化もされている 空知というペンネームは出身地の北海道空知地方からとっているらしい 原作もギャグ満載だが、本作も冒頭からギャグ炸裂で、オープニングを2度やり直すほど 北海道らしく発想にすべて制約や限界がないのがいい ただし、着ている制服が似ているので、フル・キャストなのに誰が誰だか分かりにくい連中がいるのが難 撮影は東映京都撮影所(東映太秦映画村)で行われた他、栃木県日光市・足利市、岐阜県、静岡県、東京都江東区豊洲などでロケをした模様
・劇場版コード・ブルー 緊急救命 ⇒ロングランになっているので、観逃さないように出かけた 2008年7月から放送されているテレビ・ドラマの劇場映画版 成田空港での航空機事故と東京湾アクアライン・海ほたるでのフェリー衝突事故を中心に展開 テレビ・ドラマは観ていないが、単純に面白い テレビ・ドラマのファンならば尚更だろう ただし、仕方がないかもしれないが、ドクターやナースが皆同じ制服・衣装を着ているので、見分けにくかった ロケ地は千葉県で、成田空港と海ほたるは当然として、印西市の日本医科大学千葉北総病院と千葉市の神田外語大学も使われたようだ
320_55 ★SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班(中・香) ⇒香港を舞台に、凶悪な爆弾テロリストと香港警察爆弾処理班の壮絶な闘いを描く 爆発の強烈なアクション映像は並外れていて見物 ロケのセットには相当な資金を投入したものと思われる 主演のアンディ・ラウ(1961~)も、意表を突いた演技もあり、熱演・好演 アンディは最終的に爆死したようにも思えるが、続編が企画されているらしいのでそうではないかもしれない 原題は「拆彈專家 Shock Wave」で、「拆彈專家(発音:Chāi dàn zhuān jiā)」は"bombing expert"=「爆弾の専門家」か "Shock Wave"は「衝撃波」

・ブッシュウイック 武装都市 ⇒米国ニューヨーク市ブルックリン区ブッシュウィックの地下鉄の駅を出ると、あたり一面は戦場と化していたという一種のパニック・サバイバル・B級作品 ヒロインは謎の男と一緒に市街戦を潜り抜けながら、祖母と妹を探す 長回しの映像が多いと思っていたら、手持ちカメラを使って全編でわずか10カットらしい テキサス州を主体とした有志州がアメリカ合衆国から独立を画策するという背景だが、米国人の中にはまだそういうことを考える人がいるということか 原題は単に"Bushwick"
・チャーチル ノルマンディーの決断(英) ⇒本作は、英国の元首相ウィンストン・チャーチル(1874~1965)が、米国を中心とした連合国軍が立案したノルマンディー(フランス)上陸作戦に、本当は反対していたという歴史的事実に光を当てる 第二次世界大戦中の1944年6月の話だが、チャーチルは英国国王ジョージ6世(1895~1952)の前で連合国軍最高司令官アイゼンハワー大将(1890~1969)に反対意見を述べたという チャーチルは第一次世界大戦中に海軍大臣として指揮したオスマン帝国とのガリポリの戦い(1915)、特にダーダネルス海峡での上陸作戦で英仏連合軍の若者約5万人を戦死、約10万人を戦傷させたトラウマがあった 妻の助言や婚約者が上陸作戦に参加しているタイピストの励ましなどにより、チャーチルは苦悩から立ち直り、6月6日午前6時に国民を激励するラジオ演説に向かった チャーチルは最も偉大な生粋の英国人(the greatest briton)ともいわれる 原題は単に"Churchill"
・センセイ君主 ⇒幸田もも子(1984~)の同名原作少女漫画(2013~2017)を月川翔監督(1982~)が映画化 浜辺美波(2000~)が演じる女子高生が、竹内涼真(1993~)演じる新任数学教師・クラス担任に一方的に恋しアタックする学園ラブ・コメディ 浜辺も竹内もなかなか好演で、浜辺の親友の川栄李奈(1995~)もいい味を出している 特に、美波は{君の膵臓を食べたい」(2017)の時より可愛くなっているような気がするし、表情も豊か 学園もの・お決まりの行事シーン、文化祭・合唱コンクールでは「JUDY AND MARY」の「Over Drive」をクラス全員で歌うが、1995年リリースのこの曲は筆者の記憶には余りない ロケ地は、学校関係は兵庫県西宮市にある神戸女学院大学と三田(さんだ)市にある三田祥雲館高校で、街中は神戸市や芦屋市だったようだ 度々登場し、ヒロインが大好きなすき家は東京都世田谷区桜新町の店が使われたようだ すき家とのタイアップ(プロダクト・プレイスメント)があったのではないだろうか またフランスとの往来があるので成田空港でも撮影された模様
・ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間 ⇒「メアリと魔法の花」(2017)のスタジオ・ポノックが新たに企画した新プロジェクト「ポノック短編劇場」の第1弾 「カニーニとカニーノ」「サムライエッグ」「透明人間」の短編3作から成る 「カニーニとカニーノ」の流水の表現は真に秀逸で感動
320_56 ▼検察側の罪人 ⇒雫井脩介(1968~)の同名原作ミステリー小説(2013)を原田眞人監督(1949~)が実写映画化 原作小説が面白いのだろうが、検察官が必ずしも真実を求めていないのではないかという衝撃的な内容 この点では韓国映画に似てきたのではないか ジャニーズの木村拓哉(1972~)と二宮和也(1983~)が初共演 裏社会の重要なキーパーソンを演じる松重豊(1963~)の演技が良かった ロケ地は、東京都、埼玉県、神奈川県など首都圏各地と静岡県・長野県 筆者が観てすぐ分かったのは、築地本願寺と東京の地下鉄銀座線の京橋駅のみ

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

8月12日~8月18日の週に観た劇場映画

8月12日(日曜)~8月18日(土曜)の週は、9本の劇場映画を観ました。高校野球がとても面白くて、出かける回数が少なくなりました。

320_52 ▼ミッション:インポッシブル フォールアウト ⇒トム・クルーズ(1962~)主演のスパイ・アクション作品「ミッション:インポッシブル」シリーズの第6作目 トム本人が実際にスタントに挑戦し続けているアクションは最高峰に達したのではないか 2時間半近い長尺だが、ヘイロー(HALO)ジャンプ、ビル・ジャンプ、ヘリコプター・アクションなどであきさせない 今回は英国ロンドンで撮影されたビル・ジャンプのスタントで足を骨折したようだが、その内撮影にのめり込み過ぎてしまうのではないかと筆者も心配するほど ヘイロー・ジャンプとは高高度降下・低高度開傘(High Altitude Low Open)のパラシュート(落下傘)降下のこと 軍の特殊部隊がレーダーに捕捉されずに外国に侵入するための戦術で、俳優が実際に挑むのは初めてだったようだ 具体的には25,000フィート(7,620メートル)の高さの航空機から降下し、2,000フィート(610メートル)以下の高度でパラシュートを開くものらしい 特別な酸素マスクを設計し、UAE(アラブ首長国連合)で100回以上の降下訓練を実施 撮影許可が下りたのはUAEだけだったらしい 時速200マイル(320キロ)の速度で飛んでいる航空機から飛び降り、時速165マイル(264キロ)の速度で降下するため、一番の危険は空中衝突だったようだ トム自身の操縦によるヘリコプターのアクロバット飛行も凄い ただ爆弾に仕込まれたプルトニウムの玉が、タイマー解除後にポロンと転がり出てくるところは本当だろうか 原題は"Mission: Impossible - Fallout"=「作戦:不可能 - 副産物、余波、放射性降下物」か
・スターリンの葬送狂騒曲(英) ⇒ウラジミール・レーニン(1870~1924)の死後、ソ連の指導者となったイオシフ・スターリン(1878~1953)が、1953年3月寝室で脳卒中の発作で孤独に倒れ4日後に死亡 後継者を巡っての側近たちの駆引き、争い、陰謀、混乱などを描くブラック・コメディ ご存じのとおりスターリンは国内の政敵などを弾圧・粛清し、少なくとも70万人を処刑し、300万人以上をシベリア方面に強制移住させた その粛清の手先となっていたラヴレンチー・べリア(1899~1953)が一時的に権力を握るが失脚し処刑され、結果的にニキータ・フルシチョフ(1894~1971)が指導者となり有名なスターリン批判につながる すべて事実に基づいているらしいというから全く驚かされる 共産主義の独裁国家では、なぜこんなにも一般市民の弾圧・粛清・処刑が簡単に行われるのだろうか また、スターリンとべリアが、ソ連から独立後もいまだ民族紛争に揺れるジョージア(グルジア)の出身なのは何かの因縁か 原題は"The Death of Stalin"=「スターリンの死」 フランス人作家ファビアン・ニュリ(1976~)と漫画家ティエリー・ロバン(1958~)共作の同名原作(2分冊、2010・2012、仏語原題は"La Mort de Staline")を、英国のアーマンド・イアヌッチ(1963~)が実写映画化 ロケ地はロシア・モスクワ、ウクライナ・キエフ、英国ロンドンとオックスフォード スターリン住宅のセットも含めて室内はすべて英国の建物内で撮影
・オーシャンズ8 ⇒リメークで「オーシャンズ11」(2001)を製作し、その後「12」(2004)、「13」(2007)と3部作にしたスティーヴン・ソダーバーグ監督(1963~)が、さらに続編である本作では製作に回った 女性だけの8人による犯罪チームが、前3作で主演したジョージ・クルーニー(1961~)も参加しているメットガラでの超高額宝石を狙う メットガラとは毎年5月の第1月曜日に開催される、雑誌「ヴォーグ」の編集長アナ・ウインター主催のチャリティ・ファッション・イベント 本作でも華やかな衣装を沢山観られる 原題も"Ocean's Eight"=「オーシャンの8人」
・スティル・ライフ・オブ・メモリーズ ⇒「無伴奏」(2016)の矢崎仁司監督(1956~)が女性器を撮影させる女性と撮影する写真家を描いた フランスの写真家アンリ・マッカローニ(1932~2016)が1962年頃から恋人の女性器をアップで撮影し、写真集を発刊したことに発想を得ているそうだ ロケ地は山梨県の八ヶ岳付近らしい ラストに女性器のアップ写真が10数枚映写されるが、当然ボカシが入っていた 外国向け作品には数10枚のボカシのない写真が使われているそうで、今年3月の大阪アジアン映画祭のプレミアではそのまま上映されたのだろうか
320_53 ▼青夏 きみに恋した30日 ⇒南波あつこ(生年不詳)の原作漫画「青夏 Ao-Natsu」全8巻を実写映画化 都会の女子高生役の葵わかなと田舎の男子高生役の佐野勇斗が、共に1998年生まれではありながら、高校生役を初々しく好演 ロケは今年の4月2日から5月3日までのわずか1ヶ月で 美しい田舎・上湖村(かみこむら)のロケ地は三重県の鳥羽市、志摩市、南伊勢町、渡会町および大紀町 また、都会のロケ地は東京都八王子市と渋谷区 なお、クライマックスのおやじバンドのライヴ演奏は栃木県佐野市の旧吾妻中学校(廃校)の体育館で撮影か

・ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(英) ⇒英国人のアンディ・ナイマンとジェレミー・ダイソン(共に1966~)が共同企画し2010年から長期公演している同名舞台劇を、2人がやはり共同で脚本・監督を担当して映画化 アンディは怪談に挑戦するエセの超能力解明科学者としても出演 時々場面が突飛にかなり飛ぶのは舞台劇を映画化したためか 原題は"Ghost Stories"=「怪談」
・人間機械(印・独・フィンランド) ⇒インド人のラーフル・ジャイン監督が、インド北西部クジャラート州の繊維工場で働く人々を撮影したドキュメンタリー 劣悪で過酷な労働環境の下、少年も混じった労働者が織機や染色を担当 彼らは12時間シフトで働いても、月100米ドル(11,000円)程度しか支給されない 原題は"Machines"=「機械」
・インクレディブル・ファミリー ⇒第77回アカデミー賞長編アニメーション賞(2005)を獲得した「Mr. インクレディブル」(2004)の続編 ディズニー・ピクサーの作品らしく、ダイナミックで美しく大胆なアニメ映像は、単純に楽しめる 原題は"Incredibles 2"=「信じられない、素晴らしい人々 2」か
Dsc_0432 ・チャットレディのキセキ ⇒秋葉原にはビデオ電話を介したライブ・チャットのお相手をする女性(チャットレディ)の仕事があるらしい もちろん無料ではなく時間課金されるようだ アルバイトでチャットレディをしている音大生がチャットの相手(超絶ピアニスト)の助けを借りながら、コンクールを勝ち進むというファンタジー作品 クラシック音楽はショパンの幻想即興曲から始まりパッフェルベルのカノンで終わる カノンは男性主人公のハンドル・ネームでもある 本作は今年5月の第3回秋葉原映画祭2018でプレミア上映か 18日から1週間シネマート新宿で上映されるが、写真は初日舞台挨拶 マイクを持って話しているのが主演の吉川友(1992~)で向かって左端が川口浩史監督(1970~)

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

8月5日~8月11日の週に観た劇場映画

8月5日(日曜)~8月11日(土曜)の週は、5本の劇場映画を観ました。毎年夏は第二次世界大戦がらみの作品が多くなります。

320_49 ▼ヒトラーを欺いた黄色い星(独) ⇒ナチスが約600万人ものユダヤ人を虐殺したホロコーストに関する闇の事実は尽きない 1943年6月にナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッペルス(1897~1945)が、ドイツの首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言 しかし、事実は約7,000人ものユダヤ人がベルリン内に潜伏し、その内約1,500人が1945年4月の終戦まで生き延びたという 本作では、生き延びた16歳から20歳までの4人(男女それぞれ2人)の若者に焦点を当て、現在高齢の彼ら自身の証言も交えながら、4人がいかにしてベルリンの過酷な2~3年間を過ごしたかをドキュメンタリー風に描く 当然ながら多数のドイツ人が、自分達の命の危険も顧みず、4人を匿っていた その中にドイツ軍の将校もいたというのは何という皮肉あるいは奇跡だろうか 高齢の4人が「ドイツにも善意の人々はいた」、「ユダヤ人を救うことは、ドイツを救うことだ」などと発言するのを聴いて、何とも言えなかった 前々回コメントした作品「ゲッペルスと私」(2016・墺)でゲッペルスの秘書だったブルンヒルデ・ポムゼル(1911~2017)が「私は何も知らなかった」というのは何とも嘘くさい 原題は"Die Unsichtbaren"(独)="The Invisible"=「見えない人々」か
320_50 ▼2重螺旋の恋人(仏) ⇒二重人格、ドッペルゲンガー、精神分析、精神科医、双子などの話が入り交じり、筆者の頭も相当に混乱 しかも、成人指定なので大人のファンタジーでもある フランスの実力監督フランソワ・オゾン(1967~)が米国女性作家ジョイス・キャロル・オーツ(1938~)の短編小説を大胆に翻案し映画化(監督兼脚本) 原題は"L'amant double"(仏)="The double lover"=「2人の、2重の恋人」
・クレイジー・フォー・マウンテン(豪) ⇒美しいクラシック音楽にのせて、どうやって撮影したんだろうと思われる素晴らしい映像が流れる 険しい山岳で、ロッククライミング、スキー、スノボ、ウイングスーツ、自転車などで遊ぶ、命知らずのスポーツ・エンターテイメントが広まっているいることが分かる ヒマラヤ山脈、アルプス山脈を含めて、世界22ヶ国でロケ撮影されたらしい 原題は単に"Mountain"=「山、山岳」
320_51 ▼沖縄スパイ戦史 ⇒沖縄戦の秘められた事実がまた明らかになった 2人の女性ジャーナリスト・映画監督、三上智恵(1964~・東京都出身)と大矢英代(はなよ・1987~・千葉県出身)が沖縄で地道で丁寧な取材を続け、執念の成果を上げた 1944年の晩夏、42名の陸軍中野学校出身のエリート青年将校たちが沖縄に渡った 沖縄北部では護郷隊という少年兵によるスパイ部隊を編成し、1945年6月に日本軍司令官が米軍に降伏した後もゲリラ戦を継続 また波照間島では残った住民を西表島に強制移住させ、悪性マラリアにより数百人を死亡させた 筆者はなぜ西表島の自然が奇跡的に残されているのかがやっと分かった 事実として、日本軍は沖縄の住民(国民)を護らず、利用するばかり また、米軍支配下になれば住民は全員スパイになるとして信用せず、住民の密告組織を作り少しの言動でリンチ処刑 これらの事実を知った今、憲法改正により自衛隊を軍にする場合は、文民統制をよほど厳格・完全に確立しなければならないだろう
・乱世備忘 僕らの雨傘運動(香) ⇒2014年9月に香港の学生中心の若者たちが、真の普通選挙を要求して実行したデモ・道路占拠の雨傘運動のドキュメンタリー映像 1984年12月にサッチャー英国首相(1925~2013)と趙紫陽中国首相(1919~2005)が香港の主権返還を決めた英中共同宣言に調印 当時の中国の最高権力者・鄭小平(1904~1997)が「一国二制度」を導入 1997年7月の主権返還後、香港には50年間は、外交と防衛を除き、言論の自由を含む民主社会や資本主義経済システムを保障 香港憲法にも普通選挙が明記されているにもかかわらず、中国は大陸方式に統一しようとしていると見える 原題は「乱世備忘 Yellowing」 "Yellowing"は多分「英中の約束の紙が黄ばんで無効になりつつあること」か

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

7月29日~8月4日の週に観た劇場映画

7月29日(日曜)~8月4日(土曜)の週は、1本の劇場映画を観ました。7月末に同月2回目の北海道に参りましたので、鑑賞時間が限られました。

320_48 ▼ウインド・リバー ⇒原題も"Wind River" これは米国ワイオミング州のウインド・リバー先住民保留区(Wind River Indian Reservation)のこと 本作は、この保留区で18歳の少女が暴行されて、逃亡後雪の中で行倒れた事件を扱っている FBIの新人女性捜査官が担当となり、第1発見者でもある野生生物局の凄腕ハンターの協力を得て捜査を進めるが、隔絶された特殊な辺境の地域ゆえの困難に遭遇 先住民保留区で失踪した女性失踪者の統計は皆無で、失踪者数も不明らしい 辺境の地を描いた「ボーダーライン」(2015)と「最後の追跡」(2016)のオリジナル脚本を担当したテイラー・シェリダン(1970~)が、本作ではオリジナル脚本に加え監督業もこなした 米国の政治の失敗と恥部を抉り出している

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »