« 9月9日~9月15日の週に観た劇場映画 | トップページ | 9月23日~9月29日の週に観た劇場映画 »

2018年9月23日 (日)

9月16日~9月22日の週に観た劇場映画

9月16日(日曜)~9月22日(土曜)の週は、4本の劇場映画を観ました。群馬県まで出掛けたので鑑賞数が限られました。

320_64 ▼響 HIBIKI ⇒立憲民主党の枝野幸男代表(1964~)がカラオケで歌っていたという「不協和音」(2017)、また「アンビバレント」(2018)などという余り唄のタイトルとしては相応しくないようなものを歌っていた欅坂46なるグループの名前は知っていた AKB48を創めた秋元康(1958~)が坂道シリーズとして乃木坂46の次の第2弾として創ったのが欅坂46(当初は鳥居坂だったらしい)で、ひらがなの「けやき坂46」もあるというから、筆者には全くよく分からない その欅坂46がリリースした「アンビバレント」までのシングル7曲ですべてセンターを務めた平手友梨奈(2001~)が本作の主演 彼女は、本物の高校生年代だが、不思議な魅力を持ち、キャラクター創りも上手 本作は漫画家柳本光晴の連載コミック「響~小説家になる方法~」(2014~)を「君の膵臓をたべたい」(2017)から人気監督になった月川翔(1982~)が実写映画化 「君の膵臓をたべたい」に出演していた北川景子(1986~)と小栗旬(1982~)が本作にも参加 また、高校の先輩で文芸部部長役にアヤカ・ウィルソン(1997~・加) ロケは、高校としては埼玉県立三郷工業技術高校が使われ、その他埼玉県、東京都、千葉県など首都圏各地で行われたようだ なお、最後の踏切のシーンは何と新潟県糸魚川市今村新田の踏切だったらしい
・ザ・プレデター ⇒アーノルド・シュワルツェネッガー(1947~)が主演した初作品「プレデター」(1987)から数えて関連6作品目らしい 余り期待はしていなかったが、時間の都合で鑑賞 異星人戦士のプレデターは女・子供は襲わないなどという武士道精神を持つという プレデターがもっとハンサムだったらどうするのだろうかとも思った 原題も"The Predator"=「捕食動物、補食者、略奪者」
・500ページの夢の束 ⇒自閉症のため施設に暮らしながら、米国加州サンフランシスコでアルバイトする主人公(ダコタ・ファニング・1994~) 広い意味での統合失調症の患者には特別な才能を発揮する分野があることがみられるが、彼女の場合は書くことが得意 「スター・トレック」(1966~)にとても詳しく、ハリウッドの「スター・トレック」シナリオ・コンテストに応募 郵送時間がなくなり、バス、歩き、ヒッチハイクなどでチワワの愛犬とともにロサンゼルスを目指す一種のロード・ムービー 最後はついにハリウッドのパラマウント映画スタジオに到着 原題は"Please Stand By"=「待機、用意」で、ケースワーカーが呼び止める時にかける言葉のようだ
・マガディーラ 勇者転生(印) ⇒日本でも大ヒットした「ハーフバリ 伝説誕生」(2015・印)と「ハーフバリ 王の凱旋」(2017・印)を制作した監督・スタッフが、これら2作に先立ち2009年に製作した作品 歌、踊り、アクションはもとより、最近は人権侵害を疑われている、北朝鮮お得意のマスゲーム的なものも観られる 原題は単に"Magadheera"

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 9月9日~9月15日の週に観た劇場映画 | トップページ | 9月23日~9月29日の週に観た劇場映画 »

映画(2018年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38740/74223901

この記事へのトラックバック一覧です: 9月16日~9月22日の週に観た劇場映画:

« 9月9日~9月15日の週に観た劇場映画 | トップページ | 9月23日~9月29日の週に観た劇場映画 »