« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の3件の記事

2019年8月25日 (日)

8月18日~8月24日の週に観た劇場映画

8月18日(日曜)~8月24日(土曜)の週は、6本の劇場映画を観ました。不思議にも、日・米製作の作品が含まれていませんでした。

ピータールー マンチェスターの悲劇(英) ⇒ピータールーの虐殺は英国の歴史的な事実 今からちょうど200年前の1819年8月16日の英国マンチェスターのセイント・ピーターズ・フィールドで発生した、普通選挙を求めた民衆を弾圧し多数を殺傷した事件 英国のマイク・リー監督(1943~)が映画化(兼脚本) 演劇出身の監督だからか、脚本に頼らずにリハーサルでの即興演技を基に映像制作していくらしい 1819年の英国では、ナポレオン戦争(1803~1815)終結後の高失業率と冷害による農作物不作に苦しんだ民衆が、厳しい徴税に対し普通選挙を要求する運動が発生 7万人もの人々が集まった集会でこの悲劇が起こり、15人以上が殺害され600人以上が重傷を負ったといわれる この事件は、ピーターズ・フィールドとワーテルロー(英:ウォータールー)の戦い(1815)をかけて「ピータールーの虐殺」として新聞紙面トップに掲載された 英国の普通選挙を実現するための闘争はこの後長期に及び、約100年後の1918年に男子に1928年に女子にそれぞれ認められた 本作中には集会をTranquility(静かさ、平静、安穏)に行うという表現が登場するが、これが今の香港の情況に通じているように思う アマゾンが製作に参加 原題は単に"Peterloo"=「ピータールー」
鉄道運転手の花束(セルビア・クロアチア) ⇒不思議な印象を残した作品だった いったい何年前のバルカン半島・ユーゴスラビアのことなのだろう すべて手動で運行管理・制御する旧式鉄道の運転手の物語 手動ゆえにいくつもの人身事故が発生し、何人もの人を轢き殺してしまう ゆえに精神的に不安定になるが、地域の人々との交流が救いとなる そこに鉄道自殺を考えた孤児院を抜け出した少年が登場 少年は結局養子となり、後継運転手と育つが、なぜか人を轢き殺さないと一人前にならないと感じる 原題は"Dnevnik mašinovođe"(セルビア・クロアチア)="Driver's diary"(英)=「運転手の日記」だろうか
3f03b5933f31a5c1_20190904150601ブレス あの波の向こうへ(豪) ⇒筆者はサーフィンをできないが、サーファーの気持ちが少しは理解できるような気がした 映像を観ていると、自らサーフィンしているように思えた サーフィンが特技である、オーストラリア・西オーストラリア州パース近郊出身の小説家ティム・ウィントン(1960~)の小説「ブレス(Breaath)」(2008・邦訳2013)が原作 大ヒットした米国TV刑事ドラマ・シリーズ「メンタリスト」(2008~2015)で主演したサイモン・ベイカー(1969~)が初監督映画化(兼主演・制作・脚本) ベイカーはオーストラリア・タスマニア州(島)の出身で、サーファーとしても一流なので本作主役に最適 物語はサーファーを目指す2人の少年が主人公に出会い、いろいろな意味で成長していくという話 最終的には、2人は道を違えるが、残った1人にはアフェアーもあって大人に脱皮 2人の少年俳優も現役サーファーらしいので、俳優陣がある程度サーフィンを実演したのだろうが、エンド・クレジットには多数のスタント・マンやスタンド・インの名前も挙げていた 原題は単に"breath"=「ブレス、息、呼吸」
北の果ての小さな村で(仏) ⇒トランプ米国大統領が最近デンマークから不動産として購入したいと持ち掛けて話題になったグリーンランドに関する物語 グリーンランドは1721年からデンマークの植民地だったが、1953年のデンマーク憲法改正により同国の一地方となった 北極海と北大西洋の間に存在する世界最大の島で、日本の約5.7倍の大きさだが、人口はわずか5万数千人 2頭の子熊を連れた白熊の母子ファミリー、見渡す限りの大氷原を走る犬ぞり、極光すなわちオーローラなどの映像はただただ美しかった 子連れの白熊は、やはり生活の知恵から、動物種の一定数の保護のために、殺さない グリーンランドの教育現場と実生活を、実住民をドキュメンタリーのように撮影して丁寧に紹介してくれるが、監督がフランス人なのでフランス作品 原題は"Une année polaire"(仏)="A polar year"=「極地の1年」
89f9019d2445dac7_20190904150601風をつかまえた少年(英・マラウィ) ⇒東アフリカの内陸国マラウィで実際にあった話とのこと 2001年に数千人規模の餓死者を出した大旱ばつが発生し、通学を始めたが学費が払えなくなった主人公ウィリアム・カムクンバ(マラシタ村出身・1987~)が、学校の図書館にあったエネルギー関係の本から触発されて風力発電機を試作し灌漑を可能にしたという実話 カムクンバとジャーアリストのブライアン・ミーラーが取りまとめたドキュメンタリー小説「風をつかまえた少年」(2010)が原作 「それでも夜は明ける」(2013)など多数の作品に出演している、ナイジェリア系英国人俳優キウェテル・イジョフォー(ロンドン出身・1977~)が初監督(兼脚本・主人公の父親役で出演) 日本の約1/3の国土を持つマラウィは19世紀末から英国の保護領だったが、1964年に独立 2001年当時は2%程度の国民しか電気を利用できなかった カムクンバは父親の自転車を分解して風車を造り、自転車のライト用発電機(ダイナモ)を利用して発電し、それで起動したポンプで井戸から水を汲み上げて灌漑に使用 こんなことで発電ができ、そして灌漑が可能となるなら、なぜ旧宗主国の英国は早く手助けしなっかたのだろうか こういった、アフリカ諸国に対する旧宗主国である英国・仏国の対応と比較すれば、韓国に対する35年間の旧宗主国・日本の対応は、確かに沢山の罪を犯したのだと思うが、近代化・文明化には大きく寄与したのではないか… カムクンバは、奨学金を得て、2010~2014年に米国ダートマス大学で学び、環境学の学位を取得 原題は"The Boy Who Harnessed the Wind"=「風を利用した少年」でほぼ邦題どおり

Girl ガール(ベルギー) ⇒最近はLGBTに関する作品が実に多い ベルギーはLGBT先進国であり、1996年1月に生れた一卵性双生児の男子の一人がトランスガールとして成長し、外科手術も受けて現在プロのコンテンポラリー・ダンサーとなっている この実話に触発されたベルギー人のルーカス・ドン監督(1991~)が本作を製作(兼脚本) 本作では主人公の男子青年が女子バレエに挑戦するという創作物語になっており、主役は実在のトップ・バレエ・ダンサーが演じている バレエのレッスンを手持ちカメラで撮影した映像が結構延々と続くので、目が回りそうであった タクシー運転手の父親との父子家庭であり、カウンセラー、ホルモン療法、手術などの話も登場 最後は衝撃的な行動に… 原題も"Girl"=「女子、少女」

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

8月11日~8月17日の週に観た劇場映画

8月11日(日曜)~8月17日(土曜)の週は、9本の劇場映画を観ました。社会の課題を突き付ける力作があり、考えさせられました。

パラダイス・ネクスト(日・台) ⇒妻夫木聡(福岡県柳川市出身・1980~)と豊川悦司(大阪府八尾市出身・1962~)が共演したフィルム・ノワールだが、筆者は緊張が続かなかった オール台湾ロケで撮影されたようで、メインは台湾東部の花蓮縣花蓮市や太魯閣国家公園あたりか 中国語題は「亡命之途」で、和訳すると「死への道」らしい
東京喰種 トーキョーグール【S】 ⇒福岡県出身の漫画家・石田スイ(1986~)の同名原作連載漫画(2011~2014、Re:2014~2018)の映画化第2弾 特に教訓や発想は何も得られないが、純粋にシュールでファンタジックなストーリーとVFXを楽しんだ 主演は第1作目と同じ窪田正孝(神奈川県出身・1988~)だが、共演女優が清水富美加(現千眼美子・東京都出身・1994~)から山本舞香(鳥取県米子市出身・1997~)に代わった 冒頭にあった、東京のビル群の外壁に映像を映写するシーンは結構斬新 ロケ撮影は2018年10月に神奈川県横須賀市の喫茶店、地下遊水巨大トンネル、埼玉県など、主に首都圏で行われた模様
出国 造られた工作員(韓) ⇒1986年に韓国人経済家族が起こした実話事件に基づいた作品ということに驚く 現在はどうか分からないが、全斗煥韓国大統領(1931~・任期:1980~1988)時代の、南北に分断された朝鮮半島では、こんなにも過酷で非人道的なスパイ合戦の世界があったことが分かる 訳あって西ドイツ・ベルリンに亡命していた韓国人経済学者家族4人が北朝鮮のエージェントに騙されて北朝鮮に亡命するが、結局はスパイにされてしまう デンマークの空港で西側へ亡命・復帰を図るが、父(主人公)・娘と母(妻)・息子に分断される 家族を奪還するために、無謀にも北朝鮮エージェントと家族との人質交換を東ドイツ領内で実行するが、最後は在ベルリン韓国領事館員や米国CIAまで参戦するスパイ大作戦に 英語原題は"Unfinished"=「未完、未達」か
世界の涯ての鼓動(独・仏・西・米) ⇒原題は"Submergence"=「潜水、水没」 英国スコットランド・シェトランド諸島出身のJ・M・レッドガード(1968~)の同名原作小説(2011)をヴィム・ヴェンダース監督(独デュッセルドルフ出身・1945~)が映画化 フランス・ノルマンディー海岸のホテルで出会った英国MI-6諜報員と生物学者が5日間で恋に落ちるが、その後それぞれの目的地、ソマリアの内戦地帯とグリーンランド沖の深海に向かい、危険なミッションに従事 映像は美しいが、時々詳しい説明を省略し、断片的に芸術的に構成されているので、分かりづらいところもある
7dd281776fdb78bb守護教師(韓) ⇒「新感染 ファイナル・エクスプレス」(韓・2016)の出演で日本でも有名になり、今年日本公開された「神と共に 第二章:因と縁」(韓・2018)や「無双の鉄拳」でも存在感を示したマ・ドンソク(ソウル出身・米国在住・1971~)が主演 マは「弱きを助け、強きを挫(くじ)く」役によくフィットしており、今回は腐敗にまみれた田舎村の女子高体育教師を演じる 村では女子高理事長、警察、ヤクザが癒着しており、理事長が首長選挙に立候補 貧乏な家庭の少女が行方不明になった事件を、学校の方針に反して追求していくと、とんでもない闇が浮かび上がる 南北問題・スパイ問題、国内の政治的対立、貧富の格差問題、国内政治の腐敗など、問題に事欠かない韓国ではのサスペンス物語仕立てだと思う アクション・シーンも見物だが、皆やや不死身さが過ぎるかも… 原題は"The Villagers"=「村人たち」

ワイルド・スピード スーパーコンボ ⇒「ワイルド・スピード」シリーズ(2001~)の第11作目のようだ 監督は「ジョン・ウィック」(2014)、「アトミック・ブロンド」(2017)、「デッドプール2」(2018)のデヴィッド・リーチ(ウィスコンシン州出身・1969~) ドウェイン・ジョンソン(カリフォルニア州出身・1972~)とジェイソン・ステイサム(英・1967~)の2大アクション俳優が共演 今回はロサンゼルス、ロンドン、ロシア、サモアなどを疾走 サモアの映像用にはハワイ州のカウアイ島でロケした模様 次作も当然製作されそうだ 原題は"Fast & Furious: Hobbs & Shaw"=「疾走・劇烈:ホブスとショウ」
7513e685abca72a1存在のない子供たち(レバノン) ⇒観終わって、とても存在感のある「存在のない子供たち」だった ★評価でもよかったが、余りに過酷な場面の連続だったので… レバノンの首都ベイルート出身の女性監督ナディーン・ラバキー(1974~)が3年間の現状リサーチを経て、本人以外はすべて素人をキャスティングして製作したドキュメンタリーのような作品 ラバキーが監督、脚本、そして弁護士役としての出演の3役を兼ねた 第71回カンヌ国際映画祭(2018)で審査員賞を受賞 全編に流れる大きな生活音が登場する子供たちの過酷な生活を暗示しているように感じた 内戦からの混乱がまだ続くベイルートでは、シリアやアフリカなどからの難民や不法移民、またその子供たちが多数存在 出生証明書などの身分証のない子供も多く、毎日働きながら教育も受けられず、貧民窟から抜け出す方法がない 親による強制婚姻、人身売買、身分証の偽造などが横行する社会に12歳と思われる主人公少年が抵抗 冒頭の「本人を生んだ罪」で両親を訴える裁判所シーンにつながる 確かに子供を産むのは権利ではあるが、満足に育てられないのは罪(義務違反)だろう レバノン内戦(1975~1990)について少し勉強したが、余りに複雑すぎて頭が混乱 1941年にフランスから独立したレバノンは第二次世界大戦(1939~1945)後には中東のパリとして栄えたが、アッシャフ(PLO:パレスチナ解放機構)の流入により内政が流動化し内戦に至ったようだ 国内にはキリスト教系とイスラム教系の宗派計18もあり、バランスをとる政治体制になっており普通選挙は実施されていない また、ヒズボラ(イスラム教シーア派の対イスラエル戦闘集団)とイスラエルの小競り合いは完全には終結していない 欧米諸国、シリア、イスラエル、イランなどからの影響・介入を常に受けているようだ 原題は"Capharnaum"=「カペナウム」 カペナウムとはイスラエルのガリラヤ湖(ティベリアス湖)の北西岸にあった古代都市で、新約聖書にイエス・キリストが活動した場として登場し、キリストの第2の故郷といわれる フランス語ではこの故事から転じて「混沌、修羅場」の意味もあるらしい
8518f71a26531a49五億円のじんせい ⇒こういう観点から物事を見たことはなかった 美談の裏には苦悩もあるということか 重い心臓病により、世の中・周囲から5億円の善意の寄付を集め、米国で心臓移植手術を受け、いい子として成長した高校生が主人公 彼は幼い頃から周囲からの期待に応えるようと、将来は世の中の役に立つため医者を目指すと公言 しかし、周囲の期待が重荷になり5億円を返済して自殺しようと考える 夏休みに家出し、ホームレスの川岸の家に居候しながら、日雇い仕事(1万円)から、女性用添い寝ハウス(3万円)などこんな仕事が実在するのかというものを経験 SNS社会の現代にマッチした、自殺願望女子学生との交流そして5億円に悩む主人公を貶(けな)し励ます謎の人物も描かれる 5億円の価値を理解させるため「人一人が一生涯生きるのに必要な費用は2憶100万円で、人一人が一生涯に稼ぐ収入は2億300万円」という統計も語られる また終盤には「世の中には優しい人と優しくない人がいる訳ではなく、優しくしたい奴とそうでない奴がいる」という迷格言も登場 本作はGYAOとアミューズによるオリジナル映画製作プロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」第1回グランプリを受賞した企画の映画化で、監督は広島県出身の文晟豪(むんそんほ・1981~)、脚本は東京都品川区出身の蛭田直美 ロケ撮影は、エキストラ募集情報からは、昨年5~6月に栃木県栃木市、神奈川県横浜市、埼玉県所沢市などで行われた模様
トム・オブ・フィンランド(フィンランド・スウェーデン・デンマーク・独・米) ⇒トム・オブ・フィンランドとは、鉛筆で逞しい男たちを描いたゲイ・アートで世界的に有名になったトウコ・ラークソネン(フィンランド・ 1920~1991)のこと 彼は戦時中にフィンランド軍従軍中に同性愛に目覚め、退役後広告会社でデザイン画を描きながら余暇にゲイ・アートを作成 当時欧州では同性愛は違法だったが、同性愛に寛容だった米国から火が点いた カリフォルニア州やニューヨーク市のゲイ・ハウスが登場し、こんなものがあるのかと驚く 最近は男同士が堂々とキスし、ベッド・シーンを演ずる映像が多くなっているが、少々気持ち悪いけど受け入れるしかないのか… 原題も"Tom of Finland"

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

7月29日~8月10日の2週間に観た劇場映画

7月28日(日曜)~8月10日(土曜)の2週間は、3本の劇場映画を観ました。このところ劇場映画鑑賞の余裕がなくて、少数となりました。

よこがお ⇒「淵に立つ」(2016)の深田欣二監督(東京都小金井市出身・1980~)が筒井真理子(山梨県甲府市出身・1960~)を再び主役に起用し製作 現在ありふれた風景である訪問介護サービスの現場を使いながら、誘拐事件の冤罪とその復讐を描いた身近なサスペンス作品 ロケ地は千葉県流山市・千葉市などか
a0ab66f2bcca3eb2アルキメデスの大戦 ⇒妙にリアリティのある作品で、戦艦大和建造に関する史実が本当にこの作品のようだったのではと思わせるほど 岩手県北上市出身の漫画家・三田紀房(のりふさ・1958~)の同名連作コミック(2015~)が原作 「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)、「永遠の0」(2013)、「海賊とよばれた男」(2016)など原作漫画や小説をVFXを活用して映画化するスキルに長けた山崎貴監督(長野県松本市出身・1964~)が製作(脚本・VFX兼任) 主演に若手人気実力派俳優の菅田将暉(大阪府箕面市出身・1993~)を起用し、共演に舘ひろし(名古屋市中区出身・1950~)、柄本佑(東京都出身・1986~)、浜辺美波(石川県出身・2000~)、笑福亭鶴瓶(大阪市平野区出身・1951~)などやはり人気・実力を兼ねた俳優陣を揃えた ロケ撮影は昨年(2018年)夏に、兵庫県神戸市・相生市、京都府舞鶴市、広島県呉市、茨城県笠間市などで行われた模様 防衛省や海上自衛隊も全面的に協力したらしい スタジオ撮影は東京都世田谷区にある東宝スタジオにてのようだ
サマー・オブ・84(加) ⇒カナダの3人組映像制作ユニットRKSS(ROADKILL SUPERSTARS)が製作した少年サスペンス・ホラー作品 1984年米国オレゴン州イプスウィッチ(架空の街か)で、思春期15才の親友4人組が連続殺人事件の犯人を追及 RKSSはフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセルそしてヨアン=カール・ウィッセルの男性2人・女性1人のグループ 原題も"Summer of 84"で、直訳すると「1984年の夏」

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »