« 7月24日~7月27日に観た劇場映画 | トップページ | 8月11日~8月17日の週に観た劇場映画 »

2019年8月11日 (日)

7月29日~8月10日の2週間に観た劇場映画

7月28日(日曜)~8月10日(土曜)の2週間は、3本の劇場映画を観ました。このところ劇場映画鑑賞の余裕がなくて、少数となりました。

よこがお ⇒「淵に立つ」(2016)の深田欣二監督(東京都小金井市出身・1980~)が筒井真理子(山梨県甲府市出身・1960~)を再び主役に起用し製作 現在ありふれた風景である訪問介護サービスの現場を使いながら、誘拐事件の冤罪とその復讐を描いた身近なサスペンス作品 ロケ地は千葉県流山市・千葉市などか
a0ab66f2bcca3eb2アルキメデスの大戦 ⇒妙にリアリティのある作品で、戦艦大和建造に関する史実が本当にこの作品のようだったのではと思わせるほど 岩手県北上市出身の漫画家・三田紀房(のりふさ・1958~)の同名連作コミック(2015~)が原作 「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)、「永遠の0」(2013)、「海賊とよばれた男」(2016)など原作漫画や小説をVFXを活用して映画化するスキルに長けた山崎貴監督(長野県松本市出身・1964~)が製作(脚本・VFX兼任) 主演に若手人気実力派俳優の菅田将暉(大阪府箕面市出身・1993~)を起用し、共演に舘ひろし(名古屋市中区出身・1950~)、柄本佑(東京都出身・1986~)、浜辺美波(石川県出身・2000~)、笑福亭鶴瓶(大阪市平野区出身・1951~)などやはり人気・実力を兼ねた俳優陣を揃えた ロケ撮影は昨年(2018年)夏に、兵庫県神戸市・相生市、京都府舞鶴市、広島県呉市、茨城県笠間市などで行われた模様 防衛省や海上自衛隊も全面的に協力したらしい スタジオ撮影は東京都世田谷区にある東宝スタジオにてのようだ
サマー・オブ・84(加) ⇒カナダの3人組映像制作ユニットRKSS(ROADKILL SUPERSTARS)が製作した少年サスペンス・ホラー作品 1984年米国オレゴン州イプスウィッチ(架空の街か)で、思春期15才の親友4人組が連続殺人事件の犯人を追及 RKSSはフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセルそしてヨアン=カール・ウィッセルの男性2人・女性1人のグループ 原題も"Summer of 84"で、直訳すると「1984年の夏」

(注)★はお薦め、▼は特定のマニア向け作品 製作国の表示がないものは米国か日本の作品

|

« 7月24日~7月27日に観た劇場映画 | トップページ | 8月11日~8月17日の週に観た劇場映画 »

映画(2019年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月24日~7月27日に観た劇場映画 | トップページ | 8月11日~8月17日の週に観た劇場映画 »