« 8月に観た劇場映画 | トップページ | 9月16日~23日の間に観た劇場映画 »

2022年9月19日 (月)

9月前半に観た劇場映画

9月前半は少しペースが上がって、3本の劇場映画を観ることができた まだまだ秀作は少ないか

ブレット・トレイン(126分・米・日・西・2022)
ジュラシック・ワールド 新たなる支配者(147分・米・2022)
地下室の変な穴(74分・仏・ベルギー・2021)

(注)★★は超お薦め、★はお薦めの作品

1bd38f6baf9c75e7ブレット・トレイン(126分・米・日・西・2022) ⇒原作は日本の小説家・伊坂幸太郎(1971~・千葉県松戸市出身)の「マリアビートル」(2010) 伊坂の小説は日本で数多く映画化されているが、本作は米国ハリウッドで製作された 監督は「デッドプール2」(120分・米2018)のデヴィッド・リーチ(1975~・米ウィスコンシン州出身)で、主演は大物俳優のブラッド・ピット(1963~・米オクラホマ州出身) 原作小説の登場人物はすべて日本人だが、本作では米国人、日本人、中国人、ロシア人などと多国籍化 アクション・コメディ・スリラー作品としてB級感溢れる映像を楽しむにはもってこい リーチ監督自身が元スタントマンだけあって、狭い列車の中を縦横無尽に使ったアクションは見物 撮影は2020年10~11月に行われた模様 新型コロナウイルスによる渡航制限などのため、残念ながら日本でのロケ撮影はなかったようだ ロサンゼルス市内でのロケ撮影、日本で撮影された映像などを使ったソニー・ピクチャーズ・スタジオ(米CA州ロサンゼルス郡カルバー・シティ)のセットでの撮影などを駆使 エンド・クレジットにはスタントマンが数10人、VFX担当として200~300人の名前が列挙されていた 原題も"Bullet Train"=「新幹線、弾丸列車」 昔日本の漫画では弾丸のことをビュレットなどと書いてあるものがあって、米国でそう発音したら「ブレット」だと修正された記憶がある 「ビュレット」は"burette"であって、化学分析の際に滴下した液の容量を秤量するための実験器具のことらしい

f9aa3298ca44d751ジュラシック・ワールド 新たなる支配者(147分・米・2022) ⇒日本公開からかなり時間が経ったが、やはり観ておかなければと思った 本作は「ジュラシック・パーク」「ジュラシック・ワールド」シリーズの第6作目で最終章・完結編とのこと 最後の作品だからか上映時間は2時間半弱とやや長尺 第1作目「ジュラシック・パーク」(127分・米・1993)と第2作目「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(129分・米・1997)は、いずれもマイケル・クライトン(1942~2008・米シカゴ出身)の同名原作小説をスティーヴン・スピルバーグ(1946~・米オハイオ州シンシナティ出身)監督が映画化 第3作目以降は原作の発想を生かしながらも独自路線のようだ 物語はややマンネリ化してきている感じがしたが、まさに現実に生きているような、数々の恐竜の自然な姿・映像には相変わらず感動 雪景色の中を恐竜が自由に動いているのにはやや驚いたが、マルタ島の街中で恐竜がバイクに乗った主人公をチェイスするシーンは斬新 撮影は2020年2月から開始されたが、途中新型コロナウイルス感染症の流行で何度か中断の上、秋には撮影を終えたようだ 恐竜がすでに世界中で人類と共生しているという前提なので、ロケ地は世界各地にまたがり、米国カリフォルニア州サンフランシスコ・ハワイ州オアフ島・ジョージア州アトランタ、マルタ共和国(マルタ島)、カナダ、英国、イタリアなど スタジオは英国のパインウッド・スタジオ(バッキンガムシャー州アイバー・ヒース、ロンドン西方郊外・ヒースロー空港の近く)とカナダのブリッジ・スタジオ(ブリティシュ・コロンビア州バーナビー、バンクーバーの隣町)が使用されたらしい 原題は"Jurassic World: Dominion"で、邦題は妥当か

e8ccaab61c0a90f2地下室の変な穴(74分・仏・ベルギー・2021) ⇒この不思議なタイトルの作品は、フランスのカンタン・デュピュー(1974~・パリ出身)監督が脚本・撮影・編集も兼ねて製作したもの 彼の作品が日本で公開されるのはこれが最初らしいが、これまで奇想天外な設定の物語をフランスの一流俳優を起用して数々映画化しているそうだ 郊外の一軒家の地下室にある穴に入ると「時間が12時間進んで、肉体が3日分若返る」という奇抜な設定から巻き上がる騒動を描く 主な出演者が中高年の俳優4人だけで速めの展開というフランス映画らしい作品だが、観客にはいろいろなことを考えさせる 人間というものは意外と単純で、女も男も若返りに執着するものだと感じさせる 女は美貌とスタイル、男はやはり精力が一番の課題らしい 原題は"Incroyable mais vrai"(仏)="Incredible but true"で、直訳は「信じ難いが本当」か

|

« 8月に観た劇場映画 | トップページ | 9月16日~23日の間に観た劇場映画 »

映画(2022年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月に観た劇場映画 | トップページ | 9月16日~23日の間に観た劇場映画 »