カテゴリー「経済・政治・国際」の52件の記事

2007年11月25日 (日)

第45回小平市民文化祭・小平青少年吹奏楽団演奏会を聴いて

 本日、第45回小平市民文化祭の催し物の一つである、小平青少年吹奏楽団演奏会を聴いて参りました。午後2時から小平市民文化会館「ルネこだいら」の大ホールにて開演されました。小平市民文化祭は、地域レベルの文化活動を促進するために、小平市が財政的にも支援しているようです。したがって、休憩後には小林正則市長がご挨拶されました。

 楽団の創立者の緒形まゆみ先生がいつもやっていたように、今回もメニュー形式でプログラムを表現していました。音楽のレストランで音楽のフルコースを楽しむという感覚です。

   メニュー

  • 前菜~フリーランスマーチ(J・P・スーザ作曲、R・F・ゴールドマン編曲)
  • ワイン~大河ドラマ「風林火山」よりメインテーマ(千住明作曲、仲原達彦編曲)
  • サラダ~青空の彼方へ Journey to hopeful skies-Concert March(福田洋介作曲)
  • 肉料理~シンフォニック・ダンス Ⅲ.ホウダウン Ⅳ.盆をどり唄 Ⅴ.ベリー・ダンス(福田洋介作曲)
  • (休憩)
  • 魚料理~スペイン(C・コリア作曲、木原塁編曲)
  • スープ~スパニッシュフィーバー(J・チャッタウェイ作曲)
  • パン~ふるさと(岡野貞一作曲、高山直也編曲)
  • 食後酒~和田アキ子パワフルコレクション(本澤なおゆき編曲)
  • デザート~ジャパニーズグラフィティーⅩⅡ(星出尚志編曲)
  • 食後にコーヒーか紅茶はいかがですか?(アンコール)~Time to say good-by、ティコティコ

 3曲目は福田洋介先生が小平青少年吹奏楽団のために作って下さった楽団テーマ曲です。福田先生がゲストでお見えになっており、ご自身で作曲された3曲目と4曲目を指揮されました。休憩後の5曲目は編曲者の木原塁先生自身が飛入り参加し、パーカッションを担当されました。6曲目は楽団の恩人である、小平六中の元校長先生であった伊藤卯之助先生がパーカッションに参加しました。今年80歳になるとは思えない若さでした。そして、最後のアンコール曲では、再び福田先生が指揮を執り、にぎやかなティコティコでは木原先生、伊藤先生そして賛助出演も含めた団員47名が全員参加し、見事なフィナーレを迎えました(次の写真)。

Cimg0081

  • 小平に 草の根文化 拡がって

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】へ

ベスト・ニュー・サウンズ・イン・ブラス100-ベスト吹奏楽II- Music ベスト・ニュー・サウンズ・イン・ブラス100-ベスト吹奏楽II-

アーティスト:オムニバス
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2006/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベスト吹奏楽100 Music ベスト吹奏楽100

アーティスト:吹奏楽
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一音入魂!全日本吹奏楽コンクール名曲・名演50 Book 一音入魂!全日本吹奏楽コンクール名曲・名演50

著者:富樫 鉄火
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブラス&ストリングス・アレンジ自由自在―知っていると知らないでいるとでは大違い Book ブラス&ストリングス・アレンジ自由自在―知っていると知らないでいるとでは大違い

著者:松浦 あゆみ
販売元:リットーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

全都道府県訪問#40 鹿児島県

 次は鹿児島県訪問の報告です。ちょうど40番目の県になりました。

  • 第2日目
    • 宮崎県から移動~霧島温泉郷に入ると、昨日降った雪が除雪はされているもの路肩に数10㎝も溜まっていて、冬至前後の真っ暗な夕闇の中、山道を運転するのは少し恐い気がしました。
    • 霧島・林田温泉泊~霧島温泉郷から南側には視界を遮る山等はないため、翌朝ホテルのロビーや露天風呂からは桜島と錦江湾(鹿児島湾)の見事な眺望を楽しむことができました。
  • 第3日目
    • 霧島神宮参詣~霧島神宮参詣の栞によりますと御由緒は次のとおりです。200512241020000 「当神宮は天祖天照大神の御神勅を畏み戴きて三種の神器(皇位の御璽(みしるし))を奉持し、高千穂峯に天降りまして皇基を建て給(たもう)た肇国(ちょうこく)の祖神<天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)>をお祀りしているお社です。旧記によると欽明天皇の御宇(ぎょう)(西暦540年)、はじめ高千穂峯のほど近く脊門丘(せとお)に社殿が建立されたが、その後たびたび噴火炎上し幾星霜を経て今から500年前現在の社地へ御鎮座になりました。いまの御社殿は第21代薩摩藩主島津吉貴公が1715年(正徳5年)に造営寄進されたもので、絢爛たる朱塗りの本殿、拝殿、勅使殿等その配置はまさに輪奐(りんかん)の美をなし、西の日光とも称せられる。特に殿内は漆塗りで二十四考の絵画、龍柱、床には鶯帳りが施されている。1874年(明治7年)2月「霧島神宮」と社号改定、官幣大社に列格仰せ出されました」(1枚目の写真は雪の霧島神宮)
    • 霧島民芸村訪問
    • 知覧観光~知覧は、「母ヶ岳の優美な姿を借景とし、260余年もの歳月を経200512241338000 て、歴史の息吹を今に伝える薩摩の小京都」だそうです。知覧武家屋敷群では、7つの国指定の名勝庭園を鑑賞することができました(2枚目の写真は佐多民子氏邸庭園)。同屋敷群の一角にある、築150年といわれる知覧独特の「二ツ家民家」を活用した食事処で郷土料理を楽しみました。
    • 開聞岳、白露酒造工場確認~霧島温泉で初めて味わった、白露酒造の芋焼酎「匠の華」がとても美味しくファンになりました。東京でも大きな酒屋さんでは売っています。
    • 指宿温泉泊~錦江湾を眺めながら、砂むし風呂を体験いたしました。背中と腿の裏が少し熱すぎるように感じました。
  • 第4日目
    • 城山観光~城山は南北朝時代に城が築かれていた標高107mの小高い丘で200512251202000あり、 西南戦争最後の激戦地です。ここの展望台からは、鹿児島市街地、桜島、錦江湾、そして大隅半島までの見事な眺望を楽しめます(3枚目の写真が城山から眺めた桜島と錦江湾)。
    • 仙巌園(磯庭園)観光~仙巌園(せんがんえん)は、第19代薩摩藩主島津光 久が1658年(万治元年)に別邸として建てたのが始まりだそうです。桜島を築山に錦江湾を池に観立てた雄大な借景を持ちます(4枚目の写真が仙巌園から観た桜島と錦江湾の借景、5枚目の写真が仙巌園内の磯御殿-内部の見学ツアーあり)。
    • 尚古集成館訪問~尚古集成館には、第28代薩摩藩主島津斉Himg0107_1彬により着手された殖産事業・集成館事業の一部が展示されています。本館の建物自体は旧集成館の機械工場でした。集成館事業については、パンフレットに次のように紹介されています。「1840年代、薩摩藩は開国・通商を求めるヨーロッパ諸国の烈しい外圧にさらされ、いち早く近代化に着手しました。 特に、1851年(嘉永4年)薩摩藩主となった島津斉彬は、ヨーロッパの国々のような強く豊か200512251341000 な日本を夢見て、集成館事業という非常にスケールの大きな近代化産業を推進しました。集成館事業は、鹿児島城下郊外の磯に築かれた工場群『集成館』を中核に、製鉄・造船・造砲・紡績・機械・印刷・出版・教育・製薬・精糖・ガラス・ガス・医療などさまざまな分野にわたっています。幕府や他藩の近代化が、軍事力の強化を主体としていたのに対し、集成館事業の場合は産業の育成や社会基盤の整備にまで及んでいました。人々が豊かに暮らせるようになれば自然とまとまる。人の和はどんな軍備よりも勝ると斉彬が考えていたからです。 斉彬は、幕府や藩といった枠を越え、日本人が一丸となって近代国家を築くべきだと主張していました。集成館事業は、薩摩藩だけではなく、日本全体を生まれ変わらせたいという斉彬の思いのこもった大きな事業だったのです。 1858年(安政5年)、斉彬は病死し、斉彬の夢は弟の久光や娘婿の忠義、西郷隆盛・大久保利通ら多くの家臣達に受け継がれました」
    • 薩摩ガラス工芸訪問~薩摩切子が有名です。
    • 鹿児島空港でレンタカー返却、空港出発~薩摩料理は、薩摩揚げ(本場のものは一つひとつが小振りです)、きびなご、黒豚が美味しいです。
  • 島津藩 自治は革命 命懸け

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

鹿児島―霧島・指宿・屋久・奄美 (’06-’07) Book 鹿児島―霧島・指宿・屋久・奄美 (’06-’07)

販売元:昭文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

島津斉彬 Book 島津斉彬

著者:寺田 政明,筑波 常治
販売元:国土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

全都道府県訪問#39 宮崎県

 ちょうど1年前、全都道府県訪問の一環で宮崎県と鹿児島県を訪れました。今回は宮崎県訪問の報告です。

  • 第1日目
    • 宮崎空港到着、レンタカー借用~当日朝鹿児島県北部は数10年振りとかのHimg0087_2大雪に見舞われ、鹿児島空港は閉鎖されていました。もし宮崎空港ではなく鹿児島空港に向かっていたらフライトはキャンセルされていたはずで、最初から幸運の女神が微笑んでくれました。宮崎空港でも雪が降ったそうですが、昼前に到着した時には消えていました。
    • 青島観光、青島神社参詣~とにかく吹きさらしで、風がとても冷たくライナーをHimg0090_1外したコートではかなり寒い思いをしました。青島は周囲1.5㎞の小さな島ですが、海幸彦、山幸彦の神話の舞台であり、島の中央には山幸彦を祀った青島神社があります。神社には、巨人軍の選手が春のキャンプ時に奉納した絵馬が沢山掛かっていました。また、島にはビロウ樹(椰子科の植物)等の亜熱帯植物が生い茂っていました。そして、島の周りは「鬼の洗濯板」と呼ばれる面白い波状岩で囲まれていました(1枚目の写真が青島神社の鳥居と鬼の洗濯板)。
    • 青島泊~翌朝、ホテルから日向灘に昇る日の出を観ることができました(2枚目の写真)。
  • 第2日目
    • 堀切峠観光
    • サンメッセ日南訪問~京都一燈園の創始者で、日本の聖フラHimg0093_1ンシスコとも、あるいは日本のガンジーとも称される西田天香の遺徳のよって造られた太陽と南洋のパーク(公園)です。イースター島のアフ・アキビという名前の付いたモアイ7体を正式な許可を得て復刻したものが並んでいる様は、壮観でした(3・4枚目の写真が7体のモアイ像)。これは、イースター島のモアイ像を修復した日本チームに感謝し、復刻が許可されたものだそうです。
    • 鵜戸(うど)神宮参詣~鵜戸神宮は鵜戸崎の海蝕洞の中に建Himg0094_3ち、神武天皇の父の生誕地といわれているそうです。境内から眼下に望む海岸にある、亀石の甲羅の窪みに素焼きの玉を投げ入れ、入れば願いが叶うといわれるものがありました。7個の玉を購入し、7回チャンスがある訳ですが、男性は左手で投げなければいけませんでした。それでも、私は3投目に見事に入れることができました。
    • 飫肥観光~飫肥は、日本外交の基礎を築いた明治の外交官・小村寿太郎Nec_0095 出身地です。彼は、1905年(明治38年)首席全権大使として米国ポーツマス市で日露戦争終結のための交渉をロシアと行い、日露講和条約を締結することができました。飫肥城では、豫章館(藩主伊東家の屋敷と庭園)、松尾の松(江戸時代の藩主の御殿を再現)、飫肥城歴史資料館(飫肥藩ゆかりの品々を展示)、国際交流センター小村記念館(小村寿太郎侯の資料館、国際交流。文化的行事にも活用)、そして商家資料館(飫肥商人の暮らしに触れる)を見学しました(5枚目の写真は飫肥城大手門)。また、名物おび天を食しました。
    • 鹿児島県へ移動~多分台風による崖崩れのせいで飫肥街道から都城へ抜けるルートが閉鎖されていたため、かなり遠回りになりましたが宮崎自動車道を利用して鹿児島県に入りました。
  • 遥か明治 飫肥が育む 外交力

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

宮崎県の歴史散歩 Book 宮崎県の歴史散歩

販売元:山川出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小村寿太郎とその時代 Book 小村寿太郎とその時代

著者:岡崎 久彦
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小村寿太郎―近代随一の外交家その剛毅なる魂 Book 小村寿太郎―近代随一の外交家その剛毅なる魂

著者:岡田 幹彦
販売元:展転社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

12月の銚子・犬吠埼

Himg0151  先週末、関東最東端といわれる銚子・犬吠埼を、愛車レクサスIS250を駆って1泊2日で訪ねて参りました。12月は、地軸の傾きのせいで、日本最東端の北海道納沙布岬より日の出の時刻が早い、つまり日本一早く日が昇ること(午前6時30分頃)で有名なところです。しかし、真に残念ながら、今回は天気が曇りで日の出を拝むことはできませんでした(1枚Himg0144目の写真はホテルから眺めた犬吠埼)。
 (注)島嶼部を考慮する と、12月に日本一日の出の時刻が早いのは多分小笠原諸島だと思います。
 1日目は、犬吠埼灯台を登り、次に地球の丸く見える丘展望館を訪れました。犬吠埼灯台は、北緯35度42分28秒、東経140度52分07秒の地点にHimg0139建てられ、地上から灯火まで27m、水面から灯火まで52mの高さがあり、初点灯は 1874年(明治7年)11月15日とのことです(2枚目の写真は犬吠埼灯台と商店街)。(九十九里浜にちなんだ?)99段の螺旋(らせん)階段と16段の梯子を登ると展望デッキに出られ、360度のパノラマの眺望が楽しめます(3枚目の写真は灯台展望デッキから君ヶ浜を望んだもの)。地球Himg0150の丸く見える丘展望館(4枚目の写真)は、標高73.6mの銚子最高峰の愛宕山山頂にあり、屋上の展望台からの眺望は330度が海といわれ、文字どおり地球が丸く見えました。
 2日目は、ヤマサ醤油工場、ウオッセ21、屏風ヶ浦(びょうぶがうら)そして飯岡刑部(ぎょうぶ)岬展望館を訪ねました。醤油の醸造は漁業と並ぶHimg0153銚子の主要産業で、元々は醤油醸造の発祥の地紀州(和歌山県湯浅町が文字どおりの発祥の地)からおよそ400年前に製造法が伝えられたものだそうです。週末は工場が休業でビデオ案内のみでした。ウオッセ21は水産物卸売センターで、大抵のお土産はここで 揃えられます。屏風ヶ浦(5枚目の写真)は、銚子市の南西側、名洗(なあらい)から飯岡刑部岬展望館Himg0157_1のある刑部岬まで約9kmにわたって高さ40~50mの断崖絶壁が続いているエリアで、英仏海峡英国側ドーバーの「白い壁」にたとえられ「東洋のドーバー」とも称されているそうです。最後の飯岡刑部岬展望館からは、刑部岬から始まり南西方向に遠くに広がる九十九里浜(6枚目の写真)を一望するこ とができました。
 (注)13世紀に中国南宋から径山寺(金山寺)味噌の製法が現在の和歌山県由良町に伝わり、味噌樽にたまる汁を商品化したものがたまり醤油だそうです。
 最後になりましたが、さすがに水産物は活きがよく美味で、カンパチ、タイ、ハマチ、マグロ、イカ、タコ等に加えて、キンメダイ、サワラ、サンマ等も生で食しました。

  • 海の道 紀伊から房総 醤油ロード

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

DVD あなたの街のローカル鉄道 銚子電気鉄道

販売元:ビデオメーカー
発売日:2004/05/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

藤原正彦著「国家の堕落」を読んで

 あの「国家の品格」の著者藤原正彦氏が、明日が書店での発売日である「文藝春秋」2007年1月号(新年特別号)の巻頭に特別寄稿を寄せております。その題目は、「驕れる経済人よ、猛省せよ 国家の堕落 改革の名のもとに国柄を壊し、ついには教育まで」としてあります。

 (注)ところで文藝春秋を年間定期購読していると、発売日の数日前に自宅に配送されますし(今回は5日前の水曜日に配送されました)、表紙の絵を描いている平松礼二氏の絵を使ったカレンダーもいただけます。

 藤原氏は、この論文を次のように始めております。

 近代になって、市場原理主義ほどこの日本を傷つけたものは多くはない。戦前の帝国主義、戦後のGHQと日教組、そして冷戦後の市場原理主義と並べられるほどである。
 日本を傷つけたこれらイデオロギーには二つの共通な特徴がある。一つは、それらイデオロギーが日本を傷つける過程で、一部の狂信的な人々に主唱され利用されただけではなく、大多数の国民にも共有されたということである。そして二つ目は、それらイデオロギーが我が国の古くからの国柄を忘れたものであったということである。

 藤原氏は、国家に対する何の哲学もないまま、市場原理主義という経済の視点で日本改造を行ったため、日本の国柄が破壊され、

  • 企業のリストラにより500万ともいわれるニート、フリーターが出現し
  • 経済上の格差、生命の格差そして教育の格差を広げ
  • 激しい競争社会というより生き馬の目を抜くような社会を現出させた

などと結論付けております。また、市場原理主義を推し進めていけば、日本農業は壊滅に瀕し、現在でも40%に過ぎない食糧自給率はさらに格段に低くなると予測しています。
 確かに我々も日々営利企業で働いていると、金儲けが目的ですから、どうしても金儲け主義になってしまいます。その結果、

  • 競争相手を出し抜く
  • 弱い相手は徹底的に叩く
  • 負けた者には存在価値がない
  • 必要以上に難解で、細かい字の契約書を作る
  • 分からなければいい(通常犯罪までは参りませんが、行き過ぎると談合や賄賂に至ります)

などの発想が、とてもた易く出て来てしまいます。これは、言い換えれば、「自分さえ良ければいい」、「相手などどうなっても構わない」という、藤原氏が著書「国家の品格」で述べている、日本に古来から備わっているという「弱いものいじめをしない」、「惻隠の情をもつ」などという武士道の精神に、全く反する思考が出て参ります。
 これは、日本の現代社会の病理である、自殺といじめにつながっているのではないでしょうか。

  • 存在は善である
  • 生命は尊重すべきものである
  • 弱いものいじめをしない
  • すべての生き物と共生する

などの、いわゆる自明の理、公理的なものをしっかり教育しないとこのようなことになるのではないでしょうか。藤原氏は、市場原理主義による教育改革には最も警鐘を鳴らしており、小学校でパソコンを教え、英語を教えることで、基礎科学、文学、芸術などは切り捨てられると危惧しています。「歴史的視点に立つと、数学とか理論物理学などの基礎科学の弱い国が、長期間繁栄したことは近代になって一つもない」のだそうです。
 私は藤原氏の意見には共感できる部分が多かったのですが、さて皆さんはいかがでしょうか。とにかく国家的な議論を行うことが必要だと思います。

  • 国柄を 偲び草の根 人づくり

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

藤原正彦の人生案内 Book 藤原正彦の人生案内

著者:藤原 正彦
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年12月 9日 (土)

小平・市民オペラ協会第20回公演「マイ・フェア・レディ」を観て

Himg0120  先週の日曜日にルネこだいら(写真はルネこだいら前のあかしあ通りと欅の紅葉)中ホールにて行われた、小平・市民オペラ協会第20回公演を観て参りました。今年は、フレデリック・ロウ作曲のミュージカル「マイ・フェア・レディ」(小平版・日本語)が上演されました。団員は音大卒やグリークラブ上がりが含まれるものの基本的に素人ですが、年一回のこの公演のために1年間毎日曜日練習してきただけあって、なかなかの出来映えでした。会場はほぼ満席で、約400人もの観客がミュージカルを堪能しました。 
 毎週いつも音楽の指導をして下さり、また公演時は指揮をして下さるのが、とても素敵な佐々木弐奈先生(国立音大卒、二期会オペラスタジオ終了)です。それから、演出・演技指導をして下さるのが、俳優の井上肇先生です。多分ボランティアではないかと思いますが、プロの二人の先生に指導していただくのはとても幸運なことだと考えました。さらに、ボランティアでとても綺麗な衣裳を制作して下さる方、そしてメーキャップをして下さる方もおり、大道具・小道具を除けば、サポートはかなり充実しているようでした。
 この催しは、小平市教育委員会・小平市文化協会主催で、第44回小平市民文化祭参加のものです。したがって、会場には市長と市議会議長の姿もありました。多分市レベルの活動でオペラやミュージカルを上演しているのは、とても珍しいのではないでしょうか。昨年は、ご存知W.A.モーツァルト作曲の歌劇「魔笛」(小平版・日本語)を上演しました。なお、昨年から私の義母も公演に参加しております。

  • 素晴らしき 市民レベルの ミュージカル

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

マイ・フェア・レディ Music マイ・フェア・レディ

アーティスト:シェリー・マン,アンドレ・プレヴィン,リロイ・ヴィネガー
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2007/09/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

大エルミタージュ美術館展と上野公園の紅葉

Himg0112_1  先週末上野公園(上野恩賜公園)にある東京都美術館で、大エルミタージュ美術館展を観て参りました。展覧会の副題が、「いま甦る巨匠たち400年の記憶」そして「ヴェネツィア派からモネ、ゴーギャン、ルノワール、ピカソまで」とあり、かなりの意気込みが窺えます
 この展覧会は3フロアーを使い、ロビー階に「Ⅰ家庭の情景」として20Himg0109点、1階に「Ⅱ人と自然の共生」として39点、そして2階に「Ⅲ都市の肖像」として21点、合計80点もの絵画が展示されておりました。いつものとおり進化した音声ガイドを利用して素早く鑑賞したわけですが、私の印象に残ったものは、フラマン、クナウス、ルノワール、ゴーギャン、マチス、ルソーらの絵画でした。ゴーギャンの絵は本展覧会のテーマの絵にもなっております。このHimg0110_1展覧会の会期は、クリスマスイブ、12月24日(日曜)までです。まだご覧になっていない方は早めにいらして下さい。

 エルミタージュ美術館はロシアのサンクトペテルブルグにあります。サンクトペテルブルグは、ロシア皇帝ピヨトール1世が何もないところに一からHimg0114_1築き上げたロシアの首都です。エルミタージュとはフランス語で「隠者の庵」という意味らしく、元々はエカテリーナ2世の絵画コレクションをプライベートに展示していた場所(王宮)であったそうです。後に一般に公開される訳ですが、展示室が約1000もあり、鑑賞するために歩く総距離が何と28㎞もあると聴かされ、とても驚きました。ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館と併せて、世界の三大博物館と呼ばれているそうです。

 ところで、上野公園は紅葉の真っ盛りでした。紅葉の写真を説明します。Himg0107上から、①東京国立博物館(左下隅)と紅葉、②水上音楽堂近くのモミジの紅葉、③不忍池・ボート池と紅葉(上野精養軒が右上隅にわずかに観えます)、④噴水横の紅葉と月齢11日位の月、⑤(突然新宿ですが)新宿中央公園の紅葉と水の広場でのフリーマーケット(蚤の市)(左隅)です。なお、上野公園は、江戸幕府三代将軍徳川家光の命により天海僧正によって1635年(寛永2年)に建立された寛永寺の境内跡だそうです(出展「江戸下町情緒―上野恩賜公園」)。

  • 紅葉と エルミタージュの 競演か

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

THE HERMITAGE DVD THE HERMITAGE

販売元:Artist&Associates
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エルミタージュ―波乱と変動の歴史 Book エルミタージュ―波乱と変動の歴史

著者:郡司 良夫,藤野 幸雄
販売元:勉誠出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 東京10000歩ウォーキング〈No.19〉台東区 上野恩賜公園満喫コース―文学と歴史を巡る

著者:篭谷 典子
販売元:明治書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月30日 (木)

炎のコバケンと魂の成道、そして紅葉

20061126  先週末、「炎のコバケン」こと小林研一郎さん(指揮)と「魂の成道」こと川畠成道さん(ヴァイオリン)が共演した、日本フィルハーモニー交響楽団第310回名曲コンサートに行って参りました。場所はサントリーホールでした。プログラムは次のとおりです。

ベートーヴェン: 《エグモント》 序曲(約9分)
サン=サーンス: 序曲とロンド・カプリチオーゾ(約10分)
マスネ: タイスの瞑想曲(約4分30秒)
サラサーテ: ツィゴイネルワイゼン(約10分)
休憩(15分)
ベートーヴェン: 交響曲 第5番 《運命》 ハ短調(約31分)

 私のお目当ての川畠成道さんは、2~4曲目を楽団と一緒に演奏してくれました。やはり、私は聴いていると涙が溢れてきて困りました。彼の本当に美しいヴァイオリンの音色とその背景にある彼の魂が私の心を打って止まないのです。彼を支援している日本ユニシス(株)が編集しているClub Unisys Plusサイトに、彼の夢の実現までの軌跡が上手くまとめられております。読んでみてまたまた感動してしまいました。

 川畠成道さんが日本デビューしたのが、1998年3月やはりサントリーホールにて小林研一郎氏指揮、日本フィルとの共演だったとのことです。この組合せは何かの縁があるのでしょうね。私はサントリーホールに行ったのは2回目です。上の携帯写真はサントリーホールのフォイヤーで、時節柄クリスマスツリーとリースが飾られています。それからホールオープン20周年のペナントも飾られていました。

20061124gc  東京もいよいよ外は紅葉の季節です。先週行った八王子方面のゴルフ場に綺麗に紅葉したモミジがありましたので、携帯で撮影しました(下の写真)。

  • 東京の 季節の変化に 音楽を

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

小林研一郎とオーケストラへ行こう Book 小林研一郎とオーケストラへ行こう

著者:小林 研一郎
販売元:旬報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 僕は、涙の出ない目で泣いた。

著者:川畠 成道
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

日光山輪王寺逍遥園の紅葉

2_2

 普段は見落としそうな日光山輪王寺の逍遥園(しょうようえん)ですが、紅葉の季節には外せません。園内の解説板によれば、次のとおりです。

3_4

     逍 遥 園
 この庭園は、逍遥園といい、江戸初期の造園、小堀遠州の作と伝える回遊式庭園である。
 池を中心に、鶴亀に擬した中島と岬とが配置されており、四季折々の風情に富み、花木が織りなす美しさは格別である。かっての当輪王寺法親王宮の本坊の庭として、今に伝えられている。
 江戸後期の儒者佐藤一斎は、庭園の勝処八景をあげて「逍遥園」と名づけた。

4_1

 写真の説明をします。それぞれ、1枚目が青空と紅葉、2枚目が紅と黄の紅葉のグラデーション、3枚目が足元の綺麗な苔、4枚目が池と紅葉、最後の5枚目が見事に紅葉した1本のモミジです。

5_2

  • 上人の 信仰が今に 輪王寺

6_1

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

Book 日光パーフェクトガイド

著者:日光観光協会
販売元:下野新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

日光山内の紅葉

Photo_4

 やはり日光のハイライトは、世界遺産に登録されている、日光山内の二社一寺です。(社)日光観光協会オフィシャルサイトのパーフェクトガイドによれば、日光山内とは次のとおりです。

Photo_5

 日光山内という地名は、日光東照宮、日光山輪王寺(りんのうじ)、二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)、輪王寺大猷院(たいゆういん)のある一帯をさす。日光市街とは大谷川(だいやがわ)が境となり、市街から日光橋(または徒歩で神橋)を渡ると日光山内に入る。
 2つの神社(日光東照宮、日光二荒山神社)と1つの寺(大猷院を含めた日光山輪王寺)を、一般に二社一寺と呼び、二社一寺共通の拝観券もある。
 日光の歴史は勝道上人(しょうどうしょうにん)から始まる。開祖である勝道上人は、下野国芳賀郡(しもつけのくにはがぐん)(現在の栃木県真岡(もおか)市南高岡)の人で、735年(天平7年)に生まれた。7歳のある夜、明星天子(みょうじょうてんし)が夢に現れ、「仏の道を学び、日光山を開け」と告げたという。お告げに導かれ、勝道上人と10人の弟子は766年(天平神護2年)に大谷川を渡り、782年(天応2年)に二荒山(男体山)山頂を極め日光を開いた。

1_6

 二社一寺を巡る日光山内の歩きは、日光山輪王寺⇒日光東照宮⇒二荒山神社⇒輪王寺大猷院と回るのが正式順路のようです。ご存知のとおり、日光山輪王寺(天台宗三本山の一つ)と二荒山神社は勝道上人が創建したものです。しかし、日光東照宮は、死後朝廷から東照大権現という神号を贈られた徳川家康を神として祀る霊廟(神社)です。また、輪王寺大猷院は徳川幕府3代将軍・徳川家光が眠る霊廟(寺院)で、大猷院とは死後家光が朝廷から賜った法号の頭文字を組み合せたものとのことです。

Photo_6

 写真を説明しますと、上から1枚目が表参道の紅葉、2枚目が輪王寺三仏堂と紅葉、3枚目が輪王寺逍遥園(別記事で紹介)に入ってすぐの見事な紅葉、4枚目が東照宮表門(仁王門)から一ノ鳥居(石鳥居)方向(その先に表参道があり、そのまた先は江戸・東京方向といわれています)を望んだ紅葉、5枚目がたまたま展示されていた東照宮菊花展優秀作品、6枚目が二荒山神社大鳥居すぐ横の大猷院仁王門付近の見事な紅葉です。

Photo_7

  • 日光は 維新・戦災を 乗り越えて

Photo_8

是非 人気blogランキング へ

是非 ブログランキング【くつろぐ】 へ

Book 日光東照宮 隠された真実―三人の天才が演出した絢爛たる謎 日本史の旅

著者:宮元 健次
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日光東照宮の謎 Book 日光東照宮の謎

著者:高藤 晴俊
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日光の社寺 悠久の杜の中で世界遺産写真集 Book 日光の社寺 悠久の杜の中で世界遺産写真集

販売元:下野新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世界遺産 日本編4 (厳島神社/日光社寺) DVD 世界遺産 日本編4 (厳島神社/日光社寺)

販売元:アニプレックス
発売日:2002/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1000ピース 日光の社寺-日本 11-119 Toy 1000ピース 日光の社寺-日本 11-119

販売元:エポック社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧